自費出版の注意点

January 17 [Thu], 2013, 14:34
自費出版という方法は、自分が費用の全額を出す必要性があります。
つまり著者に対するリスクが大きいのが特徴で、
実際、自費出版トラブルは、著者と業者間の金銭的トラブルが多いのです。

中でも良くあるパターンが「お金だけ取られたのに、最初と話が違う」というものです。
細かく分けると、「前払いで費用を支払ったのに、本が出版されない」、「書店に本が並ぶはずが、並んでいない」、「多額の費用を提示された」等です。

これらトラブルを防ぐ為には、「健全な業者選択と、業者との話し合いの徹底」が非常に大切となります。
これは通常のビジネスにも通ずるものです。

実際問題、どんな業種においても、料金は安いのに人気がない業者というものが存在します。

その理由は、他より料金が安くても、他よりサービスや対応(態度)が悪いからです。

この例は、自費出版業者を選択する際にも原点となるものなので、
もう一度しっかり再認識したうえで業者選択を行なって下さい。

その他の自費出版の注意点としては、本の内容や著作権問題などがあります。

自分の書いた本の内容により、他人に損害を与えた場合は「損害賠償」。
精神的な苦痛を与えた場合は「慰謝料」を請求される事があります。

ただ、これらは自分が健全に原稿を書いていれば防げるものです。


熊本県宇城市 甲斐整骨院 松橋院
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:このは
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/somuch1/index1_0.rdf