新たなる書と音を求めて。 

October 04 [Thu], 2007, 16:27
引越しましーた。さっき新居で記事書いてきたけど、めっちゃこっちは重い。
メロダチの方はメロを通じて来ていただけると嬉しいです。メロ通じてない人は、あたしから挨拶に伺わせてもらいます。
来週辺りにはここ消すつもりなんで、ご了承ください。

引っ越すつもりでおります。 

October 03 [Wed], 2007, 17:35
だってヤプログ重いんだもんよ。現実世界でいろいろと面倒事あるけど、とりあえず悩みきった感じドS。詳細は追って。

夏去って渚 若さって何さ 

September 22 [Sat], 2007, 18:00
ゴッチ・・・まさかYahoo!ニュースの見出しになるとは!!いや、実はmixiの掲示板上でも色々と憶測が飛び交ってたから別に今更驚きもしません、僕(?!)は。中には「後藤家の隣人ですが、二児の父です、彼。」とか本当なのかよく分からん情報まであったなぁ。左手の指輪で世のゴッチ好き女子は衝撃を受けたりなんかもしてたけど、これではっきりした事実が分かったってコト?!でもとにかくゴッチ、おめでトイス!!!
実は少し前に、ゴッチに告る夢を見てるんだ、あたし(苦笑)そしたら「ごめん・・・俺、好きな人いるから。」って言われた。

はい、テナわけでね、久しぶりになってしまったけれども千加ドS。一応、現実世界にしばらく生きてましーた。返ってきた模試の結果に落ち込んだり、兄にそれで励まされたり、将来について本気出して考えてみたりしてましーた。気持ち的にはもう受験生でいるつもりでおりメッシュ。うん、だからこれからは前みたいにしょっちゅう書くってコトは無くなるかもしれない。そんなブログでも相変わらず好きでいてくれたら嬉しいです。
それに、ちょっと疑問に思うこともあって。本当のロック好きって何なのかなって考えたい。他人が知らないであろうバンドを知ってることがロック好き?それとも如何に早くそのバンドを知ってたのが本当のファン?あたしはそうは思わないよ。純粋に音楽を好きでいるのがファンじゃないの?非常に遺憾な文を読んで、少し悩んだ。しばらくブログから距離を置きたいとまで考えた。あたしは個人的に、電話ガールこそが真のロック好きだと思うんだ。そのなんちゃってロック好きとは比べるのも失礼なくらい。

3コード小説とか、今後も細々と楽しいことやってこうかと計画してたけど、ちょっと時間を下さい。今まではすぐに「でもやっぱ・・・。」ってなってたけど、今回はそうはいかない気がする。

やれやれだわ。 

September 12 [Wed], 2007, 17:12
最近、また疲れてるのか夢をよく見る千加ドS。そして例に漏れず、バンド関係な人たちがよく出演しておりメッシュ。一昨日は細美さんとCD買いに行って、その帰りにタロ姉と電話ガールが同じお面つけて歩いてるのを目撃するっていう夢だった(笑)昨日は関根嬢と服買いにいく夢だった・・・夢の中で買い物ばっか行ってないか、あたし!!ちょっと前にもダカさんに恋愛面について説教されたり、建ちゃんと図書館行ったり、こいちゃんと海行く夢とか見てる。よく「何でそんな見たい夢をピンポイントで見れるの?」とか聞かれるけど、あたしが知りたいくらいだぜ!!MD聴きっぱなしで寝るコトはしょっちゅうだけど(汗)もうあれだ、スタンド能力じゃない?!(←絶対違うね)

てか、ベボベの「SHE IS BACK」聴いてて思ったけど、「ダイヤモンド砕けない」って歌詞あるじゃん。こいちゃんって・・・ジョジョ好き?!いや、考えすぎだけどさ、いつだか小出メッセ読んでたら「SBRの新刊を購入」って書いてあったもんよ。
6部と7部ちょっとずつしか読めてないけど、ちゃんと1巻から読みたいなぁ。漫喫で読むって手もあるけど、知り合いいそうだから行きづらいしなー。文庫版でちょっとずつ集めてこうかしら。
ちょっと前のロキノンの連載でユアソンのジュンジュンがジョジョを語ってたけど、彼は4部が好きらしい。4部は一般的に1番人気が無いらしいけど。。ちなみに人気なのは3部で、アメリカで出版されてるのは3部だけだそうで。うちの兄は5部が好きだとか言ってたな。そいえば音楽戦士にテナーが出たとき、ケンコバが「ストレイテナーのかっこよさはジョジョで例えるとディオ。」って言ってたけど、悪役じゃねーか!!

結局オチまで書けなかったんで、小説は延期。すんません!!企画名は「3コード小説」ってコトでね。お題3つ使って書くわけだからね。
あ、たかこちゃん、誕生日だったらしいじゃない!?遅れたけどおめでトイス!!こんな駄目文筆家で良ければ、たかこちゃんの為だけに小説書いちゃうぜ☆

もつぁちゃんのバトン答えメッシュ!!

「アフターダーク」のジャケット可愛いよね。

ベストメガネ男子、岸田さん。 

September 11 [Tue], 2007, 17:14
最近、好きなタイプにガッツリ当てはまってるのが岸田さんだということに気づいた千加ドS。まず、飄々としてる姿。肩の力入れっぱなしでカツカツ生きてる人は苦手なんでね!!「この人・・・何を糧にしてるんだ?!」と思うじゃん。
そんで、文系男子。別に理系男子が嫌いなわけじゃない。中学の頃好きだった奴は理系男子だもんね。ただ、あたしが文系だから文系男子が好きなだけなんだけどね。。
そしてメガネ男子。(←ここ重要)某書籍では岸田さん、素敵メガネ男子2位だった。(ちなみに1位は「ピンポン」でスマイルを演じていたARATA。)でも自分の中のベストメガネ男子は岸田さんだ!!てか、別にメガネだから好きってわけじゃない。一時メガネを壊しただとかで裸眼だった岸田さんも大好きです(断言)「音楽番付」で久々にメガネ無しな岸田さん観たけど、キュンとしたもん。「メガネだから好き」っていう理論は間違ってると思う。あくまでもメガネは添え物!!そんなコト関係無しに「とりあえずメガネだから!」ってのはどっか勘違いだ!

何か聞く所によると、野球熊さん、新曲出すらしいじゃないですか。働くな、こいちゃん!今月は相当忙しいっぽいね。小出メッセあんまし更新してないから。そんなだけど是非ともエヴァ観て欲しいな。てか、あたしが観たいくらいだぜ!小学生の時にうっすらと観てた記憶があるけど、全然覚えてない。ウィキで色々と見てたけど結構奥が深いんだね、エヴァって。神話とかクラシックとかにも詳しくないとしんどいトコあるじゃんか!今でもなかなか全部は理解できない気がするよ。

そいえば、次回から余裕があったら小説載せようと思う。実はちょこちょこ短いやつ書いてるわけで。特訓というほどのものでもないけど、お題を3つ決めてそこからいくつか書いておりメッシュ。文化祭小説のかわりでもないけど、このまま誰かに読ませないままってのももったいないかなって思って。勿論、バンド小説のほうも書いております。

もつぁちゃんのバトンは次回答えるYO!

ライブについて考える。 

September 07 [Fri], 2007, 17:29
最近、モーサムをよく聴く千加ドS。「ペチカ」って名曲だと思う。まだ「SUPER NICE」聴いてないけどね。。しかも早くもアルバム出るみたいだね(汗)
実際、生で聴くモーサムは凄まじかった。鳥肌立ちまくったもん。てか予習も何も、田舎の蔦谷にはレンタルで置いてあることもなく、ジャパカンのランキングで一瞬流れた「ペチカ」しか知らない状態だったけど、充分楽しめましーた。「ロッキンルーラ」とか「Have you ever seen the stars?」とか衝撃的だったなぁ。「こんなバンドあったんだー!」って感動した。正直、ナノムゲン1日目行くって決まったとき、「エルレとチャットモンチーは知ってるけど・・・後1バンド知らないな。」って思ってたけど、ガッツリとバンド名を記憶に留めましーた。
まだ1回しかライブ(というよりもフェス)に行ってないけど、もっと頻繁に行きたいもんだね。大学生になったらなるべく行くようにしたいけど。。(その際には電話ガール、レコ屋巡りも含めて4645!!)とりあえず目標は若若だな!でもビークルのライブで素顔を観たかったり調子乗ってあのコール叫びたいし、ラッドのライブで「ジェニファー山田さん」で「質問ある人ー?」って手上げたいし・・・まだまだ野望は尽きないな。RJFにも再来年参戦したいしな(犬山ちゃん、いつか一緒に行こうぜ!)
ナノムゲンの時、生で好きなバンドの演奏聴いてて「嗚呼、同じ時を生きてるわ!!」と何か感動してしまった。だって何百人、何千人ってリスナーが愛してる曲を作って演奏するってことは凄まじいコトであって、それをやってる人たちってのは、別世界の人に思えて仕方ないんだよ。だけど、彼らが奏でる音をCDとかじゃなくて、空気を震わせて直接聴けるってコトは尊い。

最近本の話ばっかりだったから、たまには音楽について語ってみましーた。最近はイエモンと真心とモーサム中心に聴いておりメッシュ。でもまだまだ音楽の幅は広がっていくだろうと思う。果てなんかないはずだから。ゴッチは「アジカンだけを聴いてほしくない。」という思いがあるから、アジロクで自分たちの宣伝よりも他のバンドの曲をかけるんだとあたしは勝手に解釈してる。でも、確かに特定のバンドだけを聴くのは勿体無い気がする。ってのも、あたしは中学時代にバンプばっかり聴いてたから。途中、アジカンやビークル、エルレを聴くようにはなったけど、やっぱりバンプばっかし聴いてた。それが高校生になって、モーサムやドーパンで音楽の幅が広がってくのが楽しくて仕方ない。このまま大人になっても、ロック漬けでいきたい。

タロ姉、ありがトイス!! 

September 04 [Tue], 2007, 15:45
美容院に行きたい千加ドS。かれこれ4ヶ月近く行ってないせいで、「十二進法の夕景」PVのゴッチ並みな長さなんだよね・・・。久々に会った人にも「髪伸びたねー。」ってよく言われるし。。大学生になったらパーマかけたいと思ってるんだけど、親に「もうかけたみたいな髪質じゃん。」って衝撃的な発言が!!(別に天パなわけじゃなくて、ねこっけなのです)そんなこんなでやっぱり無しかもなー、と考え直した。伸ばしたら伸ばしたで似合わないからやっぱり切りに行こうかしら←

そいえばANNでメール読まれた!!前にも1回読まれたことあるけど、うっかり爆睡してしまったせいで聴けなかったけどね。。実際に電波に乗って自分の文が読まれてるのは、本当に不思議な気持ちだった。タロ姉に名前読み上げられたときとか、信じられなかったもんなー。ダカさんは「ダジャレかい!」ってメールに突っ込んでたけど、あれはダジャレ狙ってない!!(笑)寧ろ韻を踏んでみただけさ。
来週は斉藤和義さんが出るということで、気になってたからチェックスしてみようと思いメッシュ。

また色々と本借りて読んでみた。読み終わったのは「恐怖の兜」と「凍りのくじら」。
「恐怖の兜」は「迷宮に生け贄として送り込まれた子供たちの中に勇者のテセウスが潜り込み、ミノタウロスを倒した」って神話をベースに書かれた海外の小説。ベッドとパソコンだけの部屋に閉じ込められた男女が、チャットで意見を交換しながら「ここは何処なのか」、「誰がテセウスなのか」という謎に迫る小説になっておりメッシュ。論理的な内容で読むのに苦労したけど、非常に興味深かった。
「凍りのくじら」はクライマックスの辺り、ほとんど涙でページが霞みましーた。だって凄い感動したから。冷めた感じの主人公がドラえもん好きって辺りのギャップが良かった。ドラえもんの作者、藤子先生が「僕の物語はSF(少しふしぎ)なんです。」と説いたコトから、主人公は周りの人々に「少し〜」とイメージを付けていく。母は「少し不幸」、元彼は「少し腐敗」、自分は「少し不在」・・・。そして図書室で出会った先輩は「少しフラット」。とにかくこの先輩が素敵過ぎる。読んでてイメージ的にクボタさんだった。この本のラストは言えないな。実際に手にとって最後まで読んでほしい。

拾ってきたバトン答えメッシュ。

書を読め、書を。 

August 31 [Fri], 2007, 15:12
最近気になる文学館は斜陽館な千加ドS。この前テレビでやっててさ、すぐさまウィキで調べてみた。青森に行くことがあったら是非とも行ってみよう☆
元々太宰治は好きなのです。一般的に「暗くない?」ってイメージがついてるけど、あたしはそうは思わない。そういう人は「女生徒」を読むといい。女の子が朝起きてから寝るまでの1日を色々考えたり、家事をしたりして過ごすって内容で、しかも短くて読みやすいから。そいえば、文学賞で一攫千金を狙ううちの部員が「太宰治賞?それじゃあ暗い内容じゃなきゃ賞金とれなくね?」って言ってた。カチンときたあたしは「へー、それじゃ芥川賞も暗いのじゃなきゃ受賞できないんだね。」って返しちゃったぜ。だって分かっても無いのにそんなん言うのって腹立つじゃん。てか、そんなに簡単に賞金とれたら苦労しないよ。
そんで、芥川も暗くないと思う。さっきの切り返しに「あー、羅生門って暗いけど芥川賞のは暗くないか。」って返された。(どうせ現代文でやらなかったら羅生門だって読まなかっただろうし、芥川賞作の何を分かって暗くないって言ってんだ?!)とますますイライラしてましーた。こんなノリの部活とか途中でキレそうで嫌だ。実際、夏休み部活しょっちゅうキレかけてたよ・・・。
とにかく結論は「暗いっていう先入観を持たずに本は読め!!」ってわけで。あと、太宰や芥川は他の作家と交流が多かったから、その辺を繋いで読んでみても面白いです。

映画館で映画を観たい。最後に映画館で観たやつっていったら、去年12月に行った鉄コンだ。それ以来映画館で映画を観てない。「ルネッサンス」とか「遠くの空に消えた」とか「ベクシル」とか観たいのはいっぱいあるけども、時間とお金が無くて「まぁ、レンタル始まったらでいいか。」という言葉で納得してる自分がいるけど、それはもったいないよね。あと、映画館で映画を観るんならレイトショーが良い。前に「チルドレン」を観た時、映画館出たら夜の11時過ぎだったんだけど、暗い外は映画の延長線みたいでドキドキした。

今さっきDVDと本返しがてら、色々と買ったり借りたりした。ロキノン増刊号買いましーた。表紙からしてキュンキュンした。だってバンプ&アジカンだよ?!しかもちょっと中見たらラッドやらBirthdayやらクロマニヨンズやら載ってるからさー、「これは買うしかない!」と即決。財布の中がかなり寂しくなったけど気にしないぞ☆
図書館で前々から気になってた本やら、密かに「大人子供」の目標にしている伊賀さんがお勧めしてた本を借りてみた。「本を読みたいけど何がいいか分からない」って人は、好きなアーティストさんとか好きな作家さんがお勧めしてる本を読むといいのでは?!その人のルーツが分かるかもしれないから。そいえば前にゴッチがお勧め本に太宰を挙げてたのは嬉しかったなー。「あたしも読んでるよ、ゴッチ!!」って思ったもん。こいちゃんがお勧めしてた作家さん(名前忘れた)の本は表現が生々しかった(汗)「宇宙で一番優しい惑星」を読んでみたけど、グロいやらエロいやらで・・・。「ちぇりあい」も凄まじかった。多分何年か後に読んだら面白いはず。ちょっと早すぎたんかなぁ。これ、「こいちゃん大好きだか、ら本そんなに読まないけど私も読む☆」とかいう軽いノリで読んだらとんでもないコトになるだろうと思われる。でもブログで話題にしてた、恩田陸の「Q&A」はなかなか良かったです。オチはちょっといまいちだったけど、あんな出来事は日本のどっかで実際に起こってそうで怖い。これまた都市伝説が話題に出てて「おぉ!!」って思った。
本読んでて音楽かけると集中できないって人いるけど、どっちかってっとあたしは無きゃ読めない人です。逆にしーん、ってなってると読みにくい。(余談だけど、「しーん」って効果音を最初に使ったのは手塚先生らしい)だから自分の部屋で読む場合はくるりとかかけながら読んでメッシュ。でも本によって合う音楽って違うから実際かけてみて「いいわ!」ってなるから分からんね。「夜は短し歩けよ乙女」はフジファかくるりが合う気がする。(主人公はこいちゃんなイメージがあったけど、この前読み返したらハヤシだな!と思った。黒髪の乙女はカヨちゃんで。)古川日出男はモーサム。石田衣良はミスチル。豊島ミホはくるり。そうなるとあたしの文章は何の音楽が合うのかな。

夢を見ているようでした。 

August 30 [Thu], 2007, 17:20
「悪夢探偵」を観ましーた、千加ドS。中澤ちゃんが「微妙だった」と書いていたけど、確かに微妙だった。フジファの主題歌は凄い合ってたけど。あのイントロのゾクゾクする感じが。てか、あまりの血の気の多さに途中で断念しかけた(汗)元々映画好きでちょこちょこ観てるけど、ここまで血の多い映画は初めてだった。まぁ、ホラー映画大嫌いってのもあるけどさ。だって何で映画で怖い思いしたいのか分かんないもん。予告だけでも充分怖いし!いくらカワイ子ちゃんでも、ホラー映画を嬉々として語ってたら嫌でしょ?!笑顔で観てたらドン引きじゃん。
てか「悪夢探偵」借りるとき、候補に「幸福な食卓」と「ユメ十夜」も入ってたけど、これらは今後借りようかなぁ。どっちも原作読んでるし。特に「幸福な食卓」は読んでマジ泣きしたから、映画はもっと泣くだろうと思われる。この話に出てくるお兄ちゃんがうちの兄に似てる気がするんだよね。器用で周りから一目置かれてる存在なんだけど、何か色々考えてる辺りが。
「ユメ十夜」は夏目漱石の短編集。1話1話が短いから結構軽く読めちゃうので、お勧めドS。後から知ったけど何気に都市伝説が混じってるんだよね。映画には松ケンも出てたりと、豪華キャストらしい。

ユニクロのCMにキュンとした。松ケンが・・・(キュン)実は結構好きだったりします。デスノの時は「こんなにLはきっちりしてない!もっとボサっとしてるべき!」と周りにグダグダ言ってたけど、あれだね。「セクシーボイスアンドロボ」の駄目っぽい感じがツボった。基本、あたしは駄目っぽい人が好きなんでね。っても、年がら年中駄目な人は無理!!頑張るトコは頑張っちゃう人が良いのですよ。普段はそんなだけど、自分の得意分野では才能を発揮!!みたいな。そんなだから「千加(仮)、それじゃあだめんずに捕まるよ?」って言われちゃうんか?!でもええやん、駄目っぽい人。何てか・・・母性本能が!みたいな。

最近気になる梅佳代さんについて調べてみた。というのも、電話ガールとのメールで話題になって気になってたから。「社長や星野くんも好き」という情報がますます拍車をかけましーてね。淳治さんのブログにも「展覧会に行った」とかって書いてあったし。
ウィキペディアによると、梅佳代さんの永遠のテーマは「男子」らしい。「男子」・・・何と甘酸っぱい響き!!子供時代にしか言えないようなこの感じ・・・くるりの「男の子と女の子」みたいだ。あの曲って何か小学生時代の放課後を思わせる気がする。
写真集は是非とも欲しい!こんな田舎でも売ってるのか微妙だけど、探してみようかしらー。市内で1番品揃えが良いと思われる本屋でも。3軒行って無かった「ピーターパン・エンドロール」があったくらいだし。

コメ返しは明日にでもやります。カンフー鶏さん、専門の人からのアドバイスはかなり参考になります!ありがトイス!!

おしゃれいテナーになりたい。 

August 28 [Tue], 2007, 16:25
千加氏は思った。(このままじゃ残りの夏休みを主婦のように過ごしてしまう!)夏課題は先週終わった。今は課題テストや執筆に取り組んでいるのだが、氏は夜になってテンサヨンが上がったほうが良いと自覚している。そのため、昼間はのんべんだらりと本を読んだり、音楽を聴いたりしているのだ。そして合間に頼まれていた家事をする。今日は洗濯物を取り込み、畳んで仕分けまでした。「本当は家事の中で洗濯が1番嫌いなのさ。」と氏は語る。おしゃれいテナーになりたいとは思えない口振りである。これでは上京後の服周りが不安である。ただでさえ氏の部屋は酷く散らかっているのだ。

テナわけで、森見さんのように書き出してみましーた。この人のブログは独特で結構好きドS。近々トップランナーに出るそうだけど、その事について「登美彦氏はトップでもなければ走ってもいない。」って書いてる(笑)何気にうすた京介好きって辺りが素敵だよね。

そいえばここには書いてなかったけど、ギター始めましーた。左手の指が酷く痛い。それでも一応、たどたどしいながら弾けるようになったよ、スピッツの「チェリー」を!この曲、ちょっとのコードで弾けてしまうのです。6,7こぐらいで。初心者が挫折しやすいFも、簡易コード使ってるので大丈夫☆次は何の曲にしようかしらーって思ったけどさ、耳コピできる人って天才じゃね?!

ぼちぼち夏休みも終わるってことで、部屋の掃除をやっておりメッシュ。でもあれ、確実に服と本が増えてて大変だった。ってのも服は叔父さんからイカしたパンクTシャツをたくさんもらって、学校の図書室が「ご自由にお持ちください。」って古い本を提供していたのを夏休み前にたんまり貰ってきたから。確実に洋服棚には入りにくくなってるし、本棚からは本が溢れ出てる。しかも捨てられないロキノンが20冊近くあって、ますます困っておりメッシュ。エルレ表紙だったあたりとか続けて買ってたんだもんよー。叔父さんから貰ったTシャツは非常にかっこよく、「バンドマンが着てそうだ・・・。」みたいなデザインが多い。(実際、叔父さんはバンドマンなんだけどね。)そいえば渋谷に八重歯の王子様がよく行くTシャツショップがあるという。上京したらそこでTシャツ買おう!!いや、Tシャツばっかり着てるわけでもないけど。ブラウスとか着ますよ!

ゴッチの日記読んでると、本読んでる人だなぁって思う。真面目部分はゴッチが言うと「うん、そうかもしれんわ。」って思う。てか「今日のお会計、おいくらクイズ選手権」の辺りとかゲラゲラ笑った。罰ゲームとか、ゴッチのS部分が発揮されるトコだね(爆)でも今度は逆に負けてほしい。
そいえば今日、ゴッチが夢に出てきた。一昨日は二度寝したらヒダカさんとタロウが、2つ目は建ちゃんとゴッチが出てきた(笑)頻繁に夢を見るとか疲れてるんかな、あたし。

ジャパカン録画して、テープ擦り切れる勢いで観てます。初っ端のカエラちゃんからドッキドキやね!結局ラッドとかやってなかったけどさ。。印象に残ったのはBirthdayかな。まぁ、最近非常に気になってるからなんだけどさ。チバさん、最高にかっこいい。
アジカンの演奏してるのを久々に観たんだけど、やっぱかっこいいね。ゴッチがポロシャツ着てたのに思わずキュンとしてしまった。

みずほちゃんのバトン答えて終いにします。あ、ちなみに言っておくけど、文化祭小説の掲載は全く予定しておりません。マジ原稿ということで、書くのだけで手一杯だから。添削頼んでる人にしか目に触れないと思う。電話ガールにはレコ屋巡りの時に生原稿渡すつもり。彼女には是非とも読んでほしいと思ってるから。テナわけでごめん、みずほちゃん。
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像すかし
» 新たなる書と音を求めて。 (2008年10月20日)
アイコン画像をとこ
» 新たなる書と音を求めて。 (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» 新たなる書と音を求めて。 (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» 新たなる書と音を求めて。 (2008年09月27日)
アイコン画像隙間男
» 新たなる書と音を求めて。 (2008年09月25日)
アイコン画像千加
» やれやれだわ。 (2007年09月22日)
アイコン画像ひろえ
» やれやれだわ。 (2007年09月20日)
アイコン画像たかこ
» やれやれだわ。 (2007年09月15日)
アイコン画像千加
» タロ姉、ありがトイス!! (2007年09月05日)
アイコン画像もつぁ
» タロ姉、ありがトイス!! (2007年09月04日)