そろそろ潮時

May 24 [Sun], 2015, 17:01
とても久しぶりにこのブログにきた。
前回の更新は13年のことだった、びっくり。

久しぶりにきたので、私は何を更新をしていたのだろうと、幾らかの日記を遡って読んだ。

感想。

暗い・・そして胸糞悪くなった出来事を再確認。2年経っても、相変わらず成長のない自分へのがっかり感と言ったら・・・

あ〜、陰気くさい。

ヤプースから使い始めて10年以上。
そろそろ潮時かなと思った。

大事な思い出も中にはあるから、ピックアップして残していこうかとは考えている。
年内中に、のろのろしながらでもできるだろう。

整理したら陰気くさいのやら、頭の悪い日記は消去消去。
部屋の中のいらないものも捨てる捨てる。

いらないものはどんどん捨てて、整理して、新しいものをいれるスペースを作ろう。
新しい風も入れば、スッキリ気持ちよくなるだろう。

部屋も、パソコンも、スマホの中も。


仕事も探すのだ。
貯金もして、旅行もして、私が幸せになるために動くのだ。
・・・というか、幸せがなんなのかわからなくもなってるし、それも考えてみたい。

うつろ

September 27 [Thu], 2012, 23:30
どうして、いつもいつも私は一人でいるんだろう。

幸せになりたい。
幸せなのかな。
幸せって何だろう。

精神的に、満たされていない。

虚ろ空ろ…

煮込みハンバーグは邪道

September 16 [Sun], 2012, 1:59
どういう意味?

前にも煮込み作ったけど、そんなことは言いませんでしたね?

邪道でも極悪でも、それはあなたの好みなので、そのことにとやかくいうつもりはありません。

だけど、作った本人に言う?
そこは頭でも、胸でも、お腹でも、
その言いぐさは納めておいて。

前に作った時にでも、
『煮込みハンバーグは好きじゃない』
そう教えてくれたら、それでよかったことだよ。

なんだ?邪道て…

失言だと思わないの?
作ったの私だよ?

謝りもしないしね。

こういう積み重ね…愛情が無くなっていくものなのね。

私達の結婚て、単なる『ごっこ』だと思うよ。
ぶつかることを避けて、なぁなぁで
済ませてきた結果なんだ。

色々と考えていかないといけないね。

過渡期・・・・かも

August 17 [Fri], 2012, 16:43

退職してから、一年と少し・・・。
ここしばらくの間、自分の周りが少し慌ただしい。

・・・私の人生が慌ただしくなっている?


人生の中には、何度かそういう時期があるのだろうけれど、
今がまたその時期なのかもしれない。


冬に減量を始めて・・・。
ずっと痩せたいとは言ってはいたものの、言ってるだけで何のアクションもおこさず。
ようやく重い腰をあげて、取り組み始めたんだけど・・・それも一つのきっかけだったのかな?

退職をしてから一年近くは、ただただノホホンとした生活が続いていたけれども、
一年を過ぎた頃から、減量を始めて、愛犬の死もあったし、また年内には引越も控えている。
他にも心配事や考えないといけないことが増えた。

13日には、音信不通だった・・過去に好きだった人からの連絡。
大袈裟かもしれないけれど、軽く青天霹靂。

何だか色々と悩ましい・・・。
でも、今が何かの変化の時期ならそれに乗らなきゃいけない気がする。

いつまでも何かを待っているには、私はもう若くはないんだから。

やらなければいけないことも、決めないといけないことも、沢山ある。

結局のところ

August 14 [Tue], 2012, 13:48

結局のところ、あの人にとって私は何だったんだろう・・・

なんてことを思うのは、昨日あの人から連絡があった。
一年ぶり?
今度は無言ではなくて、ちゃんと話もできて・・・。


何だか色々と言ってたけど、はっきりしない。
結局何だったの?

私は不安定じゃなかったよ?多分ね。
不安にかられたメールを送るようになってしまったのは、あなたと連絡がとれなかったからだよ。
最後の電話だって、別に泣いてなかった。
普通に話してた。

私が思ってたような誠実な人ではなかったってことなの?


今度は私が問いたいよ。
あなたにとって、私って何だったの?って


昨日は突然の連絡に、驚いてしまって、何も疑問に思わなかったけれど
一晩経って、起きぬけのボ〜っとした頭の中に浮かんできた疑問。

すごく悩んで、考えて・・・
完全に平気になるのに3年もかかって・・・なんなんだ?一体?

二週間

July 31 [Tue], 2012, 10:01



あのこがいってしまって、二週間。
最初の数日は涙がとまらなくて、鼻をかみ、顔を洗い、また泣いて、鼻をかみ・・・
繰り返し。

お風呂の中でも思い出してしまっては、しくしくと。

哀れんだりすると成仏ができなくなると、いつか聞いた気がする。


哀れんだりはしないけれど、もう会うことはできないんだなぁと思うと、どうしても涙が出てきてしまう。
何でもないような日々の思い出は沢山あって、
結婚をして、実家を離れて、たまにしか会うことはできなくなっても、
嫌なことがあっても、あのこの顔を思い出すと、自然に口角はあがったものです。

今でもそれは変わらない。


かなりの人懐こさと、地団太を踏んだり、無視したり・・・
なかなか面白くて、とても可愛い可愛い家族でした。



いってしまって一週間程で随分と落ち着いて、日常生活に戻りました。
あのこを思い出しても、もういないのだなぁ、頭を撫でることもないのだなぁとしみじみと思うけれども、
涙は出ません。

いいことだけ思い出そう、実家に帰った時には何かお供えにおやつでも持っていこう・・なんて、
そんなことも考えてた。



今日、荷物が届きました。
実家から。

それが何かは知っていました。

開けたての、新しい、あのこのごはんが入っているはず。

義理の実家でも飼っているから、食べてもらったらどうだろうと言われていたから。
幸い、開けたものでも気にしないと、むこうのおかあさんが言ってくれたので私に送ってもらい、
義理の実家に行く時に、持っていく・・・そんな話になっていた。


それが、今日届いたのだ。

閉じたガムテープを開けている内に、涙がぽろぽろと零れてきた。
開けた箱の中に、あのこのごはんを見つけて、更に涙がとまらなくなった。


あのこは本当にいなくなってしまったんだなぁ。
笑ったり、握手したり、頭を撫でてくれとせがんでくることは、もう・・・本当にないのだなぁ。
実家に帰っても、いつもの場所にはいないんだ。
お腹を出したまま、行儀悪く寝こけている姿を見ることもできないんだ。

文句を言ったり、失敗した時のしまったという顔も・・もう記憶の中にしかないんだ。


割合と平気なものなんだ・・・と、自分では思っていたけれど
多分、それはいつもの日常にいるからなんだと思う。

あのこと離れて暮らす生活が、今の私の日常。
だからこそ、その日常に戻ったということは、あのこがいなくなった実感がないんだと思う。

だって、こうして涙が零れていたって、
実家に戻ったら、いつものようにあのこは、うっかりと私に吠えてしまったり(顔を確認した途端、間違った!という表情をして、耳がペタンとなってしまう)
吠えてなかったら、この暑さの中だもの・・・エアコンのきいた部屋で、お腹を出して寝ているに違いない。

私が声をかけると、笑って寄ってきて、構ってアピールをするに違いない・・いつもの光景。

そんな気がするから。


これから、こういうことを繰り返して、段々と本当に平気になっていくんだと思う。


でも、心から本当に思うのは、あのこが家族になってくれて本当によかったということ。
割合、静か?落ち着いた実家にあって、底抜けに根明なあのこの存在は、貴重だったと思う。

我儘な部分もあったけれど、そこはしつけの至らなさであって、あのこのせいではないし、
その我儘なところも、とてもおかしみがあったから。

表情豊かな君のことが好きだったよ。
勿論、それはこれからも変わらない。

本当に家族になってくれて、ありがとう。
君は幸せだったかな?幸せだったらいいな。

最後、もっと色々話せばよかったね。頭を撫でたらよかったね。
今度帰る時には、美味しそうなおやつ、持っていくからね。


執着

October 30 [Sun], 2011, 18:13


なんとなく、どこかが違うような気がしてたけど
それが何というかはわからなくて。


それも、愛情には違いないとは思いたいけど、思うけど、
今の気持ちは『執着』らしいのだ。


思い出さない日も増えてきたし、
思い切って今年の終わりとともに、消してしまおうと思う。


そろそろ、空室には別のものをいれないと。

まだ、それでも、先は長いんだから

憑きもの

October 03 [Mon], 2011, 15:42
突然の着信に驚かされて。
電話番号で送った短いメールは届いたけれど、やっぱり返事はなくて。

妄執というには薄いけれど、
ずっと未練と後悔が心にはあって。

本当に馬鹿だなぁ・・と思いながらも
ずっと消せなかったアドレス。

電話番号も、アドレスも、住所も、もうすぐ消去できそうな気がしてきたよ。


落ちきったわけではないけれど、
憑きものみたいに離れないであったこの気持ちが、古い皮膚がはがれるみたいに
はがれつつある気がするんだよ。

急に、そんな気がしたんだよ。
もう大丈夫、もうすぐ本当に大丈夫になれるんじゃないかって、思ったの。


いいこともあったし、嬉しかったこともあった。


幼稚な私が原因で壊してしまった恋だったから、
  に背く恋だったから、
誰かに言うこともできないけれども、


もう少しで、本当に、ありがとうを言える気がします。

着信

September 30 [Fri], 2011, 22:46
さっき、前に好きだった人から着信があった。

突然、何も言わずに拒否をされて、電話もメールも届かなくなった。
原因を作ってしまったのは私で、彼はそんなやり方をする人ではないのに、それをさせてしまったのは自分だと思ってきた。

そんな風に別れを告げられて、私は自分の気持ちを処理できなかった。
思い出しては後悔したし、悲しかったし、苦しかった。


一度決めたら、それを通す意思の強い人だと私は思っている。
だから、彼がそうと決めたのなら、もう連絡はないのだとわかっていた。
それでも、万が一・・の希望を持って、半年か年に一度、電話をし、メールを送った。
勿論電話は繋がらないし、メールは送信できなかったと戻ってくるのだけれども・・・。


時々思い出しては苦しくなるのだけれど、あの頃よりは傷も乾いてきている。
多分、傷跡は残ってしまうけれど、きっと少しずつ時間はかかっても治ると思えるようになった
最近の私です。


そんな中での、突然の着信。
女々しくアドレスから消すことができない名前が表示されている。
でも、知らない人の名前のような、多分違う人と勘違いだわ・・と、半ばパニックになりながら
通話ボタンを押す。

「・・・もしもし・・・?」

おずおずと、私は呼びかける。
でも、返事はない。

何か話さないと、無言だと相手が切ってしまう気がして・・・私は何度も何度も呼びかける。
返事はない。

電話の向こうの音もきこえない。


もしかすると、何かの拍子に間違ってかかってしまっただけなのかもしれない。

そう思いながらも、呼びかけ続ける私。

耳をすまして、相手の声をとらえようとしても、何もきこえないまま。
微かに車が通るような音がしただけ。



そのままの状態で、数分が過ぎた。

相手には私の声は届いていたのかな?

私は「きこえないから、切るね」と言って、電話を切った。


その後、また掛かってきてはいない。

間違いだったのか、自分の意思で掛けてきたのかわからなかったけれど、
メールを送ってみることにした。

アドレスでは多分戻ってきてしまう。

最近、携帯のキャリアが違っていても、電話番号で短いメールが送れるようになった。
私はAUだから、Cメール。
彼はDOCOMOで、ショートメール。

電話が着信拒否をされていても、届くものかはわからなかったけれど。


文字数制限がある短い短いメール。

どうやら無事に届いたみたい。
戻ってはこなかった。


着信拒否は解除されてるのかな?
メールにしたから、届いたのかな?


本当に突然のことだった。


秋のせいかな。






間が抜けてる

September 23 [Fri], 2011, 10:53
本当に気が向いた時にしか、更新してないな。
見知った人は見ていない日記。
面白いことをつづってるわけでもないし、公開だけど開店休業

本当に気楽。
ヤプースの頃から始めて、どれぐらい経ったかな?
たまの更新とはいえ、私ぐらいに古くから続けてる人っているのかな?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sora-tu-sin
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる