フォトリーディングをマスターしてえられるこれだけの恩恵

June 19 [Sun], 2011, 1:16

ベルグ氏の世界でトップクラスの速度のフォトリーディングを取り込んだこのフォトリーディングを吸収することで、一冊を読み終わるのにかかる時間は驚くほど短縮できるでしょう。

これまでのたくさんのフォトリーディングを一歩すすめ、とても実用性のあるあたらしいフォトリーディングを紹介していこうと思います。

最高速度の読書に到達できるだけではありません。

■速く読むことが出来るだけでなく確実に把握できるフォトリーディング。

これまでの読む速度をきそう事だけに囚われがちだったフォトリーディングとはちがい、読んだ中身の把握力を伴うテクニックであるという点で、実際上の利益があるフォトリーディングでなくては意味がありません。

その速度と把握の深さで、速読のギネス記録を持つベルク氏は、多くの人の前で速読テクニックを披露した直後に、その本を本当に把握しているか、かなりつっこんだ問いかけを受けても問題ありませんでした。

世界でトップクラスの速度で本を読みながら、同時にその本の意味を深く吸収するためのいろいろな試みをベルク氏は行っています。

■本の中身により把握速度が変わるのは当たり前だから・・・。

まず、本の中身・ジャンルによって、3つの段階の読書速度を設定し、使いわけるという方法です。

他にもスキーマ法という方法をはじめ、いろいろな目覚ましい速読テクニックをもちいて、短い時間ですみやかに文章を把握しているのであります。

速読や速解の能力だけを与えてくれるだけではなく、このフォトリーディングの方法は想定外の恩恵をもたらすことも付けくわえておこう。

■フォトリーディングを学習することによりえられる右脳の力。

そのひとつが、想像力、創造力等が向上されることであります。

右脳の役目が、短い時間で文章をフォトリーディングしているときには活性化されていることが判明している。

膨大なヴィジョン構成能力を蓄えている場所、それが右脳であり、芸術性のある観念をコントロールしている場所でもあります。

同時に、こうした観念は、普段はなかなか発揮されることのない潜在している能力とも言えるものでしょう。

フォトリーディングのトレーニングをする事により、この右脳の膨大な潜在能力が刺激され、右脳のヴィジョンに関する感性が研ぎすまされていくのです。

フォトリーディングからマスターできるものは、このように想定外の副産物ももたらします。

きたるべき21世紀の情報化時流への強力な手段を得るとともに、厚味のある知性や人間としての本性を成長させることにもなります。