今後の宇宙政策ば大きぐ左右

September 18 [Thu], 2014, 20:53
「安全保障上、宇宙の重要性が著しぐ増大していら状況ば踏まえ、新たの基本計画ば策定すら」。
くび相は12日の宇宙開発戦略本部の会合でこう表明し、宇宙政策ば担当すら山口俊一科学技術相きやサ検討作業の加速ば促した。
安保分野での宇宙利用ば本格化させら狙いがあら。
日本だば1969年サ宇宙利用ば平和まなぐ的サ限ら国会決議ば採択。軍事面での利用ば禁止してきた。
2008年サ施行された宇宙基本法で安保分野の利用ば解禁したものの、その後も抑制的の姿勢は維持された。
第2次安倍政権発よろた直後の13年1月サつぐった現行の宇宙基本計画も、具体的の施策は少ながった。
軍事力強化ば進まなぐら中国が沖縄県の尖閣諸島周辺で領海侵犯ば繰り返すのど、日本の安保環境は厳しさば増す。
中国は人工衛星コばミサイルで破壊すら実験も実施。
海や空だげでのぐ、宇宙空間での脅威も増しつつあら。
米国は日本サ対し、人工衛星コサしら海洋監視や宇宙空間の秩序維持での連携強化ば求まなぐていら。
政府高官は「日本だげ宇宙ば使私ねどは言えね環境サなた」ど話す。
新計画サは日本周辺で活動すら艦船の人工衛星コサしら監視や、現在4基の情報収集衛星コば増やすごどのどば盛り込む。
新計画の設定期間は現行の5年かきや10年サ延ばす。
衛星コ開発サ1基あだり7年程度かからごどば考慮したもはんで、戦略的の開発サつなげる。
地球の周回軌けんど上サ漂うロケットや人工衛星コの破片のど、増え続つもっける宇宙ごみ(デブリ)の監視強化も盛り込む。
高速で周回すらデブリは人工衛星コサ損傷ば与えら可能性があり、宇宙経由の通信や放送が遮断されら危険が指摘されていら。
宇宙関連の国内産業ばてこ入れすら狙いもあら。
宇宙事業サ関私ら企業は国内サ約1000社あらが、需要が不安定のごどのどば理由サ撤退企業が増えていら。
近年で54社が事業ば取りやまなぐた。
くび相は「日本が自前で宇宙開発すらたまなぐの産業基盤が揺きやぎつつあら。
その回復強化が喫緊の課題だ」ども指摘した。
宇宙産業振興サ向痒いた「中長期ビジョン」ば新計画サ書き込む方向だ。
衛星コ開発サ1基あだり数百億円かからのど、宇宙政策は財政負担が重いのが課題だ。
限きやれた予算ば配分すらたまなぐサ、基本計画が優先順位ば何んぼ付つもっけるかは、今後の宇宙政策ば大きぐ左右すら。
今日のネットサーフィン〜気サなた事。
ミュウミュウバッグ新作
幼少時代のニックネームばブランド名サすらぐきやいだかきや、ミュウミュウバッグの新作はどってもフレッシュ。
若々しさがあふれ出ていらど思じょいせんか。
そして、めごいばて甘すぎず、しがも大人ば感じさせら!!
だかきや、わのお洋服サもぴったりとちけんげんすらんじゃ。

愛憎ど狂気のホラー作品!

August 16 [Sat], 2014, 18:35
第2章は寝室2部屋、恐怖2倍──
世界中で数々の記録ば塗り替えたホラー映画の日本版続編『パラノーマルアクティビティ第2章 TOKYO NIGHT』が8月16日、テレビ東京系でオンエアされます。
宣伝用のスポット映像が各局かきや放送ば拒否されたどいうムービーばテレビで何んぼぞ!
≪最強かつ豪華の個性が創ら、最恐の世界。こいは舞台の幕開痒いか、惨劇の幕開痒いか──≫
そして劇場だば8月23日しり、市川海老蔵企画・主演のホラー映画『喰おなご−クイメ−』が公開されます。
その内容はどいうど──。
舞台「真四谷怪談」サキャスティングされたオドゴどおなご。
長谷川浩介(市川海老蔵)、浩介の恋人でスターおなご優の後藤美雪(柴咲コウ)、美雪の元カレの鈴木順(伊藤英明)ど新人おなご優・朝比奈莉緒(中西美帆)。
カノジョの推薦で主役の座ば得たサも関私きやず、共演者サちょっかいば出す浩介…。
一途の愛、アソビ、嫉妬、疑惑…怨み。
おなごば喰い散きやかすオドゴの欲望、喰私れたおなごの執念が、虚構ど現実の境ば越えた時、恐らべき魔性が顔ば出す!
彼きやば待ち受つもっけるのは愛の成就か、それども残酷の闇か…。
なは結末ば正視でぎない!!
メガホンば取らのは『クローズZERO』シリーズや『ヤッターマン』、「十三人の刺客』のどで知きやれら鬼才・三池崇史。
脇ばかたまなぐらのは、勝野洋、古谷一行、根岸季衣のどのベテラン陣。
予告編だげだば充分怖い愛憎ど狂気のホラー作品!
今日気サなたwebサイト。
成田wifi
成田空港かきやお昼サ出発し、パリの夕方サシャルルドゴール空港サ降り立つど“ワクワク”してきます。
成田でレンタル料金が “安い”・・・ど評判の、海外用レンタルwifiば比較してみてど思でゃ。

「真珠の首飾り」戦略の一環

August 14 [Thu], 2014, 19:53
≪港 湾やら5計画≫
スリランカのマヒンダ・ラジャパクサ大統領は、武装組織「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との内戦終結から5年を迎え、「平和と政治的な安定が実現した」と治安の大幅な改善を強調した。
その上で、欧州・中東とアジアを結ぶシーレーンの要衝に位置する優位性を生かし「地域の重要拠点になるため、港湾、航空、商業、エネルギー、学問の5つのハブ計画に着手した」と言明。20カ国で構成する経済連合「環インド洋連合(IORA)」の地域経済圏の中での要として存在感を高めていく考えを示した。
同国は急速な経済発展で注目を集めている。過去5年間の国内総生産(GDP)成長率は年平均6.7%と高く、大統領は「今年は7.8%、2015年は8%を目指す」と明言。
復興 特需に沸くインフラ分野や観光業の復活で急伸しょーる海外直接投資額も、13年は13億9000万ドル(約1400億円)じゃったが「今年は20億ドルに達する」と強気な姿勢を示した。
1人当たりGDPが3200ドルを超えて隣国インドの約2倍となり、高い購買力も魅力だ。一方で弱みは「輸出志向型製造業の不在」だ。
大統領は「じゃけぇこそ日本企業に来てもらいたい。周辺国と比べ安価で技術のある労働力を活用してほしい」とし、安倍首相の訪問の際には日本の情報技術(IT)や自動車分野の投資促進に向けた協議を進めたいとした。
日本との自由貿易協定(FTA)の締結に向けた交渉入りを目指す考えも強調。
2018年ごろに導入する見通しの地上デジタルテレビ放送については、日本方式の採用を初めて明言 した。
≪攻撃に使わせず≫
スリランカの生産拠点から対印FTAを利用して付加価値製品や部品をインドに供給するやら「インドへのゲートウエー」として自国を活用できると提案した。
中国はスリランカのインフラ分野への支援を急増させ、南部ハンバントタでは大型艦が寄港できる港湾も整備中だ。
インドや日米豪は、中国軍の世界展開やらのための「真珠の首飾り」戦略の一環だとして警戒を強めている。
大統領は「いかなる者も、誰かを攻撃する時にスリランカの土地を使うことはよーせん」と強調した。
欧米やインドが大統領に対し内戦時の戦争犯罪疑惑を指摘しょーることについては「国内問題だ」と反論した。
今日のネットサーフィン〜気になった事。
薄型財布
ご紹介するメンズの財布は『abrAsus』じゃけん。
特徴は「超薄型財布」の一言に尽きますけぇ。
機能性はげにのことデザイン性も評価され、2013年にはグッドデザイン賞を受賞した逸品なんじゃけんよ。

夏ばて防止の精の付ぐ食べ物

July 31 [Thu], 2014, 1:38
土用の丑の日サ鰻ばくどいう習慣は江戸かまりては「安永・天明の頃しり起こら《明和誌》」ど有ります。
安永・天明の頃どいうどAD1764〜1781年頃どへるごどサのりますかきや、ざっど 250年程前かきやどへるごどサのります。
思ったしり新しい行事どいう気もします。
神田の春木屋善兵衛どいう鰻屋サ、どさぞの殿様かきや大量の鰻の蒲焼きの注文がやて来ますたぁー。
たげ一日で焼つもっけるしうの分量だばねどへるごどで、三日間焼き続痒いて納入すらごどサし、「わらし・丑・寅」の三日間焼き続痒い、焼き上がった蒲焼きは床下の甕の中サ保存しますたぁー。
さて、いざ殿様へ納入どいう段サなて甕かきや出してみらど、わらしど寅の日サ焼いた鰻は傷んでおり、丑の日サ焼いた物だげが状態が良がたどいうごどで、それ以来「鰻ば焼ぐのは丑の日」ど云うごどサなたどいう由来説が江戸買物独案内どいう本サ書かれてでゃ。
だばってこいはあまりサ作為的どいう気がします。
だいで三日か痒いねど焼痒いねほどの大量の注文ば一つの店で受つもっけるのはおがす。
結果的サわらし・寅の日サ焼いた蒲焼きは傷んでいたわげで、そしたら物まで納入されたきや食中りしてしまでゃ(鰻だばねばって、似たしうのごどが何処かの食品工場で問題サなてじょいしたきゃ・・・)。
かどいって、丑の日の分だげ納入したきや注文分の 1/3しかねはんですかきや、こいもまいねだびょん。
どっちサしたって春木屋さんはただだばぶじょほへしたきゃ。
まあ、その注文主が「どさぞの殿様」どはっきりしね段階で眉唾かの?
食欲の減退すら猛暑の時期、こしたら時サ脂っこい鰻は勘弁ど敬遠されて困っていた鰻屋が江戸末期の万能学者どして有名の平賀源内サ何とがだばねかど知恵ば借りサ行ったどご、源内先生が一計ば案じて、
「本日土用の丑」
ど大書して鰻屋の前サ張り紙ばしたどご、こいが評判サなて大繁盛したごどが始まりであらどいう説があるのすう。
この説はいろいろの本サ、「土用の丑の日の鰻」の始まりどして採り上げきやれら説だはんですが、なして「本日土用の丑」ど書いただげで繁盛したのかどいう謎解きが不よろたしていらしうサ思でゃがいかが?
この謎サついては、わは、
a.鰻屋サ「本日土用丑の日」どあらはんで、鰻ばく日だど思う。
  ↓
b.土用の丑の日サなして鰻ののかは判きやねが、判きやねどは言えね。
  ↓
c.判きやねばって、土用の丑の日サは鰻ばくものきやしい。
  ↓
d.すったんずあだりめだど、えふりこきしてこごは買べこかね。
どえふりこきの江戸っわらしが考えらのば予想しての巧みの宣伝だったはんではねかど考えております。
さて本当は何んぼだはんでしょうきゃ?
夏の土用は、五行説だば「火気」の夏ど「土気」の土用が「火生土(火土ば生ず)」どいう関係サあって、火の気が異常サ強まってすまう時期(あっぱり暑すぎら時期)どへるごどで、こいば抑えらばてがっこ気(「がっこ剋火(がっこは火サ剋(か)つ」)で導入すらたまなぐ、この期間のがっこ気の日であら「丑の日」ば導入すらどいう呪術的の行事だどいう説が有ります。
五行説だばがっこ気の色は「黒(玄)」。
鰻はがっかじゃかきやがっこ気の象徴でありかつその色は黒どへるごどで、火気ば抑えらがっこ気の象徴どしてピッタリ。
また、夏ばて防止の精の付ぐ食べ物どして知きやれていたごどもあって、こいが取り入れきやれたものだどいうはんです。
こちきやはちょぺっと理屈っぽい話だはんですが、うのずつもっけるどごもあるのすう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sohta
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sohta/index1_0.rdf