PEARL 

2005年12月28日(水) 23時51分
PEARL 1997年 アルバム
ソロ活動をしていた田村直美が、またパールとして活動を再開したアルバム。
そのメンバーのラインナップに驚いた。ヴォーカルは、もちろん田村直美、ギターは、北島健二、ベースは、トニー・フランクリン、そしてドラムは、カーマイン・アピスというロック好きにはたまらないラインナップだと思う。
サウンドは、ハードロックの王道のような感じで、ブルージーなものからバラードまで、ストレートなロックがとても素晴らしいアルバム。

St.Bika 

2005年12月21日(水) 18時49分
外間 隆史 2000年 セカンドアルバム
「ある作曲家がノエという失語症の少女の体内に宿る旋律を基につくった音楽を一度だけ世界に向けて放送するラジオ局があったという話。」をコンセプトにしたアルバム。
音楽というのは、本当に不思議な魔法のようなものをもっていると思う。
前作で、火星に出掛けていった歌があるのだけど、無事、帰還した歌が収録されている。

that thing you do !(邦題 すべてをあなたに) 

2005年12月14日(水) 19時08分
映画サウンドトラック 1996年
トム ハンクス初監督作品。あるロックバンドの青春を描いた作品で、アマチュア時代のころから、やがてデビューして、大ヒットして、しかし一発屋に終わると言う感じで、バンドの歴史を綴った映画です。
このアルバムは、ほとんど書き下ろしの曲で、60年代のテイストたっぷりの楽しいアルバムです。

another sky 

2005年12月06日(火) 19時13分
グレイプバイン 2002年 5thアルバム
いつも、良質なセンスのいいロックサウンドを聞かせてくれるバンドで、このアルバムも変わらずいい曲を聞かせてくれています。
とくに、3曲目のBLUE BACKは気持ちがいい曲で、いろいろ考えたり、遠回りしてばかりだったり、人の真似ばっかりしたり、いろんなことがあるけど、この曲のサビの最後の詩の「んなワケねえよ!」で、すべてふきとんでしまいます。

冒険クラブ 

2005年11月30日(水) 19時07分
フェビアン 1988年 ファーストアルバム
少年時代、身近なちょっとしたことに興味を持ったり、遠くではなく、歩きや自転車で行ける、まだ行ったことのない場所に行って冒険した気持ちになったことがあった。

とにかく、じっとしていられない。

自分の中で感じる、不思議な冒険に出かける日々であった。

supernova 

2005年11月23日(水) 13時31分
バンプ オブ チキン 最新シングル
風邪などで熱を出したり、鼻がつまったりしている時、自分には体があって、呼吸が必要だと思うときがある。
また、君の存在だったり、自分のことだったり、本当に大事なものはなかなか気付かないものだと思う。
supernova(超新星)、ようするに輝く恒星の最後の姿であり、地球上でその星を確認できた時はすでに存在してないわけで‥。
本当に大事なものは、なくなってから気付くかもしれない。でも、本当に大事なものは、なくなっても忘れることはないだろう。

空耳の丘 

2005年11月16日(水) 19時07分
遊佐未森 1989年 セカンドアルバム
透明感のある声に、ちょっとノスタルジックなメロディが素晴らしく、とても癒されるアルバムです。
アイルランド、ケルト音楽の影響を受けているような感じが、とても良く気にいっています。
シングル曲の、「地図をください」は、ギターで参加の古賀森男の演奏を含めて、名曲だと思います。
また、一緒に入っている短編小説もなかなか良く、アルバムのコンセプトをより引き立てています。

エンド オブ センチュリー 

2005年11月09日(水) 19時24分
ラモーンズ 1980年 6thアルバム
3コードのロックンロールを、デビュー以来変わらず演奏しつづけたバンドで、このアルバムでも変わらずのロックンロールを聞かせてくれてます。
リメンバー ロックンロール レイディオ?やロックンロール ハイスクールなど、結構好きな曲が多いアルバムです。

プロローグ(序幕) 

2005年11月01日(火) 18時34分
中森明菜 1982年 ファーストアルバム
アイドル歌謡曲が流行っている時代に、「スローモーション」でデビュー、このデビュー曲は当時のアイドルソングの主流のような感じでしたが、次のシングル「少女A」で大ブレイクして不良っぽいイメージがついて、当時のアイドルたちとは一線を画した存在だったと思います。
このアルバムは、アイドルっぽい感じと、ロックぽい感じに、それとニューミュージックのような曲と、今後のいろいろな可能性を感じさせるアルバムだったと思います。

エイジア (邦題 詠時感〜時へのロマン〜) 

2005年10月26日(水) 19時35分
エイジア 1982年 ファーストアルバム
元イエスのスティーブ ハウ、元バグルスやイエスのジェフリー ダウンズ、元EL&Pのカール パーマー、元キング クリムゾンやUKのジョン ウェットンの4人組バンド
私が洋楽に興味を持ち始めた頃に、好きになったバンドで、スケールの大きな曲に、ドラマティックな展開と、初めて聴いた時はとても感動しました。
また、彼等のことをもっと知りたくて、プログレバンドを聴くようにもなりました。
ロジャー ディーンの書いたジャケットの絵もなかなか良く、気にいっています。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像たか坊
» J.I. (2005年09月15日)
アイコン画像たろ3
» J.I. (2005年09月15日)
アイコン画像たろ3
» OLD MY MIND (2005年09月05日)
アイコン画像竜骨
» OLD MY MIND (2005年09月04日)
アイコン画像たろ3
» OLD MY MIND (2005年09月01日)
アイコン画像たろ3
» OLD MY MIND (2005年09月01日)
アイコン画像たろ3
» プロポーズ (2005年08月21日)
アイコン画像たろ3
» プロポーズ (2005年08月21日)
アイコン画像たろ3
» プレゼンス (2005年08月18日)
アイコン画像たか坊
» プレゼンス (2005年08月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:solid-bond
読者になる
Yapme!一覧
読者になる