ボディメイク(о・н・о)ノ 

2008年09月28日(日) 11時34分
なんで9月なのにこんなに寒いんだ…ってくらい冷えてます。東京です。

木や草より一足先に秋色になったのが空や空気
空は夏より届かないくらい遠くに見えて、うすい青空はとても綺麗。空気は冬を予感させる切なくて寂しいような匂い。

書いてる自分は現在大学生だけど、この季節の匂いは無性に小学校や中学の時の思い出を連想させます


2週間前鹿児島行ったんですよ。屋久杉見に行こうって。まぁ台風でつぶれましたけどね
まぁ鹿児島で一等有名な豚とろラーメンが幸運なことにホテルの近くにあったので、やりました食い倒れ。
黒豚を食べて黒豚になろうという自虐的ツアー。

ということで、帰ってきた自分はダイエットを余儀なく決意する訳ですぶひぶひぶひ

現在腹筋20回背筋20回は日課です(o・ェ・o)あと甘いもの断ちしてます。ついでに勝間さんの著書に感化されて、コンビニ・ファーストフード断ちも合わせてやると、まぁ食べるものが何もない(´∀`)
もう外では何も食べれませんね。リアル断食ダイエット。

話がそれますが、自分には姉がいて、それがまぁ世間一般でいう太っている訳でして…彼女は就活を控えているため、母に時たまヤセろと怒られてます。

私見ですが、就活に限らず一人の評価をするときに、内面はもちろん外見も見るわけです。その時に太ってたら自分にとってとてもマイナスではないでしょうか?

太っているイコール自己管理(食に関する)ができない・未来の負債を目の前の快楽の為に受け入れる…
だからサラ金で多額の負債を抱える人は太っている人が多いそうです。

嘘をついたりあくどい事をしていても、必然的に言う必要がない場合以外、他人に言わなくていい訳です。「自分はこんなに悪い人間です」とね。
でも太っている場合は違います。自ずから言わなくとも、マイナスイメージを相手に与えるわけです。

ということで適正体重は自分にとっても社会的にも望ましいのです。
れっつボディメイク

余談ですが、自分はBMI20前後でして…適正体重を自負しております

バイトのこと 

2008年09月22日(月) 21時43分
誰でも知ってるカフェのチェーン店のド○ールで私がバイトを始めてはや1年2ヶ月が経とうとしてます。
その1年2ヶ月前、私がお店にバイト募集の件で電話をかけ、そして面接。…あろうことか初っ端から遅刻しました働いてお金をもらう以上社会人の立場であるべきなのに、あるまじき行為ですね。はい、これはもう落とされたなと凹みました

そしてあの時店長に大目に見ていただいたおかげで今までずっと働かせてもらってます


私のお店は留学生の子が半分くらいいます。やっぱり差こそあれ、接客・業務の面で大変なのになぜこのお店では留学生も含めて募集しているのか副店長に聞くと、答えは明快でした。
人がいないからだそうです。

確かに、1年ちょいしかやってない私がアルバイトの中で3番目に長くやっているといった感じです。時給はそれなりにいいので、人はくるのですが、まーみんなやめてくやめてく。辞める子が口にする理由の一つが、店長とそりが合わないことですが、私もずっとそばで感じてきたので彼女たちの言わんとすることがわかります。

私の店の店長は昼ピークなどでお客さんのオーダーが立て込むと機嫌が悪くなり、それを周りのアルバイトに半ば八つ当たりといった形であたります。また叱る時も厳しく、半泣きや泣き出す子もいます。それは日本人・留学生問わずで、必ずといっていいほど辞めてく子は店長のことを口にします。

私もそんな経験がなかったわけではなく、つらいときもあったし強く叱られた事にショックで泣いたこともあります。その時は接客業なのでお客さんに泣き顔を見せてはいけないと思い、こすらないように涙を拭いて鏡の前でチェックしてからお客さんの前に出ました。
ただ、私が辞めてくアルバイトの子達に分かってもらいたかったのは、店長は叱る時にはちゃんと理由がありどう改善すべきかも提示した上で叱ります。ショックで泣いた時の私のように、パニックになっていると分かりづらいと思いますが…。
これが半分。

残りの半分の“八つ当たり”に関しては耐えるしかないと私は思います。世の中には色んな大人がいます。だから目の前の大人が、菩薩のようにできた人格者であるとは勿論限らないのです。これから出会う大人を考えてもそうです。
だから今から理不尽なことでも我慢して耐える力をつけておくべきだと思うのです。

大学生がやるようなアルバイトはどこでも引く手あまただと思います。でも、だからといって何か待遇に気に入らないことがあればすぐ辞める、といった姿勢は、長い目で見て自分に不利益です。アルバイトはずっと続けるからこそ、得られるものがあると思います。

私も、仕事を始めた当初は店長に怒られ他のスタッフに怒られ、バイトがあった日は今現在も付き合っている彼氏に毎日仕事が終わってからメールで泣きついていました。
それらを含めた全部が今ではいい思い出です(o・ェ・o)


バイトの話はまだまだ長いので続きはまたいつかに…

はじめました(o・ェ・o) 

2008年09月21日(日) 11時04分
そもそもこのブログをはじめるきっかけは、1週間前に参加した勝間和代さんの講演会に参加したことです。勝間さんの著書は売れてるビジネス本ということで、名前をご存知の方もいると思います。

講演会に行くということで事前に本を読んでおかねばと思い、「ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」を買いました。そこで彼女がブログを薦めていることを知り、こうやって開設した次第です(o・ェ・o)

そもそも大学2年の今までもっぱら学校×サークル×バイトの生活だった私が、なぜそのような講演会に参加したかというと、遡ること夏休み前に運命の出会いのおかげなんです笑

それはテスト期間中で、私は大学近くのドトールで、試験が近い英語の勉強を黙々と(案外そーでもない)してました。すると、隣にいた同年代位の男の子から、「すいません、高校生ですか?」と聞かれ、半笑いになりつつ「ぃやーそこのM大生なんですよー」と返し、そっから先は彼のサークルの話になりました。
なんと彼は私の大学と同じ沿線にあるT大生で、起業サークルに入り高校生向けの就職関係の企画をしているとのことでした。
まぁ若く見られて悪い気はしませんねー(゚∀゚)ー

そこで個人的に勝間さんの講演会に誘われ、社会人に混じって参加し、講演の後もフリートークをし、官僚の方や色々な立場の社会人のかたの話を聞くことができました。

勇気を出して参加してよかったと思っています。実際に会社の中はどうなっているのか、という情報は大学生という立場では中々得られませんから。
受け身でいたら都合がいい情報しか回ってきませんしね…まぁどういった話にも限らず、ですが…

フリートークの後も名刺交換してその後のメール交換に繋げることができたりと、講演会の前と後では世界が変わったように感じました。

誘ってくれて色々なアドバイスもしてくれたN君ほんとーにありがとう♪+゜君に偶然出会わなければこんな刺激的なこときっと起きっこなかったと思うから、ガチで感謝してます><


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そぁ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像そぁ
» バイトのこと (2008年09月26日)
アイコン画像早紀
» バイトのこと (2008年09月24日)
Yapme!一覧
読者になる