不思議の国のアリス 

December 12 [Sat], 2009, 16:32
『不思議の国のアリス』(ふしぎのくにのアリス、Alice's Adventures in Wonderland )は、イギリスの数学者にして作家チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが、ルイス・キャロルの筆名で1865年に出版した児童文学である。この作品では、白ウサギの縦穴を通り抜けて、人間の言葉を喋る動物や人間のようなトランプの札が住むファンタジーの世界へ落ち込んだ、アリスという名前の少女の物語が語られる。
『不思議の国のアリス』の本文には、ドジソンと友人たちに関わる逸話や、イギリスの学童が暗記させられる授業を風刺した引喩が数多く含まれている。不思議の国の論理で演じられる物語は、世界中の大勢の子供達と、同じく大勢の大人達の間で親しまれ続けてきた。
本書の原題の直訳は、『不思議の国でのアリスの冒険』となるが、日本では後述するように『不思議の国のアリス』の訳題で知られている。英語でも、しばしば省略形であるAlice in Wonderlandの題名が使われる。この略題は近年の本作品の映画化などによって、広く用いられるようになった。
本書には『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)と題された続編があり、両編の要素を組み合わせた映像化が何度もおこなわれている。

PH - 禍罪の子 

October 25 [Sun], 2009, 6:00
紅い眼を持つ人間への差別用語。災いを齎すとされ、紅い眼の人間は厳しい迫害を受けていた。50年前には既に忘れ去られていたが、かつて100年前に生きていたヴィンセントは、辛い幼少時代をおくった。ヴィンセントやブレイクがこれに該当する。

PH - サブリエの悲劇 

October 22 [Thu], 2009, 21:46
100年前の出来事 - バスカヴィル家によってかつての首都・サブリエがアヴィスへと墜とされた事件。被害が国全体へと及ぶのを四大公爵家が食い止め、バスカヴィル家が所有していたアヴィスへの5つの扉のうち4つを手に入れたという。アヴィスの意志もこの事件に関わっているものと考えられる。
バスカヴィルが沈黙していた期間とサブリエの悲劇からの経過年数を同じ様に「100年」と言っているため、100年という数字は概算と見られる。


PH - バスカヴィルの民 

October 18 [Sun], 2009, 1:20
パンドラと敵対する組織で、オズをアヴィスへ堕とした。「紅き死神」、「アヴィスの使者」などの異名を持つ。全員がフード付きの赤いマントを着ている。
その正体は約100年前に四大公爵家によって倒されたバスカヴィル家の者たちであり、パンドラと同じくアヴィスの意志を欲している。アヴィスへと繋がる5つ目の扉を持っている。

P R
http://yaplog.jp/someya/index1_0.rdf