キーワード広告の摩訶不思議 

2005年12月14日(水) 1時32分
ついに2005年も後わずかになりました。年賀状を出さなければと思いつつ何かと訳わからない仕事が舞い込んだりと時を忙殺される日々でございます。

心の余裕もどこへやらと気づいてみれば表情の笑みが消えているのでいかんいかんと自分に言い聞かせていますが、周りの人たちも表情に余裕がないので、ま〜こういう時期なんだと妙に自分を納得させる日々です。

12月に入りさすがにレンタルオフィスのほうも問合せが減ると思いつつ、キーワード広告(オーバーチュア等)を減らし来年に向け作戦をたてようと試みながら準備したところ、意外や意外、問合せはそこそこ来るのでやはり広告もやりかたひとつというのを実感する日々です。

キーワード広告って意外に賃貸の不動産業界で使っているところはまだわずかなようでこれを制したところが集客では一歩リードするような感じがします。

キーワード広告はアナログ的な考えで行うと費用は非常に高額になりますし、使わなければ他の無駄な広告に費用を吸い取られるような気がします。やはりバランスの良い広告をうつことが重要なんで
しょうね。

キーワード広告に依存しすぎも問題ですが、うまく活用しながら広告を打つことは今後の戦略課題と感じています。情報化が早いこの世の中は安心というものをなかなか与えてはくれ ませんが、チャンスが多くなった事を考えれば良い世の中かもしれませんね。

忙しくてネガティブに考えるより、忙しい時にポジティブに考えると自分のレベルがちょっこと上がると感じている自分がここにいます。さ〜年末もわずかですが気合入れて頑張りましょう〜!

東京の故郷 

2005年12月09日(金) 1時28分
自分は東京生まれの東京育ち。東京生まれといっても江戸っ子ではありません。厳密に言うと江戸っ子は山手線の中や下町のあたりが江戸っ子って言うんでしょうね。

先日、三鷹の井の頭からジブリの森までブラリ一人旅。実家が三鷹にあるのでたまには戻っていますが、なかなか街は歩かないもの。そこで来たついでにひとり阿藤海状態で自分の母校や旧友人宅の横を通り昔を懐かしんでいました。

さすがに10年ぶりに歩くと母校や昔遊んだ場所がマンションで埋め尽くされちょっと不思議な感覚。

走馬灯のように昔の光景が頭に浮かび、疲れた頭がリセットしてなかなか良い感じでした。

中学の同級生がアパートのオーナーになっていたり、昔よく遊びに行ってた友人の家が無くなっていたり時代の変化を感じたぶらり一人旅。阿藤海調で『お〜お・・すげーこんなになってい〜る』って叫ぶ事数回。一番驚いたのは中学が建替えて、プールが屋内プールになっていた事。中学の想い出がなくなったようで寂しかったから余計そう思ったのかもしれません。

最後はジブリの森を横を素通りしながら、『ここで基地作って遊んでいたな・・』って感慨一塩。

そして歩いていると元ボクシングチャンプの輪島功一がゴールデンレドリバーを連れて散歩光景を発見。自分の兄弟が小中と輪島と同じ同級生だった事もあり、『娘の大子(ひろこ)さん元気っすか?』って声書けようと思いましたが・・。

起業するとどうしても目先や先を見なければなりませんが、たまに昔を懐かしむ事も大事かなって感じます。起業すると誰しも最初は苦しいものですが、その苦しんだ経験を後々振り返る時期って必ずあります。あれがあるから今の自分がいると・・。そしてもう一回辛い事が乗り越えられるんでしょうね。

そういう意味では良いブラリ旅になりました。今度は九州にでもひとり旅しようかなって今考えている今日この頃です。

皆さんも懐かしい場所に戻った際、きっと新しい発見すると思いますので是非お勧めします。

目がギラギラ! 

2005年12月04日(日) 2時10分
今日も新しいお客さんとの契約です。毎回新しいお客様と出会うのはいろんな意味で勉強となります。早く満室にして、皆様がお互い交流できるような仕掛けを作りたいと願う日々です。

起業しようとしている人は何故か皆さん共通していえるのが目が活き活きしているような気がします。夢や希望、そして野心からなのでしょうか、一緒にお話をしていると刺激を受けます。今日来られたお客様とお話をしていると楽しそうに起業の経緯や失敗談をお話してくれました。

『準備金で300万あって、いつのまにか250万あったので確認会社で届けだしました。あ、ははは・・。』と楽しそうに話します。普通なら先に300万資本金を供託してから会社登記にかかりますが、自分の失敗を素直に認めるお客様はなんとも好感がもてます。

外見は派手なものの、なんとも礼儀正しい女性起業家で是非成功してほしいと思いきゃ、専門分野の話になると口調が変わり、別人格で鋭い返答ビシバッシ!う〜む・・恐るべし。

周りの方から色々アドバイス、事業計画もたてられているようなので意外と大化けしそうな予感です。

『冨永さん、大きな部屋見せてもらっていいですか?』との問いに『構いませんよ。』との答えをいうと間髪入れずすぐその部屋に向かい『いいですね〜。この部屋・・。早く稼いでこの部屋に移りたいですね〜。頑張らなくちゃ!』目がギラギラ輝くこの女性起業家恐るべし!

目標持つと人間って変わる事を改めて実感した今日1日でした。

師走突入!時間は怖い・・。 

2005年12月02日(金) 22時54分
遂に師走に突入致しました。つい最近までアイスをほうばってた時期からもう鍋を囲む時期となりました。1年が経つのも早いもので、脳みそが退化しているのか、単に忙しく動いててあっという間なのかはわかりませんが、とにかく時間は勝手に過ぎ去っていく事は間違いがありません。

年末といえばサラリーマンにとっては楽しみであるボーナスの時期です。宝くじに使うのか、旅行に使うのかは千差万別、人それぞれですが、周りはにわかにボーナスの話題。
それに比べ経営者にとって年末は一番嫌な時期かもしれません。私はまだ人を雇ってませんのでその痛みはまだわかりませんが、一気に出て行くボーナスという化け物が怖い事はどこの経営者も頭も痛いはずです。たくさんあげれば、次の要求が高くなりますし、少なければ大騒ぎ&やる気なくしたのオンパレード。

大企業の一人営業単価は3000万程度と言われています。しかしながら中小で3000万稼いだら、スーパースター扱い。そんなに稼ぐ人はなかなかいないのが現実でしょうし、人より少しでも稼いでいたら中心選手気分。なかなか経営者はボーナスに関しては、頭が痛いですね。自分もそうなるのかと思うと考えさせられます。経営者と従業員とのボーナス戦争は永遠のテーマかもしれません。

アメリカでは優秀な人は独立、優秀じゃない人はどこかの企業に所属するなんて話を聞いたことがありますが、日本も段々同じような風潮になってきました。ボーナスうんぬん言うより稼ぐ人は自分で起業して稼ぐのがあたりまえになっていくんでしょうね。

先日もガイアの軌跡見ていたら、ホリエモンが一喝『起業するなら、やるならすぐやれ!』なんてコメントがありましたが、時間が大切という自覚なんでしょうね。自分も起業して早1年。つくづく時間の怖さを感じるこの頃。起業してから一人前になるのに3年かかるといわれてますし、来年の会社法うんぬん言っているような会社はまだ時間の怖さを知らないかもしれませんね。もし起業したいならすぐ起業しましょう。悩んでいるようなら半人前起業家はいつでも相談にのりまっせ〜。起業する勇気を後ろからポンっと押してほしい人いましたら、起業家全員で押してあげますので・・。(みんなで押したら倒れてしまうかも・・。)

イーホームズが氷山の一角? 

2005年11月26日(土) 2時07分
さて、この頃メールで不動産ネタは面白いんで書いてくださいなんて来る人もいるのでその期待に応えてここにてひとつご紹介しときます。

今日内装工事屋さんと仕事の打合せした際に、今話題のイーホームズの話で世間話。そこの内装工事屋さんは設計施工するので耐震問題は他人事ではないそうです。実はその内装工事屋さん、イーホームズを使った経験があるそうで、昔のお客さんからうちの住宅は大丈夫なのかというクレームの電話を最近頻繁に電話で来るそうです。『ちゃんとうちが設計してますし、絶対大丈夫です。』の連呼の嵐攻撃だったそうで、さすがに参ったと愚痴をこぼしていました。

その後こんな話が・・。『冨永さん、これ氷山の一角ですよ。設計会社でヒヤヒヤしているところ結構多いと思いますよ。』普通の人がこれ聞いたらうちの住宅は大丈夫かなんて聞く人もいるでしょうけど、そんなの気にしてたらどこも住めませんっていうのが自分の本音です。そんな事いったら怒られちゃうかもしれませんけど、世の中で出ている大半の建売だって震度7なんか出されたらたちまち倒壊。建築業界にはまだまだ皆さんが知らない事は多くあります。ここじゃ言えない事なんかも結構耳にしますしね。

だからといって建築業界、不動産会社のなかでも良い仕事をしているところも多くありますからあまり不信がる必要もありません。ただ大きい会社だから大丈夫というのが落とし穴。知合いに頼んで相談に乗ってもらったり、いなければその会社で何年か経っている物件を見学してそこの入居者に話を聞くのもひとつの方法だと思います。(100%確実かどうかは保証はできませんけどね。)ただやりようによっては調べる方法はいくらでもありますからご安心ください。ただマスコミや本を100%信用しすぎると痛い目に会っている人もいますからあまり鵜呑みしないようにしてくださいね。

利益追求しすぎで物事の本質が見えなくなるのはどの業界も一緒なんですかね〜。信念やポリシー及び良い商品の提供は商売の基本。自分もヒューザーにならないよう頑張らなきゃあかんですね。でもヒューザーの小嶋社長が『私の顔のどこが悪い顔したように見えるんですか?』のコメントは笑いました。充分悪人顔ですと突っ込みいれたくなったのは言うまでもありません。

情報化社会の共有場所を目指して 

2005年11月20日(日) 0時05分
レンタルオフィスの問合せも年末に近づいたおかげか段々減ってきました。年末に会社を起こすって人はまれですから、今は来年に向けて自分の中で作戦会議をしています。

起業して常々考えるのは、インターネットの出現で商いが便利になった事を最近痛感します。インターネットが出てきた当初は、世のおじ様の大半はオタクが使う代物としか考えていなかった人が多かったように思えます。それが今では7000万人の日本人がインターネットを利用し、世帯の88%はPCを持っていると言われる世の中となりましたそして日本のヤフーは世界で4番目のアクセス数と我々の周りではインターネットはごく普通で身近なものになりつつあります。

しかしながら日本人はインターネットを使い切っているかと言ったら、まだまだそうとは言えません。最近様々な人と話してもインターネットはまだまだお店探しやショッピングをする程度の感覚であったり、HPは綺麗に作り上げても上手く情報が伝わらないものも数多くあります。

中にはインターネットなんかそんなもんじゃないの?なんて思っている人もいるとは思いますが発想の転換でまだまだ商売のチャンスは眠っているように思います。業界の古い体質のあるところではこのインターネットの世界を駆使する事で第二のホリエモンや三木谷氏が出る可能性は充分あります。

最近私が思うのは多くの情報を持たなければならない必要性を感じます。そして有効な情報を如何に取得し、新しい発想をそこに如何に注入できるかが商売のチャンスじゃないかなと感じます。また新しい情報は自分だけが独占するのではなく多くの協力者やパートナーに情報を与える事によりまた新鮮な情報を得る必要性を最近つくづく感じます。

もちろん、利用だけしようとしている人には上記の事は該当しませんが、良いパートナーや協力者と情報交換できる場所をこのレンタルオフィスで実現させようと考えています。
同じ考えの人は是非仲良くなって一緒に頑張りましょう。

量販店でボジョレ〜。 

2005年11月19日(土) 1時05分
だんだん寒くなってきました。寒いといえば焼酎でお湯割で一杯。身体が和やか気分も上々さ〜年末を良い形で終わらせてなんて思う今日この頃です。

焼酎といえば、先日池袋で仕事の打ち合わせにむかう途中。なんとビックカメラでボージョレヌーボを販売しているではありませんか?そんなのよくあるよと言われそうですが、家電製品の量販店でボージョレヌーボを売っているなんて妙に違和感を感じたのでちょっと携帯でパチリ。これも日本の商文化なのかと考えつつ、売っているお兄ちゃんがバナナの叩き売りのように叫んでいます。『ボージョレヌーボは数に限りがあります。いかがですか〜ボジョレヌーボ〜』と言いつつ5分歩いた酒屋ではボジョレヌーボが山積で販売。(おいおい5分歩いたらたくさん売ってるぞと突っ込みをそのお兄ちゃんにいれたくなりましたが・・。)
そしてボジョレーも家電製品なのかと思い内心滑稽に映って見えるのは自分だけでしょうか?

でもユニクロも野菜売っているぐらいですから別におかしくないかもしれませんが、その時はあちらこちらで批判されました。商売は最初に違和感があっても一回慣れるとそれが普通と感じるこの日本の商文化の不思議さを感じる1日でした。街には色々観察するものがいっぱいありますね。やはり世の中はやはり面白い!

ガレージマンション 

2005年11月16日(水) 23時36分
先日芝浦にあるガレージマンションというのを見学に行ってきました。ガレージマンションとはなんじゃほいという方をもいると思うのでここで説明しておくと、ガレージマンションとは賃貸住宅の部屋に車やバイクもいれてしまおうというマンションです。

以前、不動産関係とは関係のない友人と話していた際、賃貸住宅に車を入れられたらいいのになんてという話を聞いて、それをやったら面白いな・・と思いきゃ自分の知人がガレージマンションを今度やるから見にきてなんて、世の中には同じ発想を持っている人間が他にもいるんだな・・と実感の沸く今日この頃です。

このガレージマンションは賃貸なのですが家賃を見ると高いのは120万円/月のもあり借りるのはいるのかと思いきゃ120万円の部屋に予約殺到。中には倍の金額出すから貸してくれという人もいたとか。日本人というのはつくづくお金を持っている人が多いんだな・・と驚いています。

人生は1度きりだからやりたい事やらなきゃ損損。こういう夢のある部屋に住むのもありなのかなって思いますけど、いざ自分がお金を稼いでいる立場にたったら家賃けちりその分の儲かったお金で金持ち父さんのように不動産投資でもしてるのかもしれませんね。

何百億稼いで、慎ましい生活を送って死んでいく人もいれば、ヒルズ族のように派手に生活している人もいるし、はたまたエリートの人が新宿で浮浪者になっているのを見ると人生って面白いなって感じます。

自分はどちらに進めるかわかりませんけど、素晴らしい人に囲まれて、みんなが幸せになって自分も幸せになる将来を夢見ている今日この頃です。そしてちなみに丸正ストアで安売りで買った発泡酒を冷凍庫で軽く冷やしてちびちび飲んで次の夢を思い浮かべています。うめ〜。