第2週木曜 

April 11 [Thu], 2013, 20:51
のうげは、まったくしゅじゅつがないせいで
くるずすばかり。
でも、どの先生も熱心で、おもしろい。
前よりは、脳がきらいじゃなくなった気がする。

にしても、若い子たちの頭がよすぎてへこむ。
記憶力よすぎ。
あたしも、いままで勉強ちゃんとしてくればよかったのかな。

今日のくるずすで先生が、
今日教えたことは10年前から教えていることです。
つまり、大事なことは10年変わらないのです。
って言ってた。

確かにそうだよね。
すばらしい文学作品は、10年たっても20年たっても色褪せないと思う。

10年たっても色褪せない何かを、自分もつかみたいと思った。

もう金曜 

April 05 [Fri], 2013, 23:02
終わった。
3月30日は無事に終わった。
母親が来てくれた。
母親と彼氏を初めて会わせた。
母が「真面目そうないい子だね」と言ってくれて、
ホッとした。
(彼のご家族には会ったことがないから、とても不安だけれど)

くりくらが始まって、第1週が終わった。
とてもつかれた。
すごく良い科だったと思う(比較対象がないから何とも言えないけれど)
先生は熱心だし、いろいろ手技もやらせてくれるし、
私の出来が悪くても(知識がない上、手技もめちゃめちゃ)
それほど怒らない。
感情的じゃない。
でも、疲れてしまった。
大変な科にいる人たちに申し訳ない。
こんなイイ科で、疲れたなんて言っていて。
これから医者やれるんだろうか・・・と思う。

先生たちは、とてもハードな毎日を送っている。
それなりのポジションにいる人でも、頻繁に当直している。
私は、いつか母親になりたい。
でも医師にもなりたい。
この2つって両立できるのかな。

母親になって、子どもに「お母さんは自分を愛してくれてない」
って思ってほしくない。
愛は時間じゃないけれど、やっぱり時間や思い出が
愛されている感を作り出す部分はあると思う。

でも、せっかく医学部に入ったし、医師になりたい。
それに、「両立できる」っていう理由だけで、専門科を選択したくはない。
私はなんとなく小児科になりたいなーと思っているから、
そのこだわりは、あまり捨てたくない。
小児の内分泌とかアレルギーとかそういうプライマリーに近い病気を
みていきたい。

今日、回った科の先生に、
研修中は、飲み会や誘惑も断って、
病院に泊まりこむつもりで経験を積んで、
早く使える医師になるべきと言われた。
確かに経験は大事。
百聞は一見に如かず。
だけど、経験だけが、医師の良し悪しを決めるのならば、
私は「良い医師」にはなれない。

今日の先生からは
「一流の臨床医を目指しなさい」
とも言われた。
一流ってなんだろう。先生の考える一流にはきっと私はなれない。

皆、「今日より明日はもっと自分が良くなるように努力しなさい」
と言っている気がする。
「常にもっと上を目指しなさい」
「一流になりなさい」
そのレールから降りるのは難しい。
そのレールから降りたとき、社会は、皆は私を必要とするのだろうか。
私はこの世に存在している価値があるのだろうか。
私は生まれてきた価値があるのだろうか。


両立できる気もする。両立できない気もする。
両立したい。でも、両立してはいけない気もする。

やっぱり幸せは自分次第なのだね。

めんどくさい人間だなあ。 

March 29 [Fri], 2013, 23:57
今日の私は相変わらずめんどくさい人間。

もう自分に付き合いきれない。



劣等感の塊。
自分がスクールカーストにおいて下だったことを
認めてはいるし、
カーストにおいて今後も上位になれると思ってなんかいないけど、
ずっと上位だったのに
「悩みがあった」
とか言われると、
しょせんカースト上位の悩みでしょ?とか思ってしまう自分がいや。

相変わらず、しあわせが何なのか
あたしにとっての幸せの必要条件がわからないとか
うじうじ言うのがいやだ。
幸せは自分の手でつかむしかないし、
自分で幸せの範囲を決めてしまえばいいだけなのに
決めてしまうことがこわくて
(決めてしまって、それを失うことがこわいんだと思う)
中途半端なままにしていて、
それはそれで、中途半端であることが苦しい。

いつも、まわりのあら探しばかりしている自分がいや。
これじゃ結局、いつまでたっても満足できないじゃん!!!!
満足できないのは、自分のせいだ。
こんな私でもいつかは満足できるの?
いつも不満ばかり言って、もういやだ。
自分との付き合いをやめたい。



ああ、くりくらせまってる。明日はもう白衣じゅよ式。

(無題) 

March 28 [Thu], 2013, 23:57
ひさしぶりに携帯から。
スマホにしてから初

月曜日から実習
ストレスからか昨日から胃けいれん
ストロカインもガスターも効かない
明日はブスコバン飲もう

今日は桜みたかったなあ

テソーミ 

December 02 [Sun], 2012, 15:22
ほぼ日刊イトイ新聞の「テソーミルーム」にて
自分の手相を見た。
なんと3年前の今日にもやっていた。
妙に運命的。

内容が以前とほっとんど変わらないのがおもしろい。



じょじょさんのリーディングシート

何ごともマジメに追求していく理論派で、
知的な雰囲気が漂うあなた。
ロマンチストで、寂しがりやの一面があるけれど、
物欲や金銭欲には淡白で、おおらかな性格の持ち主です。
ただ、いまは、
ちいさなこだわりやトラウマから抜け出しきれず、
自分の考えかたが、不鮮明になりがちなときかも。
感情線から判断すると、
相手に対して、どういう態度を取ろうかとか、
事前に考えすぎてしまい、自然体で接するのが苦手かも。
ちいさなことが気になって、
傷つきやすい面もあるようです。
過剰防衛し過ぎないよう気をつけましょう。
また、運命線を見てみると、
集団のなかでバランスをとりながら
状況にうまく対応して生きていける資質を持っています。
個人的な生き方よりも
集団のなかで自分をうまく活かすちからがあります。
チームワークを必要とする世界で、うまくいきそうです。
あなた自身の内面については、
異なるふたつの個性があるようです。
その二面性を大切にして、スケール大きく、
バランスを心がけて生きていきましょう。
いまは、まわりの人やものごとを動かす、
大きなエネルギーを持てています。
スケールの大きなはたらきをし、
強い影響力を与えるちからが備わっているときです。
気になるのは、いろんなことに対して
少しがんばりすぎているのかも。
まわりの人に少し暑苦しい印象をあたえないよう
もう少し気楽にいきましょう。
性格的には、すこし用心深く、
臆病なところがあるかもしれません。
こだわりが多くなり過ぎて、
答えに迷っている状態ではありませんか?
たまには立ち止まって、待つということも大切。
ちょっと気にしてもらいたいのは、
体力・気力ともに、ややエネルギー不足であること。
気をつけて、手を動かす訓練をすることで、
元気なパワーがついていきます。
もしかしたら、いまは、ちょっと自信をなくしていて、
すこし控えめな態度を取りがちなときかもしれません。
自信回復のときを待って。
次に、生命線と頭脳線の関係から見ると、
考えて考えて考え抜いてから行動に移す、慎重派。
ミスをすることが少なく、
緻密さ、精密さが求められる仕事に
とても向いている反面、
「優柔不断かも?」という自覚があるのでは?
また、ことさら直感と意識しないまでも、
日常生活で無意識に直感がはたらいているタイプです。
周囲に対しては、輝かしい成功を成し遂げる人というより、
クラスや職場での人気者というキャラクター。
持ち前のほがらかさ、性格のよさで、
今後も、周囲の人たちを明るく照らしていくでしょう。
最後に、もうすこしだけ、
ユーモアというステキな知性を身につけて
こころがはずんでくれば、
人生がもっともっと楽しくなりますよ!

いいいいいいい 

November 21 [Wed], 2012, 7:07
ひさしぶりだけど、書いてみる。


と思ったけど、うまく言語化できない。
ただもうあもうあもう

もーやもやもやもやもやもやもや 

February 05 [Sun], 2012, 21:10
こういう日は早く寝るべし。

かな。



結局、人は暇だから、余計なことを考えるんだ。





あーーーーーーーーーーーーー
もうダメな気がする。
今の時点でこうなら、わたしは一生、満たされないのかもしれない。

放り投げる 

October 22 [Sat], 2011, 23:50
よくわかんないけど、
もやもやする・・・。

このもやもやは誰かのせいではなく、
完全に私のせい。
私に原因がある。
けど、私のどこに??
はっきりとはわからない。

何か書きたい。
何か書いて、すっきりしたいけれど、
何も出てこない。

もやもやっていうか
もうやだ って感じ。
自分自身が、自分を取り巻く全てがいやで仕方がない。
全部「わああああーーーーー」って放り投げたい。

天才 サガン 

September 24 [Sat], 2011, 9:55
忘れないようにしたい。




・愛とはその人の不在を強く感じること。

・友だちというものは、あまり無関心でいると失ってしまうけれど、
理解しようとしすぎても失ってしまうのです。

・理想の結婚というのは、毎朝毎晩、一緒に暮らしている相手が
誰よりも好きであることです。

・結局、結婚というものには単純な選択が存在しているのです。
妥協を重ねながらでもその人と暮らしていたいか、
あるいは、一緒に暮らした場合の妥協の苦しさがふたりでいるときの
楽しさを超えてしまうか。どちらかなのです。

・愛と呼ばれているものは、まずは自分を語りたいという欲求であり、
自分が存在していること、しかも魅力的に存在していることを
他人の視線のなかに認めたいという欲求なのです。

・何年生きたかではなく、生き方そのものが問題なのです。

・名声とは太陽のようなものです。最初は日差しを浴びているのが
気持ちいいけれど、次第に肌がダメージを受けて破壊されていきます。
一時間くらいは名声に浸り甘美なひとときを過ごせるけれど、それ以上長く浸っていると
頭が悪くなります。

・幸せを求める道は、つねに死という概念を念頭に置いて生きることかもしれません。



サガンという生き方



前にやったらしい 

March 17 [Thu], 2011, 23:55
が、何の診断なのかわからない・・・

+++++++++++++++++++++

「じょ」さんは、 「図書委員長(もしくは本好き)」属性 です。

「図書委員長(もしくは本好き)」属性のあなた。代表的なあなたの萌えキャラは、小牧愛佳や一ノ瀬ことみなどですね。あなたは、好きなことに対しては異常な集中力を発揮します。けど、それ以外のことは全然ダメです。自己中心的な部分があり目立つのが大好きです。争いごとは嫌いなので、自分の意見を押しつけるようなことはしません。目立つ色が好きです。空想や妄想も得意です。


恋愛について:
熱しやすく冷めやすい傾向があります。特に努力をしていなくても不思議とモテます。恋愛中は相手を振り回す傾向があります。失恋すると落ち込みが激しいですが、次の恋が始まるとあっという間に立ち直ります。愛するよりは愛されたいタイプです。


「じょ」さんに送る言葉:
諸行無常。悟りの境地に、また一歩近づいたな。