2:8 

2005年11月01日(火) 20時59分


パレートの法則。


イギリスの経済学者ヴィルフレード・パレートによって発見された法則。

自然現象と違い、社会現象は左右両端に行くにつれて低くならず、八割の減少が二割の原因で分布していることを証明した。

現在ではほとんどの社会現象に当てはまると言われている。

 全体の2割程度の高額所得者が国全体の所得の約8割を占める

 売上高の八割は、二割のお客からの売上である。

 利益高の八割は、二割のお客からの利益である。

 クレームの八割は、二割のお客からのクレームである。

 コストの八割は、二割の原因による。


穴もかなりあるような気もするけど・・・

Can Y'see It Now? 

2005年10月25日(火) 0時59分



良心。― 便宜の異名。


侮蔑。― 他者の中に自己をみること。


安息。― 何所でもいいのだ!ただこの世の外でさえあるならば!

補助輪付き人生。 

2005年10月20日(木) 1時19分


何年か前に「同じ時間は時間でも体感時間は相対的なんじゃないか??」こんな疑問を懐いて、答えを探し求めた事を今日ふと思い出した。

平たく言うとこんな感じ↓


   ・友達とUSJに行ってはしゃぎまくって遊んだ6時間。
  
   ・ノンストップ休みなし、鬼教師の数学VC補講6時間。


同じ6時間でも体感時間の差は歴然・・・(;´−`)
 
結論から言うとこの問いに対する答えはあるサイトの中にあった。


そのサイトから文章を拝借↓

≪子供のころのほうが,時間がたつのが遅かったというのはだれしも感じるところだろう。この説明のひとつに,人間は今まで生きてきた時間との対比で時間の経過を感ずる,というのがある。

たとえば1歳の赤ん坊にとって1年とは,いままで生きてきた全時間と等しいが,50歳のおっさんにとっての1年は,人生の50分の1でしかない。

それでいちおう納得だが,話はもっと定量的にならないだろうか。

いいかえれば,そういう人間の主観的な時間,つまり「体感時間」ではかると,自分は人生のこのあたり,というのを量的に計算することはできないだろうか。≫


 http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/dye_boots/showpage.cgi?OhtaniNakamura


↑このサイトではこの考えを数式にし、寿命が80歳の場合、自分の今の年齢で人生の何パーセントが過ぎ去ったのかを示してくれる。

因みに19歳の自分は69%人生が終了。

又、年を重ねるごとに能力(感受性など)が落ちる為、時間の経過が速く感じられるのだ。といった説もある。



年年歳歳 花相似たり      (年ごとに咲く花は変わらぬが
歳々年年 人同じからず      年ごとに花を見る人は変わっていく)

 ―劉希夷  代非白頭翁

自己顕示欲。 

2005年10月18日(火) 23時54分


英語の勉強に厭きたので、ちょっと休憩。


今日1日はごく平凡で退屈。なので数日前にJJのブーツショーを観に行った事を・・モデルは思ったとおり凄く凄く綺麗な人ばかりだった。顔もスタイルも日本人離れ・・しばらく眺めているうちに自然と程度の低い妄想をしてるオレ(猥。


・・てか今思ったけどあの人達何等身ぐらいあんねやろ??
日本人の平均は確か7等身前後って誰かから聞いたような・・んじゃ8ぐらい??いや9ぐらいってそこまで行くとバケモノか(呆


それにしてもモデルの人達自信に満ち溢れて、やたらいきいきしてたよなぁ・・眼福ご馳走様でした。機会があればまた行きたい。


ショーが終わるとファッキンへ・・いつものように友達と猥談→パチスロ→終電で帰る(完


Mr.TIME WASTER 

2005年10月14日(金) 0時43分


時間が有り余れば、時間の大切さと云う当たり前のような事をも見失い、何をするわけでもなく、唯だらだらと過ごし、畢竟時間を浪費してしまう。

また生活に対する外発的な刺激が極端に少ない、拘束時間が極端に短いというような生活もまた、上記の理由で堕落するように思う。―現に今、退廃的生活を送る。

「自由のあるところにレゴラ(秩序)はない」

広義にはあてはまるかも・・・

UFO〜桃色淑女〜 

2005年10月12日(水) 2時03分


現代はUFOや異性人の存在を信じるものは少ない。

否定派の人間は「UFOを見た!」と聞くと、肯定派の人間を夢想家だと非難する。


ではなぜその話を信じないのか?

―UFOなどを見るものは迷信に囚われて居るからである。

ではなぜ迷信に捉われているのか?

―UFOなどを見るからである。

こう云う人物の論法は一見正しく見えるが、唯の循環論法に過ぎない。


又、地球が属する銀河系だけでも1.000億の星があると言われている。

更に銀河系のような星の集団が今判っているだけで1.000億以上あるそうだ。


絶対に存在しないと考えるほうが、明らかに不自然で非現実的。

非現実的な事を自信を持って思う者が夢想家である。

それならば彼らこそが彼ら自身が見下す夢想家ではないのか・・・

ボヴァリズム。 

2005年10月10日(月) 2時09分


恋愛の煩悶から自らを救うのは、固い意志(広義には理性)と云うよりも、寧ろ多忙か(?+_+)

女の事を考える隙も自らに与えない。と云うこの荒療治・・・

物事が手に付かないので雑務に忙殺される以前の問題。と考えることもできない訳じゃないけど・・・何が有効なのかは一朝一夕では考え付かず(´-` )

恋愛が完全に行われるには何よりも時間が重要な要素であるとも思う。

ある芸能人は「優しさ」は「どれだけその対象に自分の時間を割けるか」と定義していたし。

ケルト神話の「トリスタンとイゾルテ」、ゲーテの「若きウェルテルの日々」、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」、「タイタニック」のジャックとローズにしても皆、挙って閑人ばかりだ・・・

もちろん時間の他にも大切な事はあると思う。それこそ相性とか・・現に自分自身、時間はあったのにこの夏は失敗したからなぁ・・鬱( -_-)

まぁよく考えれば瑣末な事かもしれんけど、未だに慢性的に虚ろな気分。
―「瑣事に喜べば、瑣事に悩む」と云う金言もあるというのに!

感傷主義者な面の自分は、一見不幸な境遇を存外楽しんでいた。

と思わないわけでもないけれど・・・

コウノトリとAnalyze Me 

2005年10月08日(土) 2時27分


19年前の正に今、自分は生まれました。

自分が生まれた意味は・・何なのか??

死んだらどうなるか・・・等々。

生死に対する知識欲は彼自身半端ではありません。

妄想癖のボタンを押してしまうと手がつけられなくなる彼。

生死から永遠、宇宙へと空想しまっくって・・・突然ですが疲れたので寝ます。


オレ、おめでとう。   ―ありがとう、オレ(寒

ダビンチは言った・・・ 

2005年10月06日(木) 22時40分


「幸せが来たら躊躇わず前髪をつかめ ―後ろはハゲているからね。」

この一つの警句で俄かダビンチファンに・・・

唯、この言葉を深く掘り下げる気持ちは起きなかった。ただちょっとおもしろかっただけだから(・∀・ )

「コンスタンツィア、はじめるひとは必ずしも守る人ではない。」とか

「點とは精神も分割しえないものである。」とか比較的晦渋な事をよく仰るもんだからつい( ´∀`)

「尊大な人間ほど失敗が面白い。」と云うビートたけしの名言をこれで再確認。―もちろんダビンチの場合、失敗ではなくウィットに富んだジョークであるが・・・

無意識下の君へ・・・ 

2005年10月04日(火) 2時13分

今、思えばこのブログ「日記」じゃなくて「回想記」と化してる_| ̄|○

どれだけ未練たらしい男か・・・笑ってくれぃ(´・ω・`)

まぁ今回も例に洩れず回想です。半回想です。

やたらとここ数週間、高校時代を回想する。

高校時代が楽しかったから、楽しくない今、昔をよく思い出すんだよクソぼうず(□ヘ□)

・・と言われればそうかもしれないが・・何か引っかかる・・何か・・・


無意識下に何か??

何年も前に見たスーパーの店員の顔をふと思い出す。
―特別に美しくも不細工でもない、極々普通の女の顔を・・

小学生の時に見始め、未だに見る「プールサイドに転がる死体の夢」

無意識に意識しているもの。

何か意味があるとしたら何だ??

2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:songbird-77
読者になる
Yapme!一覧
読者になる