短編集 

2004年11月27日(土) 22時10分
キリコさんのその名のとおりの短編集。

白と黒のコントラストの、線の、美しさ。

こんなに無駄のない、美しい画面なのに、伝わってくるのは「リアル」だ。

才能だなあと思う。

どれも日常のささいな、それでいて疎かにはできない感情を

痛々しく描いている。



鬼畜大宴会 

2004年11月26日(金) 21時59分
その名の通り鬼畜盛況な映画。

しかしやっぱり共感できるとこがあって、

うんうん、人間って弱いもの。って

許すというか認めてしまう。

そこが悲しいところ。

にんげんって悲しい。

ハウルの動く城 

2004年11月25日(木) 22時53分
ワルツな音楽に踊りだしたくなる宮崎駿さんの新作映画。

なんだか、いつものように理解できない展開が多々あったけど・・・

もういいでしょう、


ハウルは魔法つかいなんです。


魔法が使えるんですよ。

それだけで見に行く価値があるのです。

魔法がつかえるんですよ・・・。

ハウルは・・・・。

駿さんはまったく確信犯なアングルで攻めてきます。

なんて卑怯な・・・・・





何が好きかときかれたら、「奥田民生」というだろう。/23:52現在 

2004年11月24日(水) 23時51分
民生さん歌うハネムーンは湿っぽい

根暗っぽい唄

民生さんが歌うから

余計いいなあと思ってしまう。

民生さん好きです・・・(23:58現在)

しかしハネムーンとはなんともダイレクトでいい響き。

美徳のゆ〜ら〜めき 

2004年11月22日(月) 23時34分
三島由紀夫さんのゆるりな一冊

ただの不倫のお話。

なのになんだかややこしいことを書いている・・

三島の本にしてはすごく読みやすいけれど

やっぱり三島な本だ。

主人公節子の思い込みのはげしさが滑稽だ。

恋は盲目とかそういうことなのでしょうか。

しかし文章がきれい。

270日で終了 

2004年11月20日(土) 22時06分
食べれるとこ多くするために

豚のろっ骨は遺伝子操作で増やされたらしい。

最後には胴体支えられなくなって

お腹地面についちゃったらしいー。

だからその手前のぎりぎりの状態でとめてあるらしい。

しんどかろうなぁ。

そのうえ今日聞いた話では豚は270日で解体らしい。

短い間やけどそれまでかわいがって育てるんです、って

テレビで今日言ってた。

なんだかー

でもどうにもできないしならないしなにもかわらないけど。


2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sokkoku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる