試験に合格できる人の勉強法とは・・・

試験に合格できる人の勉強法とは・・・


この手紙は、これから控えている難関試験を一発で合格したいと思っているあなたへ書いた手紙です。

「見るだけで記憶力、集中力、理解力、さらには視力までも回復してしまう」
「ある音声を聴き流すだけで脳の回転が2〜4倍になり、速読を勝手にマスターしてしまう」
「記憶術をマスターして覚えたいことを忘れたくても忘れない脳にする」

こんなことを書くと「うさんくさい」「そんなの嘘にきまってる」「信じられない」と思うかもしれません。

しかし、これらは事実をただそのまま書いているだけなのです。
事実なので、これ以外表現しようが有りません。

今から、その脳力開発メソッドを公開して行きますので、”脳力”を向上させて狙った試験に合格したいとお思いでしたら、決して後回しにしないで、今すぐこの手紙をゆっくりと読み進めてみて下さい。

あなたの常識では考えられないような、試験合格勉強法をお教えします・・・   

→ 詳しくはこちら>>>

人生を変える非常識な勉強法

※注目※
この勉強法は、常識では考えられないような方法を実践します。
おそらく、あなたが今行っている勉強法とは違う方法なので、
現状の勉強法に満足しているのであれば決して読み進めないで下さい。
あなたの勉強法を変えてしまう事になりますので・・・




「記憶術」を習得し、一度覚えたことを脳にしつこく定着させる。

習得が難しいと言われる「速読」をカンタンにマスターし、本や参考書の情報を倍速でインプットする。

「ある音声」をただ聴き流すだけで脳の回転速度を「強制的に」2倍速以上に高速化させ、参考書や本を高速で処理できるようになる。

 脳力トレーングをしながら、「結果的に」視力回復までしてしまう。

高校3年の夏の模試でF判定(Aが一番良い判定。Fは酷い判定。普通、志望校変更です)だった人物が東大現役合格してしまった”試験に合格できる勉強法”をマスターする。

これらのうち、どれか一つでもマスターできたら、あなたの人生は変わりますか?

ならば、私はあなたの人生を変える自信が有ります。

なぜなら、
上記の「全て」を一気にマスターする、最も簡単にできる、ある”具体的な”方法をお教えする事が出来るからです。

こんな都合の良いお話しをすると、

「うさんくさいなあ」

と思うかもしれません。
それも仕方のない事だと思います。
常識で考えれば、こんな都合のよい方法が有ること自体、信じられないと思います。

しかし、これからお話しする脳力開発プログラムは、
脳力開発の分野における様々な権威の知恵を集めて作成したプログラムです。

信じる、信じない以前に、既に様々な場面で結果を出し、
認められている権威の方々の協力のもと、作成したプログラムなのです。


その証拠と、具体的な方法を、
偶然にもこの手紙を読んでいるあなたにだけお教えします・・・

→ 詳しくはこちら>>>

受験の神様が教える難関試験に合格する教材

・難関試験に絶対合格したいと思っているあなたへ

こんにちは。
株式会社メディカルイノベーションと申します。

私たちは、様々な業界の権威の方と協力し、
一般市場ではなかなか販売できない「本音」 を語った
本物の教材パッケージを制作する、と言う事を生業としております。

一般市場ではなかなか語る事が出来ない、
でも著者が本当に言いたいことを伝える、
本物の教材パッケージ作りです。

最近では、著書40冊以上、受験生50万人を合格へと導いた、
”受験の神様”と言われる「和田秀樹」 氏の大学受験教材等をプロデュースしております。

今回も、”超”一流 の脳力開発業界、
教育業界の実力者に教材作成の依頼をし、
発売と同時に大きな反響を得ています。

インターネット教材販売サイトのランキングでも
「学習・自己啓発カテゴリ」にて連日1位を記録しています。


これから、その「一流の」人物たちを紹介して行きます。

→ 詳しくはこちら>>>

宇都出 雅巳(うつで・まさみ)先生プロフィール/著書




今回、教材製作を依頼した先生の一人が宇都出 雅巳 先生です。

■宇都出 雅巳(うつでまさみ)先生プロフィール

 1967年京都生まれ。
 トレスペクト経営教育研究所代表。
 東京大学経済学部、ニューヨーク大学スターンスクール
 (MBA)卒業。
 経済出版社、営業コンサルティング会社、外資系銀行を経て
 2002
年に独立。
 NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナー
 CPCC(認定コーアクティブ・コーチ)。

高校時代に自身の吃音(どもり)を克服するために心理学・心理手法を学びはじめ、カウンセリングやセラピーの知識・経験に基づいたコーチング、目標達成の支援を行う。
大学時代には速読に興味を持ち、これまでに学んだ速読法は 10種類以上に及ぶ。


心理手法、速読を組み合わせた独自の勉強法(高速大量回転法・目次記憶法・自己コントロール法)を考案。

2002年にはファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFP試験・6科目に1ヶ月で一発合格する過程をメールマガジンで実況中継しながら解説し、勉強法の効果を実証した。

左脳と右脳をバランスよく生かし、しかもメンタル面にも踏み込んだ勉強法は、超実践的として高い評価を受け、さまざまな試験における合格者を生み出している。

また、 自身が苦手としていた英語の勉強にも30歳を機に取り組み、自身の勉強法を活用することで1年足らずでトップビジネススクールの一つに合格・留学し、帰国後も翻訳や通訳など英語を実践的に活用している。

高速大量回転法を紹介した著書『速読勉強術』は非常に話題となり、ベストセラーとなった。

【主な著書】


・速読勉強術
・英語は速く何度も繰り返せ!
・スピード読書術
・絶妙な聞き方の技術
・会議のルール
・場面でわかるセールストーク
・売り込まなくても売れる! 実践編
・コーチング・バイブル 第2版


宇都出先生の華々しい経歴を見ると

「宇都出先生は、もともと頭が良かったから試験にことごとく合格できたんでしょう?」

と思われるかもしれません。

しかし、本当の所は、
昔は全く勉強ができなかったそうです・・・

→ 詳しくはこちら>>>

東大は絶対に無理だと言われた人が合格した勉強法




高校時代、宇都出先生は東大を目指していました。

それも、家計が思わしくない為に
新聞配達をしながら自分で学費を稼いで、
高校に通っていたのです。

そんな状況ですから、塾に通うことなど出来ません。
お金をかけた勉強を一切する事が出来ませんでした。

それでも、東大合格を夢見て毎日一生懸命に勉強をしていたのです。

そして、そのことを進路相談で担任の教師に相談したところ

「お前には無理だ」
「絶対に合格出来ない」
「東大は諦めて志望校を変えろ」


と、散々に言われてしまったのです。

確かに、宇都出先生自身もあまり勉強ができる方では無いと思っていました。

しかし、それでも東大を諦めたくはなかったのです。

その為に、一生懸命勉強をしてきたからです。


担任から何と言われようと、
成績がイマイチだろうと、
宇都出先生は諦めず、高校3年の夏に東大模試を受けます。

その結果は・・・

F判定。

A判定が最も良い結果ですから・・・

A、B、C、D、E、F・・・

6番目の判定。

相当、ひどい結果が出てしまったのです。

つまり、

「あなたは東大無理だから志望校変えなよ」

と宣告されてしまったのと同じことです。

東大入試まで残り半年。

もはや東大合格は絶望的な状況となってしまったのです・・・

→ 詳しくはこちら>>>

独自で編み出した非常識な勉強法




普通、諦めます。

野球で、9回裏で、10点くらい取りかえさないと負けてしまう、
ゴルフで最終ホールでホールインワンを決めないと負けてしまう、
サッカーでロスタイムで5点取り返さないと負けてしまう、
例えるならこんな状況です。

しかし、そんな状況でも東大合格を決して諦めませんでした。

「残り半年の勉強で東大に合格するには、効率の良い勉強をやるしかない。
常識的な勉強のやり方では、絶対に合格出来ない・・・」


普通なら諦める状況。
ならば、普通の勉強法では無い、非常識な勉強法を独自で編み出そう、
と言う発想になったのです。

→ 詳しくはこちら>>>

F判定から東大に現役合格した勉強法


通常では考えられません。

宇都出先生はたった半年、
独自に編み出した勉強法を実践し、
担任の教師や周りの予想を大きく裏切り、
F判定からなんと東大に現役合格を果たしてしまったのです。


普通の勉強法では絶対に合格出来ない。

そんな極限の状態だったからこそ、
独自の勉強法を編み出すことができたのだと思います。

そして、その勉強法は
「速読」と「記憶術」をミックスした、
非常に独特な勉強法だったのです。

その後、社会人になってからも
その速読と記憶術をミックスした独特な勉強法を活用し、

・ファイナンシャルプランナー試験に半年の勉強で合格
・アメリカのトップビジネススクールに1年足らずで合格


などの様々な成果を達成しました。

さらに驚くべき事は、
どれも短期間での勉強、
しかも一発で合格している事です。

そして、皮肉にもお金をかけた勉強を一切出来なかった事で、
逆に奇跡的な勉強法を発見する事が出来たのです。
(お金をかけて塾に通っていたら、絶対に思い付かない勉強法だったのです。)

→ 詳しくはこちら>>>

試験に合格する人と試験に落ちてしまう人の勉強法の違い


先生自身様々な試験に合格し、また、
試験に合格する人と試験に落ちてしまう人を見てきたことで、

「試験に合格できる勉強法と、合格出来ない勉強法」

が分かるようになって行きました。

試験に合格している人に共通する勉強法と、
試験に合格出来ない人に共通する勉強法。

その違いは、いったいどこにあるのか?

また、先生自身、どのような勉強法を実践して、
たった半年で東大に合格する事が出来たのか?

それは、
「テキストを高速で読み、大量に回転する(何度も読む)から」
なのです。

通常の人間の何倍もの速度でテキストを読み、
そして何度も繰り返し読むことで、
頭の中に情報が定着して行くのです。

これを、宇都出先生は
「高速大量回転法」
と命名し、独自の勉強法として確立して行ったのです。

速読や記憶術など、
勉強オタクと言われるほどさまざまな勉強法を習得した宇都出先生が、
それらを合わせて作り上げた独自の勉強法です。


→ 詳しくはこちら>>>

誰でもマスターできる記憶術・速読法




最近は「記憶術」 の教材がインターネット上で多く出回っています。

しかし、この記憶術だけで試験に合格する事は難しいのです。

記憶術と言うのは、覚えたい物事をイメージ化し、
それを自分の体や、場所などに貼り付け、
記憶する、と言う、一つの「テクニック」です。

人間には「場所ニューロン」 と言う
道順や場所を覚える能力が有ります。

道を忘れてしまう事は動物にとって家に帰れなくなる=死を意味するので、
道を覚える、場所を覚える記憶力と言うのは、
他の物事の記憶力よりもはるかに優れています。

その記憶力を活用するのが記憶術なのですが、
記憶術は覚えたい単語をイメージに変換し、
道順や体の一部に貼りつける、と言う方法なので
100ページ、200ページの本を全て記憶術で記憶するのは
現実的ではないのです。


誤解のないように言うと、記憶術は素晴らしいテクニックですが
それだけで試験に合格出来る勉強法とはならない、 と言う事なのです。

「適切な」記憶術の使い方が重要なのです。

もちろん、「高速大量回転法」 でも記憶術を活用しますが、
それはほんのごく一部です。

記憶術をマスターする為のトレーニングなど不要ですし、
宇都出先生のやり方を実際に見るだけで
直ぐに活用できるようになります。

さらに、高速大量回転法は記憶術だけではなく、速読をも活用しています。

速読と言うと、習得できる気が全くしないスキルのように感じますが、
高速大量回転法では 「現実的にマスターできる」速読のノウハウを
マスターしていただきます。

「高速大量回転法」の速読法は、
やり方さえ分かれば、非常にカンタンに習得できるスキルなのです。

→ 詳しくはこちら>>>

試験に合格できる勉強法「高速大量回転法」とは?




こう言うと、

「そんな事が本当に出来るなら苦労しないよ」

と思うかもしれません。

でも、もしあなたが速読や記憶術を活用した
「高速大量回転法」をマスターできたら、
狙った試験に突破して、人生が変わると思いませんか?

速読でテキストを高速で理解し、
記憶術で重要なポイントを忘れないようにする。

その「高速大量回転法」の具体的な実践方法を、
今回の教材では「実際のやり方を」教えて頂く事となりました。

単に勉強法の理論だけではなく、
実際に先生自身が試験勉強に挑む際、
どのようなやり方で、どのように勉強を進めて行くのかを、
完全にカメラの前で手順を披露していただきました。


これにより、この方法をそのまま真似するだけで
あなたは「試験に合格できる勉強法」 を実践する事が出来るというわけです。

なかなか理論だけを説明されても、
いざ実践しようとなると、出来ないものです。

あなたがそんな状態に陥らないよう、
実際にどのように勉強してけばいいのか、
宇都出先生に、カメラの前でその手法を見せて頂きました。

記憶術も体験していただきます。
(記憶術など、文章で理解するのはかなり困難です。)

速読も体験していただきます。
(速読も、常識とは全く違う考え方が必要なのです。)

あなたは、ただその勉強法を”見たまま” ただマネすれば良いだけなのです。

→ 詳しくはこちら>>>

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:宇都出雅巳(うつでまさみ)
読者になる
 1967年京都生まれ。
 トレスペクト経営教育研究所代表。
 東京大学経済学部、ニューヨーク大学スターンスクール
 (MBA)卒業。
 経済出版社、営業コンサルティング会社、外資系銀行を経て
 2002年に独立。
 NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナー
 CPCC(認定コーアクティブ・コーチ)。

高校時代に自身の吃音(どもり)を克服するために心理学・心理手法を学びはじめ、カウンセリングやセラピーの知識・経験に基づいたコーチング、目標達成の支援を行う。
大学時代には速読に興味を持ち、これまでに学んだ速読法は 10種類以上に及ぶ。

心理手法、速読を組み合わせた独自の勉強法(高速大量回転法・目次記憶法・自己コントロール法)を考案。

2002年にはファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFP試験・6科目に1ヶ月で一発合格する過程をメールマガジンで実況中継しながら解説し、勉強法の効果を実証した。