なぜ安全衛生責任者が必要なの?

October 18 [Wed], 2017, 9:18
建設工事現場では、請負契約関係にある事業者が同一の場所において、
1つの仕事を行うケースがあります。
また、それぞれの事業者に雇用される労働者が混在作業を
行うことによって労働災害を生じる可能性もあり、
それを防止しなければなりません。
そのためには、その現場全体を統括管理する体制が重要であり、
建設現場の安全衛生水準の確保を図るためには、
元方事業者により選任される統括安全衛生責任者等のみならず
関係請負人により選任される安全衛生責任者が管理監督者として
適切に職務を励行することが肝要です。
一方、現場で直接労働者を指揮する職長の労働災害防止に
果たす役割はますます重要となっています。
安全衛生責任者には、このような職長が選任されることが多く、
この場合、職長としての職務だけでなく、
安全衛生責任者としての職務をも的確に遂行する必要があります。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――