革靴が大きくて足の甲が痛いのを改善する

March 18 [Mon], 2013, 22:59
なにも靴擦れというのは
革靴のサイズが小さいから起きるわけじゃありません。

足の形と
革靴の内側の形が
ちょっとでもズレていれば起きるのです。

ピッタリの革靴何て言うのは殆どありません
自分の足のサイズに合わせて作ってもらうしかありません。

だいいち、人間の足というのは
すでに左右でサイズも形状も違っているのですから
まったくもってピッタリの革靴というのは存在しないため
靴擦れの起きない痛くない革靴というのも存在しないのです。

ゆえに
小さいから靴擦れがおきて足が痛いのではなく
大きくても靴擦れは発生するのです。

しかしパターンとして違いがでます。
サイズが大きいと、くるぶしのあたりや、足の甲が痛くなります。

靴擦れに悩まされている場合
インソールを入れると良いという話は良く聞きます。
確かに、インソールを変えて、革靴が痛くなくなったというのもありますが

足の甲が痛い場合は逆効果です。
革靴というのは種類によって
木型の形が違うので

大きめのサイズだとしても
足の甲が狭いという場合もあるのです。

すると甲が痛くなります
ここでインソールを入れてしまうと
さらに圧迫感がましてしまうのでダメです。

足の甲が高い人というのは
甲の部分の圧迫感で革靴のサイズを選びます
そうすると、こんどはかかとが緩くなってしまい靴擦れが起き
それを改善する為にインソールをいれると
今度は甲がいたくなるという悪循環です。

そういった場合は
インソールを半分に切って
かかと部分だけ使用すると改善する場合があります。

大きめの革靴なのに何処かが痛い場合は
足の何処かだけがキツい状態であったり
逆に緩いせいでこすれている場合があるので
革靴の革を伸ばすのは逆効果となります。

ですので、革靴のなかで
どの部分が緩いのかを探して
そこを密着させられるように
インソールなどで工夫するのが
革靴から傷みを取る為の方法となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レイザーシュ
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/soheees/index1_0.rdf