ソフトバンクホークスの2015スローガンは「熱男」

July 03 [Fri], 2015, 1:46
ソフトバンクホークスの2015年スローガンは「熱男」です。
工藤監督の発案だそうです。

工藤監督は、どういう思いでこのスローガンを考案したのでしょうか?
2014年に日本一になったホークスは
秋山監督が都合により勇退されました。

日本一の監督が引退するのは極めて異例です。
長いプロ野球の歴史でもたったの二人目だそうです。
そのあとを引き継いだのですから、工藤監督は大変です。

通常、監督を引き継いでまず目指すものは、
昨年の成績よりも上になることです。
そして、多くの監督は成績不振で辞めますので、
昨年の成績上回るのは、そんなに難しいことではありません。

しかし工藤監督は違います。
前年よりも上を目指すことは、基本的にはできません。
何しろ、前年が頂点ですから。

こうなると、もちろん目指すのは連覇です。
それ以外ありません。

また、秋山監督は6年間指揮をとって
リーグ優勝3回、日本一2回。
Aクラス5回、
唯一のBクラス(2013年4位)を含めて
毎年5割以上を確保。
2011年はセ・リーグを含めて全球団に勝ち越す完全優勝。
名将と言わずして、なんと呼べましょう。

その、名将の跡を引き受けたのですから、工藤監督は大変です。
自分自身が熱くならないと、とても引き受けられません。

ということで、ホークスで一番の「熱男」は、工藤監督です。
実際、非常に理論派であり、クールな感じもしますが
とっても熱い人物ですよね。

ホークスの選手で「熱男」は誰かと、探しても、
あまり思い浮かびません。
しいてあげれば、打者では吉村選手と明石選手でしょうか。
投げる方では、森投手と五十嵐投手を思い出します。

一般に、松田選手や柳田選手が熱男と思われていますが、
この二人はどちらかというと、マイペースですよね。
むしろ、長谷川選手と中村選手の方が熱い思いは伝わります。


さて、それはともかく連覇するためには、
自分が熱くならないといけません。

そのために大事になってくるのが、健康管理です。
こればっかりは、注意しないと、病気になっている暇はありません。
しかも、連覇をするとなると、とってもしんどいことです。

健康のために、工藤監督が使っている商品を調べたところ、
酵素ドリンクのキャラクターとして活躍されていました。
「大平酵素」ですね。

酵素ドリンクとは、どういうものなのかあまり気にしていませんでしたが、
これはとっても健康に良さそうです。
ダイエットだけで使うのはもったいない。
日々の健康の秘訣として使いましょう。



↑↑  ↑↑
写真をクリックすると、楽天のページに飛んで、
工藤監督の開設者時代の笑顔に会えます。(たぶん)