daydream believer

2006年10月27日(金) 1時13分
私が本を閉じた時
勇者は 魔女や竜との
戦いを止め 剣を下ろす。

私が本を開く時
彼はまた 正義の下で
名誉を守る。

私が本を手に取る時
魔女は呪文を唱え
にやりと笑う。

誰かが本を書いた時
名前が付され
有らゆる物に命が宿る。

誰かがペンを置いた時
其処に在るのは
daydream 自由の世界。

大いなる自然の営みと、神様の選択。

2006年10月27日(金) 1時12分
シーラカンスが
『生きた化石』と
言われるのならば

パンダは
モノクロの時代のまま
生きる動物だろう

カメラがかつて
白黒やセピアだったように
パンダもまた、モノクロのまま

神様は
パンダを
中国に創った

人々は
パンダの白黒を
神の象徴として

水墨画を描く
白と黒

神様の選択
そして、大地の力

歴史が紡がれ続ける

まんまる ぽっかり

2006年10月27日(金) 1時11分
朝起きたら、おなかにぽっかりと大きな穴があいていた。
まんまるの穴が、ぽっかりとあいていた。

ためしに金魚ばちを入れてみた。
たぷんたぷん。僕も金魚もおどろいた。

ためしに目覚まし時計を入れてみた。
じりじりじりじり。うるさくて眠れない。

ためしにボールを入れてみた。
わーいわーい。子どもが僕からはなれない。

ためしにネコを入れてみた。
こしょこしょこしょ。くすぐったい。

ためしに地球を入れてみた。
ぽかぽか。あたたかい。

しばらく、地球を入れていた。

ある日、おなかが痛くなった。
おなかの地球が泣いている。
争い、貧困、別れ、悲しみ。

みんな、泣いている。

僕も、泣く。

そしておなかに手をそえる。
あたたまるように。

いつか、またあたたかい世界が訪れるように。

東京

2006年10月27日(金) 1時08分
さみしいよるには、商店街で林檎を買う。
地元産の、真っ赤な林檎。
店が閉まる前に、少し小走りで買いに行く。
コートを着ないで、手に取るのは、がまぐちとマフラーだけ。
走る。サンダルの音が響く。

せつないよるには、ひとつだけ林檎を買った。
地元のにおいがする果実。
シャッターが半分閉まる、少し焦って駆け込んだ。
ふくろはいらない。ポケットに、赤い林檎。
帰る。はく息が白くなる。

袖できゅっと林檎をみがく。
がりっとかじると、ひろがる、あまい味。
流れる涙は、林檎の果汁。
それでも、また明日から東京で暮らす。

seasons

2006年10月27日(金) 1時07分
一月生まれはイチゴがすき。
二月生まれと虹を見る。
三月生まれの賛美歌を聴く。
四月生まれと勝負をする。

五月生まれにごあいさつ。
六月生まれと六時に会う。
七月生まれの七五三。
八月生まれが住むのは八王子。

九月生まれはクイズが得意。
十月生まれの獣医さん。
十一月生まれが拝む十一面観世音。
十二月生まれは自由に生きる。

一年三百六十五日、なにかがすきで、どこかで生きる。

ボクは王様

2006年10月27日(金) 1時05分
ボクは王様、あいうえ王
かきくけ国の王様だ
 
さしすせ草を食べて元気をつけて
たちつて島へ、いざ向かえ!
なにぬね野原をひとっ跳び

はひふへ洞穴見つけたぞ
まみむめ森をぬけた場所
やいゆえよよよと泣き姿。そこには
らりるれ牢屋に入ったお姫さま

わたしはあなたを助けに来ました
をんをんうなるドラゴン倒し助け出す
 
あなたをむかえにまいりました
かえりましょう、お姫さま
さあさあ、温かいスープを召し上がれ
たいへん疲れているでしょう
なぜドラゴンにつかまっていたのですか

はい、私は悪い魔女に
まほうをかけられ
やむなくあちらへ
 閉じ込められていたのです
らいおんのごとく気高き勇者が来なければ
わたしは一生牢屋に入っていました
 
あいうえ王様
ありがとう
あなたは
あたしの勇者です
★コメントさん★
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sometime-asami
読者になる
Yapme!一覧
読者になる