【 更新情報 】

スポンサードリンク

ソフトバンクとドコモとau

今の日本の携帯電話市場はドコモとau とソフトバンクでほぼ占められていますね。
その中でもソフトバンクは市場参加が2006年と後発組のため、まだまだ3番手です。
それぞれの会社のいいところ、悪いところがあるように感じますが具体的にはどうなのでしょうか。
最大手のドコモは、何と言ってもブランドバリューがあり、ユーザー数が圧倒的に多いこと。
これは、デジタル携帯電話「FOMA」の対応エリアが広さとあいまって、使っていることの安心感につながります。人は、まず安全を求めますから、多少サービスの部分で劣っていても、安心感のあるところから物を買います。
auについては、電波が他の2社よりとてもいいので、使っていて安心です。また、音楽携帯としての機能が高く、パソコンとの連携がいいのでタダのケータイというよりも、それ以外での用途にアドバンテージがあるように思います。
そして、ソフトバンクはホワイトプランに代表される料金の安さ。基本料金が980円というのは、どれだけ割引されてもここまでは、基本料金が下がらないですから、最初から980円が適応されるのは、大きなメリットだと思います。

ソフトバンクの携帯事業参入

ソフトバンクが携帯事業に本格的に参入したのは、まだつい最近の2006年の10月。それまで、ドコモとauでほとんどの市場を占めていたところに参入したのですから、大変なことだったのでしょう。
ソフトバンクの携帯電話の通話料金プランがドコモやauに比べてわかりにくく、途中コロコロ変わった時期も合ったようですが、ここのところ、ようやく以前よりわかりやすくシンプルになったのではないでしょうか。
その中でもホワイトプランは、定額料を980円と安くし、また指定時間内(1時から21時)であれば、ソフトバンクの携帯どうしはタダ。これなんかは、わかりやすく、使うほうとしても気をつけて使えば1ヶ月の支払いのめども立てやすいのでいいと思いますね。
さらには、ホワイト24というものに入れば、家族間通話が24時間無料になります。
契約何ヶ月目で、何%基本料金が割引され、さらに無料通話分がいくらを超えると1分あたりいくらかかるかなど、気にせずに使えるので、これはいいと思います。
まあ、ソフトバンクにもゴールドプランの様に、無料通話つきのプランなどもありますが、
上手に使えば、ソフトバンクのホワイトプランはお得ですね。

ソフトバンクの携帯プラン〜ホワイトプラン

ソフトバンクの携帯料金プランにホワイトプランがありますね。
このプランは、上手に使うとすごく安くなりますね。
ホワイトプランは基本料が月額980円。
相手がソフトバンクの携帯電話なら、1時から21時までの国内通話料金が無料になります。
21時から1時までは30秒で10.5円、ドコモやauの携帯電話に勝てる場合も30秒で10.5円になります。
家族や友達がソフトバンクの携帯電話を使っているなら、めちゃくちゃお得ですね。
(ただし、市場の多くはドコモやauの携帯なので、仕事でいろいろな人と話す人や、ドコモやauの携帯電話の人とメインで話す人などはよく考えたほうがいいですね。)
また、Wホワイトというプランもありますね。コチラは、ホワイトプランの基本料(月額980円)に、さらに980円をプラスすると、ソフトバンクの携帯には21時から1時の間も国内通話料金が無料になるというプランです。
このWホワイトのプランは、主に夜、通話することが多い人にはお得なプランですね。若い人向けでしょうか。
とにかく、24時間通話料のことを気にせずに話し込める。特に、ケータイのヘビーユーザーの方は、よく話す相手同士、ソフトバンクのWホワイトプランにすると、かなりケータイの通話料金が節約できるのではないでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ