オオミミハリネズミだけどのんつぁん

June 17 [Fri], 2016, 10:06
看護師になるための資格である国家試験は、年に1度行われます。
看護師が不足していることが問題となっている我が国にとっては喜ばしいことに最近の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準をキープしています。看護師の国家試験は、大学入学のような不合格させるための試験ではなく、決められたラインをクリアできればパスすることができる試験です。看護師の勤務体制は、他の職種に比べるとかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。


体制は一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。



ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。ツアー旅行や修学旅行などに随行し、怪我や病気の簡単な処置や病院への手配を行う看護師もいます。家庭を持ち子供もいる人は土日の休日があったり、夜勤のない職場を必要としているものです。


病院以外の所で勤務するには、それぞれのケースに適する専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。


看護師の働き先といえば、病院という想像が普通でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。

保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。



それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。

看護士の志望理由は、実際のところ何を発端にして看護師を人生の目標とするようになったのかを取り入れることで相手に感銘を与えることができます。


職業を変える際の志望動機は、今までに育んだスキルを活かしたい、より多くの人の役に立つ技術を体得したいなど、前向きな印象を持たれるようにしてください。前に勤めていた職場に対する誹謗は言葉にしないようにすることが大事です。
看護師資格を取るための国家試験は年毎に一度あります。
看護師の数が不足している日本には嬉しい兆候として、今のところ看護師試験受験者の合格率は、9割という高い水準を、持続しています。看護師の国家資格の試験は、定員以外をふるい落とす試験ではなく、決まった点数を取れば資格を与えられるシステムです。


お年寄りの方の増加が進み、福祉施設における看護師の需要は増加してきているのです。そしてしっかりとした会社になると医務室に看護師がいて、様々な角度から健康、ストレスなどのサポートをやっています。そんな場合は、その会社の一員になる可能性もあると言えるでしょう。
看護師資格を得るための国家試験は、年に1回実施されています。看護師の不足を問題としている日本にとっては喜ぶべきことに、ここ数年の看護師の資格合格率は90%前後と異常に高い水準を維持している。看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすれば合格できる試験でございます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sodiuyenp1ctre/index1_0.rdf