AT&Tは12億ドルの取引でLeap Wirelessを取得予定

October 31 [Thu], 2013, 12:14
およそ12億ドルの取引において、前払いで無線プロバイダーLeap Wirelessを得ると、AT&Tは金曜日に発表しました。

航空会社はLeapのために現金15ドルを株式に支払うことに同意しました。そして、それはCricket Wirelessなブランドの下で動きます。合意の一部として、AT&Tは許可、ネットワーク資産と店(加入者だけでなく)を含むLeapの無線特性を得ます。そして、それはおよそ500万を数えます。AT&Tも、Cricketブランドを保ちます。

ジャンプの無線ネットワークは35の州でおよそ9600万人をカバーします。そして、金曜日に声明に一致します。

プレス・リリースによると、「よりよく、低コスト前払いのサービスに興味がある顧客を他の主要な国民的プロバイダーと争うために、合併会社は財源、スケールとスペクトルを持ちます」。

PCSとAWSバンドのスペクトルは、合意も含まれます。取引が承認されるならば、リリースによりAT&TはLeapの「4GのLTE配備を進めて、さらなる能力を提供することでの使用への非利用されたスペクトルと顧客の発達するモバイルインターネット使用のための強化されたネットワーク・パフォーマンス」を置きます。

最近のように、ジャンプワイヤレスは間違いなくより大きな競争的圧力を感じていました。5月に、T-MobileUSAは、MetroPCSで合併を完了しました。

金曜日に、ジャンプの株は、20セント/株の上で、7.98ドルで引けました。

AT&Tは、取得(それは連邦通信委員会と米国司法省によってチェックを受けます)が6〜9ヵ月で閉まるのを予想します。
P R
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる