感謝の気持ち 

2009年09月09日(水) 21時25分
まだまだ就職活動継続中な私は今日、現時点での第一志望の企業の一次面接を受けてきました。全力は出せたと思ってるので、あとは他にも受けられる企業を探しながら合否の連絡を待つだけです。

そんなとてつもなく大事な日である今日、大幅に寝坊をしてしまいました。実は今日持参予定だった写真に不備があることに昨日の夜に気付き、解決策をあれこれと考えていたら寝るのが遅くなってしまったんです。しっかりと目覚ましを2個かけて寝たのですが、目を覚ましたのは家を出る時間の30分前、母が気付いて起こしてくれた時でした。メイクもままならないまま急いで支度をし、何とか面接の10分前という丁度いい時間に会場に到着することができ、面接も予想外のことは聞かれなかったので精一杯話すことが出来ました。それでホッとして、面接直後に母に「全力は出せたと思う」とメールをしたんです。すると、そこから始まった母との数回のメールでのやり取りの中で、母が怒っているのではないかという印象を受けたメールがあったんです。その理由が気になって、急いで帰ったあと、母との会話の中でこう言われました。「普通、こういうときに起こしてもらったら『ありがとう』の一言ぐらい言うべきなんじゃないの?今日だって、もちろん面接官の人にしっかり『ありがとうございました』って挨拶して返ってきたんでしょ。それと一緒じゃない?」と。

その瞬間、母に言われるまでそんなこと思いつきもしなかった自分が、非常に恥ずかしくなりました。確かに、母が気付いて起こしてくれなかったら、完全に間に合わないような時間に起きていたかもしれないのに、直接は言えなくともなんでメールで一言ありがとうぐらい言おうと思いつかなかったんだろう。家族であっても、そういう感謝の気持ちや礼儀ってすごく大切だとずっと母から教わってきたのに、全く気付かなかった自分が情けなかったです。何事に対しても、感謝の気持ちってすごく大事だということを改めて実感しました。

でも正直こういう深い反省って、就活をしているからこそちゃんと感じられるようになった気がするので、そういう意味でも就活って人生においてすごく大きな意味を持っているんだなと強く感じました。

頑張っていればきっといいことはあります! 

2009年08月12日(水) 23時27分
ブログを見て最後に書いた記事の日付を確認しないと前回いつ書いたか分からなかったぐらいお久しぶりです(^^;;

私は現在、まだまだ内定を頂いていなくて、就活継続中です。毎日のように聞いたこともない企業名がずらりと並ぶ日にち別説明会一覧を眺めてはよさそうな企業の説明会を予約し、参加してみては「何かがちがう」と感じて受けるのをやめてしまい、また企業を探しの連続です。今の時期の就職活動は(1個下が徐々にインターンなどで就職活動を始めていることもあいまって)嫌になることだらけで、ちょっとわき道それてyoutubeなんかを長い時間見てしまっては後悔する、何てこともしばしばです。

でも、そんな中でも一つだけ、就活を長く続けているからこそできる経験があります。それは、「世の中の良い人に沢山出会えること」です。周りが徐々に決まっていった6、7月頃は、ここぞと言う企業に中々出会えなくて就活に嫌気がさし、落ち込むことも沢山ありました。でも地道に頑張っているうちに、何度も足を運んでいる大学の就職センターの相談員の方が向こうから私に気付いて声をかけてくださったり、証明写真の焼き増しのために今までとは違う写真屋さんに立ち寄った時にはこちらからは就活の話は一切していないのに店長のおじさんに「暑いけど就職活動頑張って」と励まして頂いたり。

内定はまだ頂けてないですが、頑張っていればちょっとはいいこともあるんだな、とすごく最近感じられるようになりました。まだまだ納得のいく企業の選考に進んでいない私ですが、絶対に2010年新卒入社できるようにこの先も頑張っていきたいとおもいます☆

【今日の詩】

「嬉しい涙も 悲しい涙も 同じ瞳に 浮かぶのは何故」−ベテルギウス−byコブクロさん

就職活動をしていて、頑張ったのになんで…と悔し涙を流したり、このままどこにも就職できないんじゃないかという不安から悲し涙を流したことが何度もありましたし、これからもきっとあると思います。でも絶対に、最後にはその悔し涙や悲し涙を流した同じ瞳で、嬉し涙を流して見せます!そんな決意表明の意味も込めて、この歌詞を選びました。

もし私のように就職活動を続けられている4年生の方が一人でもこのブログを読んでくださっていたら、お互い悔いのないように頑張りましょう

ダメでした(>_<。) 

2009年04月02日(木) 21時09分
第一志望のESの結果は、ダメでした。

悶々とした気持ちの中、今日は学校で年度初めの手続きなどもろもろ。実は昨日、色々あって夜中に声を殺して発狂する勢いで号泣してしまいました。究極に腫れた目元で4年初登校(^^;; そんな今日は昨日書いたESの一部を就職課の方に見てもらいに行きました。とても優しい方だったので、泣きそうになるのをこらえて必死に今の自分の悩みを伝えました。就職課の方は私のESを見て直すべきところを指摘してくださったんですけど、それと同時に「内容はすごくいいからそこを直して頑張って」と言ってくださって、少し前向きになれそうな気がします。

実はそのときとても印象的な言葉もおっしゃっていたのですが(個人が特定されることはまずないと思いますがその言葉は伏せておきます)、その言葉をいただいたあとに手帳のメモスペースに大きくそれを赤ペンで書き記しました。たるんだり嫌になったりしそうなときにはそれを見て頑張ろうと思います。

【今日の詩】

「今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうなときは 自分の声を信じ歩けばいいの」−手紙 〜拝啓十五の君へ〜−byアンジェラ・アキさん

今年は100年に一度といわれる不況で、安定感を求めるなら大企業がいいと言われたり、この際経済状況が一番厳しいといわれている不動産業界でもいいからエントリーしておけなどと言われますが、経済に関する悪いニュースが報道されるたびにそのようなアドバイスはコロコロ変ってしまいます。まったく聞く耳を立てないのはダメですが、周りからのアドバイスがコロコロ変るからと言ってそれに一々左右されず、自分で見極め、自分が信じるように行けばいいのかな、と感じています。

明日… 

2009年03月31日(火) 23時40分
明日(4月1日)はついに第一志望の企業の書類の結果が出ます。テストセンターの手ごたえがなかったのでだめもとで結果を待つことに決めてるんですけど、やっぱり希望を持ちたいです。今日も1社書類で落ちてしまい、これで私は知り合いの中では一番面接経験の回数が少ない人に決定だと思います。でもこれで危機感と共に改めてしっかり就活に打ち込もうという気持ちが強くなりました。

そして明日は2個上の兄(浪人しているので学年は一つ上)が社会人になり、家を出て行く日でもあります。さっき父に働くことに関するアドバイスを受けていました。それを見ていて、来年は私もそうなっていられるように今は早く内々定が決まりますようにという気持ちでいっぱいです。今朝の新聞に同じく就活中の一人の一般の大学生が特集された記事が掲載されていたのですが、その学生は早々と希望の業界に内々定したそうです。そういうのを読むとやっぱりあせりますが、私は私なりのペースで頑張って行きたいと思います。

実は私は、かなり志望度の高い企業の書類提出をこの間渋ってしまい、結局2回目の提出期間に提出することにしてしまいました。それはやはり筆記に自信がないからです。今まで書類で落とされてきた企業も、恐らく筆記試験の出来が良くなかったからだと思っています。なので今は志望度が高いほど筆記が不安で提出を遅らせてしまったり、ギリギリに出してしまったりしています。でも今日一社落ちたことで、その方が確実だと思えるようになってきました。なので、それも自分のやりかたと思って突き進みたいと思います。

【今日の詩】

「いろんな人が いろんなことを 僕に問いかけてくるけど 正しいことも 間違ったことも きっと自分だけのもので」−曇りのち、快晴− by矢野健太 starring Satoshi Ohnoさん

この歌詞は今の自分の気持ちにすごく当てはまっていると思い、選びました。就活がどんどん大変な時期に入ってきている今、周りには「ほんとにそれでいいの?」とか「ペースが遅いんじゃない?」とか「もっと○○してみたら?」など色々言われます。でも自分に一番あってるやり方、一番やり易い、やる気が出やすいやり方は自分にしか分からないと思って今は頑張る事にしました

不安に押しつぶされすぎて疲れました… 

2009年03月25日(水) 22時52分
またまたかなりお久しぶりです(´Д`;A

最近は出かけることはそこまでないもののエントリーシートと筆記試験の勉強に追われています。実は昨日も2、3日前に提出したばかりのエントリーシート+ウェブでの筆記試験の段階で2社落とされてしまいました。私は元々中小企業の知識が全くなくどこから見ていけば良いのかわからず、それなりに名の通った企業以上しか見ていないのですが、なかなか書類選考に通過せず面接はまだ1度しか経験がありません。筆記試験対策においてもかなり出遅れてしまっているせいもあり、受験企業をリストにしているノートからどんどん社名が消されていく状態です(>_<。)

このままではいけないと思ってはいるものの、落ち込む気持ちが先行してしまって明日までにウェブテストを受けてから郵送でエントリーシートを送らないと締め切りに間に合わない企業が一社あるにもかかわらず何も始めていません。本当に本当に、去年の11月、12月ごろに戻って「しっかりやらないと本当に苦労するし後悔する」と自分を一喝したいぐらいです。このままでは自分は一社も内定をもらえないままになるのではないかととにかく不安です。

なんだか自分の気持ちを吐露するための記事のようになってしまいましたが、今年の就活生はみな大変なんだと心に念じて頑張ります。

曲を選ぶ気力がないので本日の【今日の詩】はお休みしますm(>_<。)m

行き当たりばったり… 

2009年02月13日(金) 20時53分
お久しぶりです(−_−;A

最近就活が忙しいようで忙しくなく、そのことでかなり悩んでいます。

実は私は就職活動を始めた当初、チェックする企業の選択肢を自ら狭めてしまっていました。同じ業界内でも、「この企業は好きだから説明会行こう、でもここはちょっと…」と自分が働きたいような部署がない企業はホームページに載っている情報だけで判断してずっと見向きもせずにいました。しかしそれが今になってあだとなっています。周りは連日説明会、でも自分は最初から自分で企業を選別してしまっていたため、説明会の予約にも出遅れ、エントリーシートを書くこと以外の予定がすかすかな状態です。普通の就活生よりずっと家にいる日が多いため、家族に必要以上に心配され、「説明会もっと行きなさい」といわれる毎日です。せっかく説明会のお知らせメールが来ていても、人気企業であるために受信30分後に自分がそのメールを読んで予約しようとしたときにはもう満員なんてこともあります。

そんな私でも第一志望の企業はちゃんとあります。なので、出遅れてしまったものはしょうがないからこれからはその企業のエントリーシート作成と適性検査に向けた準備に人一倍の力を注ぐことで自分なりの進め方を確立しようと決めました。他にもエントリー予定の企業は20はゆうに越えているぐらいあるので、そっちのほうのエントリーシート作成や書類選考通過後にある説明会では絶対に周りに引けを取らないように努力しようと決めています。

なんか愚痴と決意表明のような記事になってしまいましたが、就活生は30分メールをチェックしないだけでも命とりな生活です。でもその分これを乗り越えたらきっと入社後にこの苦労が大いに力になってくれるはずだと信じて頑張ります。

【今日の詩】

「命は始まった時からゆっくり終わっていくなんて信じない ぼくが生きる今日は もっと生きたかった誰かの明日かも知れないから」−さよなら−byかりゆし58さん

実はこのグループのことは正直あまりよく知らないのですが、たまたまさっきまでやっていたMステでこの曲を初めて聞き、ブログを書こうと思ったのもこの歌詞にものすごく感動したからなんです。

よくドラマや小説などで「誰々の分も精一杯生きよう」なんていう言葉が使われたりしますが、その誰々は身近な人に限らないと思います。世の中には内戦や貧困など、理不尽な理由で命を落としている大人や子供が沢山います。彼らは私たちのような恵まれた環境で生きていたらもっとずっと長生きできていたはずです。そんな人たちのことも心に留め、普通に生活していられるだけでも幸せ、と思いながら生きていける人になりたいと感じた歌詞でした。


かなりお久しぶりです(´Д`;A 

2008年12月27日(土) 23時02分
このまま止めてしまうんじゃないかと自分で思うぐらい更新してませんでしたが、久しぶりの投稿です♪

かなりこの話題に触れるのが遅くなってしまいましたが、コブクロの小渕さんが双子のお子さんのパパになられました☆おめでとうございます!正直勉強(?)不足だったため、最近まで小渕さんも黒田さんもご結婚なさっていることを知りませんでしたが、ネットで検索をかけているときにたまたま小渕さんのお子さんのことを知り、コブクロ好きな友達と二人で「絶対いいパパになるよねー」と話をしたり、はたまた「子供抱っこしてる写真とか見てみたい」と勝手なことまで考えたりしている私でした(^^;;

最近コブクロのお二人は結成10周年を迎えてせっかくテレビに出演する機会もいつになく多いのに、就活が大変だったりレポートが大詰めだったりで中々出演情報や番組をチェックできずにいます…(>_<。)

そんなこんなで今日は就活の話をちょっとしてみたいと思います。
私はまだ周りに比べて全然就活が進んでないなくて、志望業界すらまともに絞れていない状況です…。就活情報サイトでのブックマーク数もかろうじて二桁いくぐらいで、企業ごとのセミナーにはいくつか行っていますが、合同説明会は一度も足を運んだことがありません。TOEICも1年の頃に受けたっきりで期限も切れていたのに、確認不足で次に受けようと思っていた回の申し込み締め切りを逃し、急遽学校で受けられるものを受験したというほどです。

そんな中、エントリーした企業の内の一つのES(エントリーシート)について考えていてやっと思いついた、私が社会に出たらやりたいことがあります。それは、多くの企業の基本である「需要⇔供給(消費者のニーズ⇔製品、サービス)」という枠にとらわれて、消費者の求めに応じて実用性だけを重視して商品やサービスを形にするのではなく、諸費者が思いもつかないようなものを企業が形にしていき、それを見たり、手にした消費者の自由な発想を促す商品やサービスを創り出すことです。

「こういうことがやりたい!」という目標が見えてきたことで、これからの就職活動、少しずつですが、頑張れそうな気がしますこの極寒の大不況の年に就職活動が当たってしまった私を含む現大学3年生ですが、少しでも自分に合った企業に内定をいただけるように前に進んで行こうと思います

【今日の詩】

「いつの日も 向かい風を探す 風見鶏のように 真っすぐ時代と立ち向かい 生きてゆきたい 逃げ出さないように 流されないように 心に 深く深く 突き立てた 風見鶏」−風見鶏− byコブクロさん

今日の歌詞は長くなってしまいましたが、またまたコブクロさんの曲の中の一節です♪

まさに今の私にぴったりの歌詞だと思って選びました。この大不況の時期、なかなか就活が上手くいかなくて辛い思いもきっと沢山すると思いますが、決して逃げたり、周りの動向に流されたりしないように、強い気持ちを持って自分らしく進めていけたらと思っています。

一昨日で… 

2008年11月05日(水) 2時03分
一昨日の学祭3日目でついにサークルを引退してしまいました(>_<。)

その日を迎えるまでは直前までずっと練習がハードで寝不足続きだったため、早く終わって寝たい…とか一日は休養して、とか終わってからのことを考えてたんですけど、いざ終わってしまうとものすごくさびしいんだってやっと分かりました。

私が入っていたサークル(特にうちの学年)はメーリスの使用頻度がかなり高かったので、今にも明日の練習場所についてのメールが届きそうで何度もケータイを開いてしまいます。もういつもの曜日に練習でみんなと会うことはないんだなーと考えると本当にさびしくて、サークルがいかに自分の生活の一部になっていたか改めて実感しました。学部や学科がさまざまなメンバーが集まっていたため、なかなか授業で会うこともなく、今は予定として計画されている学年限定の打ち上げだけを楽しみにしています…

うちの学年は価値観や優先順位が多種多様で、それが原因で衝突が結構あったりサークルの特徴が肌に合わずにやめて行ってしまうメンバーも何人かいたので、その中でずっと残って一緒にやってきたメンバーだからこそ会える機会が減ってしまうのがすごく辛く感じられるんだと思います。

2、3日は何も手につかないままになってしまう気がしますが、サークルで培った粘り強さをばねにこれからの学校生活や就活を頑張ろうと思います。

【今日の詩】

「短い針が止まれば 長い針も止まる 同じ痛みを分け合える事 いつしか 喜びに変るから」 −時の足音−by コブクロさん

私は2年半、サークルをやってきて、すっごくこの言葉の意味がわかる気がしました。活動をしていく上で辛いこともたくさんあったけど、同じ痛みを味わってきた仲間と負けずに続けてきたことで、最後に最高のステージを作り上げることが出来たんだと思っています。

初♪(o^_^o) 

2008年09月13日(土) 1時54分
なんと今まで20年間生きてきた中で人生初のバトンに答えてみます(笑
時間がないのでバトンの答えだけですが、こちらです☆
コードブルーバトン
Q1 このドラマについて…
医療系のドラマは全然見ない私でも本当に面白かったです☆
Q2 キャストについて…
新垣結衣さんが好きなのがきっかけで観始めましたが、他のキャストの方の演技も最高でした(o^_^o)
Q3 登場人物について…
いろんな性格と目標を持った医師が集まっていて、話を面白くしていたと思います♪
Q4 好きだったお話…
やっぱり最終回です!
Q5 好きだったゲスト…
第1話の川島海荷さんです。彼女が出演していた「LIFE~天国で君に会えたら〜」という映画を観て感動したので…
Q6 印象残ったシーン…
腕の切断手術を受ける直前の栗山美樹の手を、藤川先生が握り締めたところです。
Q7 ここが気にいらない…
個人的には血があからさまに映されている映像が苦手なので血のシーンが…まぁ医療系のドラマなのでしょうがないですけど(^_^; A
Q8 ここが良かった…
主人公が一人ではなかったので、いろんな登場人物の心情の変化が描かれていたこと
Q9 主題歌について…
Mr.Childrenさんは以前から好きなので、主題歌もすごくいいと思います♪
Q10 最終回が終わって…
好きなドラマが次々と終わってしまってなんかさびしい気分です(>_<。)

日本の未来… 

2008年09月05日(金) 22時58分
何か大それたタイトルで記事を始めちゃいました…かなり久しぶりの投稿です(´Д`;A

今、日本は福田総理の突然の辞任と後任選びのための総裁選の事で大きく揺れていますよね。福田総理の辞任のニュースを初めて観た時、彼の辞任発表間際の数々の無神経な発言(北京五輪に出場した日本選手団に対する「せいぜい頑張ってください」という発言や、辞任会見の際の記者に対する「あなたとは違うんです」発言など)に失望したのと同時に、まだ記憶に新しい木村拓也さん主演のドラマ「CHANGE」のことを思い出しました。私はこのドラマにかなり心動かされるものがありましたが、観終わったときに感じたことを少し書きたいと思います。

このドラマを観て私がまず第一に感じたのは、朝倉総理のような総理大臣が本当に日本の政治を取り仕切っていたら日本は国民の幸福度で世界のランキングの5位以内にはきっと入れるだろうなと言うことです。現在国民の幸福度が世界一とされているのはデンマークですが、これはデンマークには国民の目線に立って作られた、国民が本当に必要とする社会福祉制度や法律が充実しているからです。

しかし、現実問題として、朝倉総理のように国民のために全てをささげることは到底無理なことです。政治の世界には、理想だけではカバーすることのできない多くの事情が存在するからです。でも、そこで私が思うのは、次の総理大臣になる人はどうか、そのような事情を決して手を抜くための「言い訳」にだけはしない人であって欲しいということです。大変になったら投げ出す、そんな気持ちでは日本は成長できないままだと思います。どんな事情があれども、それはさておき最善を尽くすことは怠らない、そんな姿勢の人が日本を引っ張ってくれれば、少しでも日本はいい方向へ向かって行けるんじゃないかと、そう思います。

【今日の詩】

「君に似合う色探して やさしい名前をつけたなら ほら 一番きれいな色 今 君に贈るよ」 −Gift−by Mr.Childrenさん

この曲はご存知の通り、NHKの北京五輪テーマ曲です♪この歌詞は、一人ひとりにとっての、大きく言うと人生そのものや、もう少しスケールの小さいところでいうと夢などにおいての最高到達地点は違っていて、必ずしも「金」を取ることが誰にとっても最高なわけじゃなく、どんな色のメダルでも世界一幸せと感じられる人がいるんだなと改めて感じさせてくれるものです。人それぞれ幸せの感じ方は違っていて、いつか私も自分にとっての最高に幸せな「色」に出会えたらいいなと思います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結詩(ゆう)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
日々いろいろな出来事や作品に心を動かされる生活。そのありのままを書いていきたいと思っています♪
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる