園田学園女子大学 ソフトボール ウインドミル コツと練習方法

September 25 [Thu], 2014, 21:08


小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法では、園田学園女子大学の練習内容が紹介されていて、小学生・中学生でも再現できるように難易度を数段階下げられています。

もう一つ工夫されているのは、モチベーションをなかなか高く維持しづらい子供のために、楽しく練習に取り組めるように配慮されている点で、子供たちが積極的に練習に参加するようになりますので、同じような練習をダラダラと続けるよりもずっと練習の効果が高くなります。

小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法では他にも、簡単なノックをする場合でも、進め方・撃ち方を変えることによってどんな意味が生まれるのか?も具体的かつ論理的に解説されていて、実際の試合で起こりうる様々な状況に対応できるスキルを自然とノックの中で身につけることができます。

子供たち一人一人が考えてプレーできるようになるのが、小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法を使う最大のメリットで、指導者が一方的に練習を押し付けているうちは、考える力を養うのはなかなか難しいものの、練習内容を工夫することによって、子供たちが考えざるを得ない環境を生み出すことができます。


強いチームと弱いチームを比べると、確かに数えきれないほどの違いを見つけることはできるかもしれませんが、ないものねだりをしたところで何の解決にもなりませんので、あなたのチームでできることをコツコツと続けていくしかありません。

園田学園女子大学の小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法ならば少なくとも、下手な練習をするよりはずっと効果が期待できますし、子供たちのやる気もモチベーションも自然と上がっていきますから、短時間でも今までにない上達ぶりを実現することだって可能になります。

どんな風に指導すれば良いのか方向性に一貫性を持たせることができず、いろんな練習法を試しては空振りを続けるのは今日で終わりにして、
試合で起こる様々な状況に対応できる実践練習に楽しみながら取り組んでいき、負けてばかりだったライバルチームをコテンパンにやっつける爽快感を味わってみませんか??



園田学園の小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法で、負ける悔しさばかり味わい続ける前に、試合で連勝を重ねるソフトボールの本当の楽しさを体験するにはこちら



アキュモード式
海野真理

園田学園女子大学ソフトボール ピッチング 投げ方動画

September 25 [Thu], 2014, 20:57

自分ではこれなら強くなる!と自信のある練習メニューを実践してみても、期待したほどの効果が現れることはなく途方に暮れていたとしても、
上手なチームがひそかに重視していた上達のポイントを練習に取り込むことができ、試合で結果を出せる本当に実力を身に着けられる練習法がこちら




あなたも、勝てない理由ばかり思い浮かぶレベルはさっさと卒業して下のようになりたいと思いませんか??

どうすれば守備がうまくなるのかわからない

一生懸命に練習しているが上達しない

ソフトボール未経験なのでうまく指導できない

クロスプレーがとにかくいやだ


ソフトボールの強いチームを見てみると、実績も指導力も兼ね備えているコーチや監督がいたり、もともと運動神経やソフトボールの素質に恵まれている子供がたくさんいたり、分厚い選手層が出来上がっているなど、自分のチームにはない優れた点を探していくといくらでも見つけることができます。

ソフトボールの試合で勝つためには、確かに基本的な個人能力を高めることに加え、チームワークを駆使してアウトを取ったり、点数を獲得していく必要です。あなたも普段の練習で基礎練習と全体練習をバランスよく取り入れるように心がけているかもしれませんが、チームを育てるにはやはりどんな練習をするか?が大きなウェイトを占めています。

極端な話、才能のある子どもは、どんな練習をしても不思議なくらい実力を伸ばしていくのに対し、普通の子供はさっぱり実力が伸びず、同じレベルで停滞気味になります。練習してもほとんど上達できなければ、練習に対する意欲は自然に下がってしまい、練習の効果もますます下がっていきます。

あなたがどれだけ熱心に指導していたとしても、肝心の子供たちのやる気が低ければ、いくら厳しく練習をしても↓のような悩みが解決されるめどは絶望的です。

ソフトボールセンスが向上する

送球コントロールが良い選手になれる

無駄なプレーが激減する

多少の不安や恐怖に負けないプレーヤーになる

上手なチームと下手なチームを比べると、上手なチームほど一つ一つの動作に無駄がなくテキパキと動いているのが分かります。逆に言うと、下手なチームは、プレー中にどうしてもあたふたしてしまう場面が多く、雑な動きが多いのもはっきりとわかるのですが、動作に無駄があるのは様々な弊害があります。

余計なことをしてしまいミスを生むリスクが高まるだけではなく、後半になるにつれて疲労の蓄積が相手チームに比べて増してしまうため、それがさらにミスを生むことになります。ヘロヘロになった子供たちの様子を見ると、どうしても体力づくりの練習を追加したくなりますが、本質的な原因は違うところになり、そっちを先に潰さなければ、同じミスを何度も繰り返すことになります。


園田学園女子大学の小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法は、ソフトボールで求められる基本的なテクニックから上級者が身に着けている高度なテクニックまで幅広く身に着けることができる練習マニュアルで、試合で負けないために、ミスなくプレーできるように導いてくれます。

園田学園女子大学とはちなみに、数々の大会で優勝・準優勝を重ねているのであなたも名前を見かけたことがあるかもしれませんが、全日本大学選手権大会では2011年からの2連覇を含めで6度も制覇していますし、インカレでも優勝2回という実績を上げています。

特に総監督兼部長として板谷昭彦さんが就任してからの13年間で目覚ましい活躍を果たしており、大会に出場すれば優勝候補の筆頭、そして3位以内入賞が当たり前といった常勝チームとなっています。

これだけの成績をコンスタントに上げているわけですから、園田学園女子大学ではさぞ、厳しく高度な練習をしているのかというと、決してそんなことはなくて、基本に忠実にやるべきことを淡々と続けているのが事実で、練習内容には決して派手さはなくどちらかというと、地味な印象を持つと思います。



しかし、こういった基本を重視したトレーニングこそソフトボール上達には非常に有効で、本当の意味で基本が充実して身についていると、プレーに無駄な動きがなくなっていき、キビキビと体を動かせるようになりますし、後半になっても疲れが必要以上にたまることはなくなります。

→→実際の試合で役立つ素振りの仕方もわかる園田学園の小・中学生から試合で勝つ!TOP校の実践練習法で、子供の才能をつぶす悪い練習の仕方とは?



ぶるツヤ 口コミ|ぶるツヤアイロンの価格はどうなの?
アメリカでクレジットカード|使い方や支払いについて
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット

ブログランキング

PVランキング