7月1日から全量買取制度がスタート:エコテラスから2つの太陽光発電シミュレーションソフトをリリース

July 05 [Thu], 2012, 18:08
2012年7月1日より再生可能エネルギーの全量買取制度がスタートしました。
全量買取制度は、主に事業用の太陽光発電を中心に適用されますが、
10kWh以上の発電量であれば、用途に関わらず住宅用でも適用され、
買取り期間も20年と長く設定されています。

これまでの余剰電力買取制度から、全量買取制度に代わることにより、
これまで以上に太陽光発電設置の需要は確実に増加します。

本制度では問題点もあげられています。太陽光サーチャージによる国民負担
が大きくなり、 先のドイツの様に膨大な太陽光発電を導入した結果、
固定価格買い取り制度(FIT)が維持できなくなる。
余剰電力の買取ではない為、省エネ意識が低下する。
などが言われますが、大きな方向性として太陽光発電の普及は加速的に
進む事は間違いありません。

その中で、太陽光発電導入時のシミュレーションとして、生活産業研究所
が得意とする 「日影の影響・日射量」の解析サービスが注目されています。
 
生活産業研究所では、そのニーズに応えるために、新たなサービス、
EcoPlannerPRO(エコプランナープロ)とSolar魚眼という2つのアプリケーション
をリリースいたしました。

■EcoPlannerProは6月29日リリースした高精度日射量・反射光解析ツールです。
太陽光発電の計画や建築意匠設計時などにおける日射量を【影の影響を考慮】
し、シミュレーションする他、反射光の解析も行います。
太陽光パネルの最適な配置の検討や、競合他社とは違う信頼と安心をお客様
へ提案できます。
太陽光発電シミュレーションソフトEcoPlannerPRO詳細はこちら
 <無料体験版あります>

■SOLAR魚眼は、魚眼レンズで撮影した画像データを元に、周辺建物等の影響
 による日影及び太陽光パネル設置時の反射光を【かんたんに】予測するシス
 テムです。
 【日射・日影・反射光予測システム SOLAR魚眼詳細はこちら