金沢旅行の感想(というより彼氏との初旅行の感想) 

2004年11月29日(月) 1時27分

結論から言うと、
大変楽しゅうございました。

彼は、一回も「どうでもいいので勝手に決めてください」とは言わなかった
常に私の意見と彼の意見をうまく調整して
より楽しくなるように心掛けてくれた

旅行に行きたい、と言い出したのは私
あまり乗り気でなかった彼に逆切れして、「困った子だねえ」と言わせつつ
金沢ならいいよ、と言ってくれた

正直私は金沢に興味は無い
いつか行ってみたい、とはもちろん思いますよ
でもそれは、おばあちゃんになってからでいいじゃん。って思う
海外も、ヨーロッパよりインドとかアジア方面とかそっち系に興味があるし

兼六園は素晴らしかったし
前田家の歴史や芸術も堪能したけど
私にとっての金沢旅行のベストは、
彼と一緒に歩いた時間でした

旅行に行って大丈夫なら、多分これからずーっと大丈夫だと思うの
今あれが食べたい、と思う時間と対象が同じだし
疲れるタイミングも一緒
ここまで払っていいな、と思う金額が一緒
価値観が似てるってこういうことよねーと思いながら

要は何が言いたいかと申しますとね
興味のない金沢でも、彼と一緒だと楽しかった
だから私はこの人と結婚しよう(おいおい結婚はひとりで決めるもんじゃないから)
と思ったということです

多分あの人となら、どこで暮らしてもさみしくないと思う

収穫色々ありました
彼が将来について考えていること、迷っていること
腕を組んで歩けたこと、キスをたくさんしてくれたこと
彼が私をかなり正確に理解しているらしいことがわかったこと
私が彼を愛しているときちんと伝えられたこと

えへへ

彼がね、
「最近僕さみしがりやになったのかもしれないんだよ
 名古屋でひとりはちょっとさみしかったんだよ」
って。
いや、それふつーだろ。と思うけどね
彼にとってはびっくりな出来事なんだよー
多分、私が隣にいればもうちょい楽しいのにな、と思ったに違いない、たぶんだけど

また旅行いこっと、国内旅行って楽しいね〜
あと、アジア嫌いな彼のために欧米へ
彼は確かに腰は重いけど
お膳立てすれば最後は全てリードしてくれるから

金沢旅行2日目(11月18日日) 

2004年11月28日(日) 23時57分
 8:30 「ちのさん、何時まで寝る?」という彼氏の声で起床
      即お風呂
10:00 ホテル出、にし茶屋街散策
11:00 妙立寺観光
      (忍者寺の異名を持つ。日光江戸村よりよっぽど忍者っぽい
       忍者とは何の関係もないらしいが)
12:00 おやつ(ホットドック食)
      そのまま長町武家屋敷跡へ
14:30 ランチを近江町市場の「井ノ弥」にて(海鮮丼食、ビール飲)
16:00 金沢駅出
19:00 羽田着
      飛行機を眺めならが軽く飲んでおしまい

金沢旅行1日目(11月27日土) 

2004年11月28日(日) 23時46分
旅行行ってきましたto金沢with彼氏

 8:00 羽田待ち合わせ
11:00 ホテル(片町)着
      ぶらぶらとお店を覗きながら散策
12:30 ランチat近江町市場の「刺身屋」(海鮮丼食、激うまー)
      金沢城公園経由
      兼六園(ぜんざい食)
16:30 徒歩でひがし茶屋街(抹茶とお菓子食)
19:00 片町の「いたる本店」(ぶりかま・生牡蠣・香箱ガニ等食、日本酒とビール)
      おしゃれなバー(名前忘れた)(甘いカクテル飲)
23:00 ホテルにて就寝
      

11月26日(金)のこと 

2004年11月26日(金) 20時51分
つぎぃっっ

要はひまなのです

明日のために早めに帰ってきたものの

●今日食べたもの

朝 : おもち(砂糖醤油)×1コ、食パン×半分、豆乳コーヒー、特製豆乳ヨーグルト
昼 : スープヌードル
夜 : ねばねばサラダ、鍋ラーメンなど(今母親が準備中)

食べすぎだろう。
今日は夜食べないぞって、心に誓ったのにな
といいますか、「鍋ラーメン」ってなんですか


あと今日のことと言えば・・・
あっ
お父さん21時に帰ると予告していて本当に21時に帰ってきやがった!
えらすぎ

今日はね
私は赤坂が好きだなあ、と思ったのと
お昼、会社の先輩(他部署)におごってもらっちゃってラッキーだなあと思ったのと

あ、スープヌードルと鍋ラーメンは違うよ、多分
スープヌードルはイタリアンだったの
まぎらわしい

あと
医者からマメにメールが来る
なんじゃらほい
なんだかもう状況に飽きたので返さないことにする。

要は何も無かったということですね。
でもヒマなのにも慣れてきたよ
人間は慣れる動物とは「夜と霧」だっけ?を書いた人も言ってたと思うけど

何でも慣れる
(身体的な痛みはわかんないけど)
状況には、慣れる。
早起きにも長い労働時間にも
孤独にも
つらいことは、しばらく首をすくめて待てば、慣れる
と私は思う

最近良く思うのですが
私の財産は
「健康体」と「経験」だなあ、と

私は健康です
何やっても壊れない
テニスで故障したこともないし生理痛無いし頭痛って何かわかんないし
あるのは持病のヘルペスくらい
だから、頑張れるのですよね

あとは
「あの時もダメだと思ったけど、何とかなったじゃないか」
「これだけ努力してダメならもう無理だな」
「自分にはこれだな」
と、色んな局面で参照できる経験があること
ま、部活と受験と習い事だけなのですが
最近仕事も加わったかな

子供にもそういう経験させてあげたい
ということは、やはりある程度の我慢はさせないとダメですね
あ、自分の限界を、勝手に設定してはいけないけど、
なんとなくわかるようにしておくということ?
身の程を知るということか
ある程度の無理は評価されるけど
一定限度超えるとイタイからねえ

なんだかまたよくわからんくなってきたよ
無理やりまとめちまうと
これから一緒に鍋ラーメンを食べる両親に、感謝ということかな

はら減ったぞ〜(19:00) 

2004年11月26日(金) 20時33分
父親が帰ってきたらごはんになるんだって

しごと
ちょーよゆーなんすけど
どーゆーことですか
1ヶ月ちょっと前の私は何を苦しんでいたのですか
いやいややることはたくさんあったのよほんと

あの頃アシスタントさんに業務投げる準備してたからかなあ
産みの苦しみってヤツ?
今は指揮だけしておけば事がスムーズに進んじまうからね

去年の今頃、普通に忙しかったなあ
何に忙しがってたんだっけ?ってかんがえてみたら

私去年度の4月に今のポジションに異動したのね
昨年は全てが初めてだったのよ
だけど私の先輩(29)は、今の時期に動く仕事に関しては
ファイルを「はい」って渡して
何のフォローもしなかったのよ

当時の私は
「ああ、それだけ簡単で誰でもできる仕事ということなのね」
という認識を持った。
非常にプレッシャーを受けつつ
そして失敗し人に迷惑を掛けその都度怒られまくり
(しかも先輩は「俺ならもっとラクに早く上手に出来るし、昔から出来た」と自慢げに怒る)
もう自信喪失の極致でしたわよ

今この仕事把握した上で考えると
そんなに簡単な仕事じゃないって!やっぱり。
いや自慢してるわけじゃなくて(自慢げだが)
私かわいそう。ホント。おつかれ、自分

裏を返してポジティブに考えてみよう
先輩は私を彼なりに評価しているに違いない
だってあの仕事失敗したら大変なことになるのよ
それをいきなり任せたんだから
うむ
いやしかし
他の仕事は結構丁寧に教えてくれたのに
なんだってこの仕事だけあんなに丸投げだったのやろう
いや、確かに覚えちゃえばオチャノコですが
覚えるまではなあ
先輩、大丈夫すか
先輩として大丈夫すかー

この話はここで終了

次行こう

うむむ(21:00) 

2004年11月25日(木) 22時48分
特に書くことが無い

彼氏がセミナーというかシンポジウムだかなんだかで
名古屋に行っています
電話したら
ひつまぶし食べた後、ひとりで駅ビルに昇ってビール飲んでます
ってさ。

ほんとあの人は一人遊びがうまい。
尊敬するわその辺
ひとりでフランス旅行したことがあるらしいんだけど
その時もひとりで凱旋門の上に一日中いたらしいよ
それなりに、楽しいらしい
私そういうの苦手だからさー
ひとりが苦手だしゆったりした時間を楽しむことが苦手
生来の貧乏性なんだよね
だから、彼のようなタイプになついてしまうの

ブレスレットが無い



綻びてます(19:30) 

2004年11月25日(木) 0時52分
●彼氏が珍しくメールを送ってきたと思ったら
こんなサイトだった↓
ここ
「見てみて。びっくりするから」って。
私と彼氏の誕生日で占ってみたらさー
相性が良かったわけよ。またしても。

総合相性度 99.2%
運勢を高め合う相性です。どちらかが現在、不運のどん底で自殺を考えていようと、この相性の組み合わせで、一転して幸運の光に包まれるのはまちがいないでしょう。二人はお互いの運の救世主なのです。放してはいけません。惜しむらくは仲の悪いケースの多いこと。相性の良さに気づかず、なんとなく敬遠してしまう傾向です。そこを乗り越えなければいけません。金運も健康運もすべてが向上する相手なのですから。

だとさ。しかも私藤壺だし。うわーい。源氏の永遠のあこがれの人よー

●ゆーこの近況
「切ない」とか言うのでほれ見たことか。と思いながも
今日は絶対に彼女を否定しない、と心に誓って銀座に向かう

今回の不倫は、彼女の運命の恋愛に決定しました
彼女は人を外見で好きになる、ミーハーっ子で
だから合わないのに熱を上げて捨てられて傷つく、ということを繰り返していたの
仲良くなってから好きになる
と言う経験をしたことがないのよ。珍しいでしょ。
今回は、明らかに違うからねえ
もうおやりなさい。好きなだけおやりなさい。
というきぶんになりました。
今度紹介してもらいます
相手の人、ずるいくらい真面目なのよー
ある意味、ずるいよ。

ま、私はゆーこが好きだから彼女が意味のある恋愛をして
いつか切なくない恋を見付けられることを願って
今は見守ろうと思う
この不倫は、時間を無駄にしてないからいいと思う
肉体関係にまで発展したら、どうなるかわかんないけどねえ

●書きたくない・・・・
だが書く
彼氏からもらったブレスレット無くした
つべこべ言わず探します
綻びだ
反省だ
もー有り得ないよほんと

23日火曜日のこと 

2004年11月23日(火) 22時38分
(月曜日の日記のつづき)
で、朝7時に研修医の家を出て
そのまま彼氏の家へ

寝ている彼氏にキスしたら
「飲み会のにおいがする」
だって

うん。夜更かししちゃって(後他にも色々)ゴメンね。
ほんとは三田祭行くはずだったのにね
彼も夜中まで実験してたからどうせ行けなくなっちゃったんだけど

お風呂入って一緒に寝て、
のんびりDVDなど観て
夕方、あまりの空腹に外出しました
だって彼氏んちほんとになにもないんだもん
あそこまで炊事苦手な男の子って珍しいわよー。ほんとにー
研修医んちは色々調味料揃ってたけどなあ。彼女がやってるのかもしれないけどね

で、街へ出てイタリアンを食べて
私の先輩や彼の同期の結婚話にふたりで湧き(最近ふたりの回りは結婚ブームです)
彼の家のラグマットを選びました

眠くて眠くて
そのまま帰ってきちゃった

そんな休日でございました
乱れてるな。
これは、マズイ
全てがうまくいくことなんて有り得ないから、
どこかで必ず綻びが出るはずなの
早めに修正しておかなきゃ
昨日のことくらい、世間一般的に「アリっしょ!」で済まされる程度のことなんだろうけど
私的には、ナシだとする倫理観を忘れないようにしたい
身の程をわきまえず調子に乗ると、ろくな事ないからね

22日月曜日のこと(19:30) 

2004年11月23日(火) 22時15分
今さー結構長々と書いて公開をぽちっと押したらまたログイン画面に戻っちゃって
きいいっ切れそう・・・
もういい
手短に書く

●仕事はうまくいっていて、隣のきれいなオネエさまとも大丈夫です

●29歳の先輩が結婚式準備段階で
奥様となる彼女と初めてケンカしたらしい
理由は、先輩(男性側)が段取り良すぎて
どんどん決めていってしまうから。
先輩は、男性が非協力的で女性に不満がたまりがち、という一般論を知っていて
良かれと思っての行動だったのだが裏目に出た、と
先輩曰く
「結婚は女性主役のイベントだと実感。男性は、女性が悩み楽しみながら時間かけてじっくり決めたことに最後に賛同してやればいい。結婚とはそういうものだ」
ちのは考えました
ちの彼は
「あなたの好きにすればいいと思います」という態度ばかりで不満だが
それはそれでいいのではないか、と。
何でも私が主体でやることは、必ずしも悪いことばかりではないな、と。
贅沢言わないことにする

●医者(というか研修医)と飲みました
男4−女4だったのだが
男女とも4人中3人が恋人持ちだったので軽いノリの飲みでした
一次会は普通に居酒屋さん
二次会は男性のうちに流れ(男3−女2)、えっとごにょごにょごにょ
まーいいや
王様ゲームやることになっちゃいました
いやー久しぶりだった!恥ずかしかった←なにカマトトぶってんだよ
それにしてもヤツら・・・なんであんなに雰囲気作りがうまいのよ
ドキドキしたよー
まあソフトな感じだったので全然大したことしてないんだけども

そこでちのは思いました
彼氏はそういう雰囲気作り(主に仕草ね。女の子が総じて喜ぶような、振る舞いというかアクションと言うか、ええい具体的に言っちまうとキスする時に自然と両手で顔を挟み込むようなまねができちゃったり)が下手でよかった
そんな男は彼氏にしとうないです
そこは彼氏に求めないです
だってそんなことできたらもてちゃうじゃん!心配で仕方ないよ・・・

っつーか私は何をしているんでしょうね
っつーかお医者さん遊んでるねー・・・(一括りにすべきではないな、うん)
彼らはオール明けで寝ずに病院に行くらしい。元気ねえ
普通に連絡先交換して朝バイバイした
今度お鍋リベンジしよう、とメールが来たよー

月曜日は以上
(次の日記に続く)

ひー 

2004年11月22日(月) 0時05分
さみい

でも心は暖かいです
うほほ

●金曜(20:30)

同期オンナのコと軽くご飯とビールを飲み帰りました
仕事はうまくいっています

●土曜

4時半起き
3時間運転して一日テニス(OB招待練)
また3時間運転していったん家に戻り
その後レイトショーで「ハウルの動く城」鑑賞
2時就寝

長い一日でした
しかし
やっぱりサークルはイイネ!!
みんな素直でいいコなり
大学一年生は1986年昭和60年生まれですってよ
おやまあびっくらこきまろだよ

一年ぶりのテニスは、ストレスが溜まったけど楽しかった
テニスが、楽しかった
やっぱり筋肉が落ちてて
自分のイメージした所に、自分の思うとおりにボールが飛んでいかないの
これで決勝行ったことがあるなんて、現役を幻滅させちゃう。と心配になりましたが
(まあ私がうまかったわけではないんだけど)

私のプレースタイル、というか、決めていたことは
「自分より技術的に劣る相手に負けないこと」でした
一度でもスポーツに真剣に取り組んだことのある人ならよくわかってもらえると思うんだけど
これ、けっこう難しいのです
しかも私ダブルスだったしおまけに団体戦だったから
サークルの代表として試合に出ると身体を縮こまらせる要因けっこうあって
かっこいいテニスよりも強いテニスの方が重要になるのです

テニスは長くやっていたのもあり
テニスというスポーツの楽しみ、というよりはサークルとして勝利することの嬉しさの方が大きくなっていって

そのせいもあって、最近はラケットを握る機会がとんと減りましたが
テニスって、やっぱり楽しいな
しかしこの筋肉痛はきついな・・・・いたたたた

ハウルは、もう一度観たい映画リストに追加されました
ゼヒ観るべし

彼氏とは、うまくいってると思います
今まで付き合った人には
腕枕してもらったり抱っこされたりすることが当然で、嬉しいと感じていたんだけど
現彼に対しては
なでなでしてあげるから胸に顔をうずめて眠りなさい
って気分になります
多分、彼に、私に頼ろうという気持ちがかけらも無いからだと思う
もっと深いところで、信じてくれている感はあるからまあいっか、ということで

最近いい状態です
いいことといやなことのバランスに理不尽を感じない
不快感は自分の身から出た錆だと納得できる
精神的充足感をおぼえます

ということで今日は終しまひ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:solideaid
読者になる
Yapme!一覧
読者になる