小児喘息と水泳 

May 08 [Thu], 2008, 22:46
小児喘息と水泳

喘息で苦しむお子さんを持つお父さんやお母さんは、お子さんが発作を起こすたびに心配でたまらないと思います。
何とかしてあげたいけれども、何もできずに悔しい思いをされることも少なくないのではないでしょうか。
喘息の治療には直接繋がらないかもしれませんが、お子さんの筋力を鍛えるためにも、スポーツを始めることを今回はお勧めしたいと思います。

スポーツにもいろいろありますが、中でも水泳は喘息に良いと言われています。
その理由のひとつに、喘息のお子さんにとって湿度が高くて温かいプールのような場所は適しているということがあります。
喘息の発作は、寒いところや乾燥しているところで起こしてしまうこともあるそうですから、まさにぴったりだと言えます。
また、水泳はたとえ泳がずに水中を歩くだけでも、全身の筋肉が水圧で鍛えられ、体が丈夫になっていきます。
特に、「運動誘発喘息」のお子さんにとって、運動の程度を自分でコントロールできる水泳は無理せずに筋力アップができる最適のスポーツではないでしょうか。
筋力アップは、発作が軽くなるよう抑える効果が期待できるそうです。
体を鍛えることでお子さんが苦しむ姿を見る回数が減るとしたら、お父さんお母さんも嬉しいですね。
お子さん自身も、スポーツで汗を流し楽しむことで、喘息で落ち込みがちな気持ちが明るく前向きになっていくと思いますよ。

もちろん、体に過度の負担がかかるような方法ではかえって良くない結果を招くことにもなりかねませんので、自分のペースにあった運動を心がけましょうね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sokidor89
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ペプシ・マン
» 小児喘息と水泳 (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 打った部分が顔だったとき (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 打った部分が腕や足だったとき (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 打った部分が胸やおなかだったとき (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 打った部分が頭部だったとき (2008年05月10日)
アイコン画像ペプシ・マン
» 赤ちゃんが頭やお腹を打ってしまったときの対処法 (2008年05月10日)
Yapme!一覧
読者になる