いつものように

June 05 [Mon], 2017, 23:24
動物病院でよく「いつものように声かけてあげてください」とか「いつものようにごにょごにょしてあげてください」と言われる。
注射したり、血液採取したりする時が多いのですが。要するに、気をそらしてください、安心させてあげてリラックスさせてくださいということなのです。
あ、ちなみに「ごにょごにょ」とは、顔の辺りをごにょごにょしてあげることです。

ある日、くろちゃんの血液検査だったかなんだかの時、例によって「いつものように」と言われ、
本当に普通にいつものようにごにょごにょした。
「大丈夫よーいいこいいこー」と言いながら、
ごにょごにょしながらいつものように頭にチュッってしてしまった。


はっ!

やんだーいつものようにって言うからちゅーまでしちゃったー(o´ェ`o)ゞエヘヘ

・・・・・やんだーーーーーーー(ΦωΦ;)
動物病院の診察室だってことしっかりすっかり頭から抜け落ちてたーーーーー!
「いつものように」って言うからーーーーーー!

あれ以来「いつものように」って言われるとついつい冷静になってしまいます…
だってさ、いつものように声かけるって
めんこちゃーんめんこみそちゃーん
とか
めんこくろちゃーんめんこくろこちゃーん
とか
可愛いねー可愛いねー
あらっ!?昨日も可愛かったんじゃない!?
これはもしかして明日も可愛いんじゃない!?
なんだか世界一可愛いって噂よーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
うちでだけだけどねー(o´ェ`o)ゞエヘヘ

とか言うわけにいかねーじゃんっ!

そんなわけで、最近はついつい
大丈夫だよー・・・いいこしててねー・・・・
とテンション低めで声をかけています。
許せチームくろみそ(●´人`●)

真夜中に笑う

May 30 [Tue], 2017, 22:25
一昨日、夜中に猫の唸り声で目が覚めた。
起き上がったら慌ててU村さんが逃げていったのだが、
なんと唸っていたのは私の椅子にいたねこたくんだった。
くろちゃんはそのすぐ近くの椅子で羽毛布団にうもれて寝ぼけまなこであった。
・・・・なぜねこたくんはここで寝ているのか(笑)
まあいいでしょう、これで外に出すとまた入ってきてまた出しての繰り返しになるから
ここはそっとしておくことにしよう。ヽ( ´O`)ゞファーァ...㍕(´〜ヾ)㍕

朝方、母が起きてきたら、ねこたくんが母に声をかけた。
あ、まずいまずいと思ったら、母も「はいはい、おやすみねー」と…
朝方とはいえまだ薄暗かったので、ねこたくんであることに気付かなかったのか?
後で確認したら、やはり、ここで外に出すと更に面倒と思ったので放っておいたらしい(笑)

そして昨日。
夜中にねこたくんの声がして目が覚めた。
が。
すぐに私の隣で寝ていたみそちゃんが
「夜は寝る!」
と指導して、ねこたくん椅子に座り直す(笑)
その後またしばらくして、ねこたくんが椅子から降りて何事か話しかけたら
またまたみそちゃんが
「夜は寝る!」
ねこたくん、椅子に戻って寝た(笑)
なんだか夜中にくすくすと笑ってしまいました。

てゆーか。なんでねこたくんうちで寝てるの(笑)
そして、そのことをチームくろみそもルールを守っていれば特に咎めてないようなので、なんとなく我が家も容認しています。

真面目な話をすると、ねこたくんが右前足を怪我して、なんだか手当のようなことをしてくれていたけど様子がおかしいので私が勝手に病院に連れて行って、高熱が確認されたので抗生剤の注射をしていただいたりした。
その後、様子を見ていたけれど、先日、また怪我をしたのか同じ傷跡からものすごい膿が出ていて、
これはまた病院に連れて行くしかないのかもと思っていたら、それがよかったのか、ここ数日すこぶるいい感じ。
そんなねこたくんを私は勿論ですが、父も母も気にかけているのです。
だから、夜中に家で寝ていても黙認です。
まあ、みそちゃんの「夜は寝る!」
に支えられ(笑)

でもさー…みそちゃんよ。
あなたも自分が一晩中遊び歩いている時はおかまいなしなのに、
自分が家で寝ているときだけ正義を振りかざすのはどうかと思うよ(笑)
そうは言っても、みそちゃんの一言で我が家の夜中の平穏が保たれているんだけどさ。

右前腕猫咬創部

May 24 [Wed], 2017, 22:37
まあ、読んで字の如し(笑)

それは先々週の土曜の夕方でした。
録画してた「青の炎」を観ていたら、いよいよニノさんが…て頃に
我が家のサンルームから不穏な唸り声が。
我が家の庭とかカーポートの辺りとかサンルームとか温室が
行列のできそうな近隣の猫人気スポットになってるんですよ。
勿論、行列なんか作りやしませんよ猫だから。
行列の前にケンカになりますから。
そうです、それが勃発してるみたいなの。
うちの辺りのボスは多分U村さん(♂)で。
彼は町内の老夫婦が昔ながらの飼い方で飼っている猫だから、しょっちゅう我が家の庭にもやってくる長毛種。ええ。もうね、そこらの野良猫にガタガタ言わせない、飼い猫とは思えないワイルドな風貌(笑)無論未去勢。立派なもんです(笑)
我が家の庭を通り過ぎていった数多のオス猫たちはいつの間にか彼との闘いに敗れたと思われます。
ところが。
なぜか唯一、ただひとり今でもやってくるのがキジトライケメンのねこたくん。
ねこたくんは可愛い。声も可愛い。しかも甘え上手。
少し前に右前足を怪我していて、飼い主さんだか餌やりさんだか知らねぇが(怒)中途半端に可愛がってる親切な方が傷の手当てをしてくれていたのですが。
傷はふさがったものの、どうにも様子がおかしいので、私、病院に強引に連れて行きました。
案の定高熱。抗生剤の注射を打っていただきましたとも!
おかげで私の財布にも抗生剤頼むよってぐらい┐(´∀`)┌

話それまくりましたね(笑)
で、サンルームでU村さんとねこたくんが争っているようなのです!
早速、いいとこの“青の炎”ニノさん放ったらかしでサンルームに行きました。
明らかに劣勢のねこたくんは、くろちゃんのおうち型のベッドに逃げ込んで怯えている。
U村さんを追い払い、怯えまくっているねこたくんを安心させようとベッドの中に手を入れました。
・・・・ええ・・・入れちゃいました・・・・

錯乱状態のねこたくん、思いっきり本気咬み(ΦωΦ;)
なんていうか…巨大なコブラに咬みつかれた感じ…
上の犬歯(猫なのに犬歯!)と下の犬歯(これまたやはり猫なのに犬歯!)が、そりゃもうきれいに食い込みまして。
あ!って言ったら、ねこたくんもあ!って感じですぐ離してくれたんですが、それを見たくろちゃんが「うちのゆんこちゃんに何てことをーーーー!」って怒り心頭だったので、慌てて抱えてサンルームから出ました。
出ましたが。
血が出ます(笑)
いや、(笑)とか言ってる場合じゃないぐらい(笑)
確か、犬猫に咬まれたらめっちゃ危険という情報があったはずと思い、ググってみたけど、
ちょっとマジで危ないリンクは踏めない(ΦωΦ;)
リアルすぎて見たら気を失う!
ここは一般的にどうしたらいいのかレベルだけ見よう!

とりあえず傷口から毒を出すべく血を絞れ!
お、おぉうっ!
最早絞りすぎて腫れているのかどうなのかわからないぐらい絞った!
病院に行け!すぐ行け!
・・・・土曜の夕方…病院もうやってない…
しかも果たして本当にこれ救急外来に行くような事態?
とりあえず傷口を水道で洗いながらまたまためっちゃ絞って、消毒してカットバン貼って、明日の当番医を調べた。
とりあえず明日は病院行こう、大変なことにならなくても一応行こうと思ってるそばから、今度は本当に腕が腫れてまいりました…
久々にもしかしてすごくヤバイ状況に陥ってるのではないかと、ちょっと覚悟しました(ΦωΦ;)

日曜日、当番医のお世話になってまいりました。
もうね、先生が、ドSじゃないかって勢いで傷口を押しまくり絞りまくり(笑)
傷口を切開して膿を出すかどうかの見極めをしていたらしいが(ΦωΦ;)
結局破傷風予防含めて、点滴と抗生剤の注射をして、切開はしませんでした。
で、病院から処方されている外用薬に「右前腕猫咬創部に塗布」って書いてあるわけだ(笑)

今も一日二回消毒して薬塗って絆創膏貼って、お風呂もシャワーだけ、しかも入る前に防水フィルム貼って。
まあどうやらねこたくんの犬歯が立派だったので、傷は深かったものの傷口はあっという間にふさがり、痕も残らなそうです。

さて。
ここで言いたいのは、だから野良猫は危ないんだよってことではないです。
危機的状況に陥ってパニックになっていたら自分ちの子でも咬むそうです。
調べてみて。
自分ちの子にマジ咬みされて病院のお世話になった人結構いるから。
パニックになっている猫に安易に手を出さないで。
えーと、これ、リアルな意味での手を出すなってことです。
助けることはいい。
でも安易に目の前に手を出すなってことです。
じゃあどうすればよかったのかと言うと、とりあえずベッドごと抱きしめてあげたらよかったかなぁ。
大丈夫だよ、ねこたくん、君はもう大丈夫だよってわかるまで。
(洗濯ネットが役に立つのはこういう時です。もし、パニックになっていたり、暴れそうな敵意むき出しな時は洗濯ネットに入れて保護して下さい)
ねこたくんは全然悪くないんです。
もしかしてあの状況になっていたら、チームくろみそだって私の腕に噛みついたかも知れない。
実際、私に噛みついたねこたくんにくろちゃんが、あの温厚でぼんやりのんびりなくろちゃんが飛びかかろうとしていたのです。

猫のことよくわかってるつもりになってました。
ただの「猫好き」からちょっと大人になりました(o´ェ`o)ゞエヘヘ
ねこたくんは今もやってきます。
昨日も隣に座って、とりあえず私におでこをごっちんごっちんした後、一緒にめだかをながめてくれました。
無理矢理病院に連れて行かれて病院で大暴れした後も、あんなことがあった後も、普段のねこたくんは穏やかで、チームくろみそに「図々しすぎる!」って叱られても反撃したりしない心優しい男の子なのです。

美しき天然

March 20 [Mon], 2017, 22:43


もう、曲も映像も全然今の季節に関係ないけど、
桜が咲いたり咲かなかったりする季節ですね。
この季節、必ず思い出すことがあります。

私の高校受験の時、母校では合格発表の前日ぐらいに卒業式があり、
その時に
桜が咲いた人は合格発表の翌日の午後、
咲かなかった人は午前中に教室に集合

というお達しがありました。
そこには多分、受かった奴らはいつまでもダラダラと教室でしゃべってるだろうから
午前中にすると、桜が散ってしまった人が来るまでしゃべり続けているかもしれんという
先生の優しさがあったに違いない。

さて、当日。
どうにかこうにか桜が咲いたので、午後に中学校へ行きました。
色んなレベルの第一志望に桜を咲かせた、元級友が集まっています。
この際、どのレベルの高校かは問題じゃない。
とにかく自分たちは一番行きたかった高校に春から行けるのだというそれだけで
浮かれて、ドアが開く度に入ってくる人に声をかけては仲良く盛り上がっておしゃべりしていました。
そこへ。
扉が開いて入ってきたのは!
誰もがその事実を知っている、第一志望に落ちたひとりの男子。
まじめでおとなしい彼がなぜ間違えて(なのか、うっかりの遅刻なのかは不明)浮かれまくってるところにやってきてしまったのか。
誰もが言葉を失うはずのその局面で。
よりによって県内で一番の高校に受かった男子が、
当たり前のように普通に声をかけました。

あれ!
どうしたんだよ、○○くん!
落ちた人は午前中だよ!


えぇぇぇぇ・・・・・・
なぜそこまでまったく悪気もなく、
まるで「どうしたんだよ、ここは女子トイレだよ、君は男子じゃないか」ぐらいのトーンでそんなこと言えるのだ…
ほんとに、彼の名誉のために言っておくけど、
本当にそういう嫌みを言うような人ではなかったのです。
そう。多分、天然。

もう本人は全然覚えていないと思います。
だってほんとに普通に(しかも割と大きな声で爽やかに)言いはなったので、特別やらかしちゃった感も本人にはなかったと思うので。
でも私は絶対忘れられない。
もうね、高校入試のニュース見たら今年も思い出しちゃったもん。
去年もその前ももっと前も、とにかく毎年思い出しますよ、ええ。
彼を責める気持ちも全然ないけど、天然てすげえなぁと思ったのであった。
あれ、どうなんすかね、天然て大人になると治るもん?
あの勢いで大人になってたら、結構やらかして出世街道から外れまくってる気もするんだけど。
もうほんとにほんとに成績もよく、性格も(天然すぎる以外は)よかったんだけどなぁ。

福島を忘れない

March 11 [Sat], 2017, 23:03
もう6年経ちました。
毎年あの頃のことを振り返っていますが、
今年はずーっと考えていることを書きます。
色々と暴言吐きそうなので今日は素面で書いてます(笑)

震災の後、お隣のアパートに福島から避難してきた方々がいました。
とにかく着の身着のまま、わんこ2匹を連れて車で避難してきたと。
アパートは本当にお隣さんだけどそれまでは挨拶する人もいなかった。
でも、福島からいらした方々はちゃんと挨拶してくれた。
それは、我が家に猫がいて、そちらには犬がいたからかもしれないけど。
庭越しに毎日挨拶するようになって、段々なかよくなった。
夏のある日、「もしいやだったら捨てていいです(^^;)」って
福島産の大きな桃をたくさんいただいた。
福島の桃は本当においしい。
おいしいから喜んでいただいて、勿論全部食べた。
昨年の春、住んでいらした地域が避難解除になったので福島に帰られたが
それまで毎年桃をいただいた。

福島には大学の頃の友達も住んでいるし、別ルートの友達も住んでいたり、
友達の実家があったりする。
その関係で、友達からも(正確には友達のご両親からだけど)毎年桃をたくさんいただく。
最初にいただいた時、「気になるようだったら送らないから遠慮なく言って」って言われた。

福島の人にそんな風に言わせる空気があった。
あったっていうより蔓延してた。
一部の「なんでもかんでもどこもかしこもとにかく福島と名のつくものは危ない」と盲信してる奴らに蔓延してた。
泉谷のおっちゃんが福島の野菜を食べて応援しようぜ!って言った時も
ひどいことを言ってる奴らはたくさんいた。
泉谷のおっちゃんは阪神淡路大震災の時もギター一本でやってきて、
道の真ん中で歌いまくって、募金したら「ありがとなー!」ってちゅーしてくれた。

ここからは本当のことを赤裸々に書くと多方面に迷惑をかけそうなので、
色々とぼかして書く。

某出版社(めっちゃ大手で、もう名前を言ったら知らない人はいないようなところ)の編集者(これまた普通にどこでも買えるような出版物の、だ)が、やっと上京できるようになった岩手県民が編集部を訪れた時、
「何で来たの?高速バス?それって福島通ってきたんでしょ?放射能浴びてるんじゃないのー?(ニヤニヤ)」と言ったそうだ。

こういう大人がたくさんいたんだから、そんなあほな大人見てたら、いじめるガキも出てくるかもしれんと思う。
でも、そういうあほガキを作り出した大人も、そのあほガキもみんなまとめて…
(以下自粛)
…たらいいんじゃないかと心の底から思っています、わたくし。

確定申告

March 09 [Thu], 2017, 22:02
昨日、やっと確定申告してきました<(ΦωΦ)>
昔々、一度だけ確定申告したことがあった筈なんだけど、
どうやってあれをきちんと記入して行けたのかわからないぐらい
何が何だか┐(´∀`)┌
しかも私、一応個人事業主ということになっているので、
なんだか収支決算書?違った?既にあやふや…あ、収支内訳書だった。
そんなの初めて見ましたよ!
そんなのも出さなきゃいけないみたいで、あぁ〜〜〜〜〜延納とられてもなんでも
絶対申告できない!できる気がしない!
と思ったけど、弥生のおかげであっさり終わりました。
以上。



じゃなくてさ(笑)

そのたった一度の確定申告の時は、お役所の人とマンツーマンで長々とお話した記憶があるんです。
しかも、税務署だか国税庁だかからの封筒を見ると、
申告書の作成会場では1時間以上かかるかもって書いてあるわけですよ。
あーこれは大変だ、自分が申告に要する時間も長そうだが、待ち時間も長そうだ。
待ってる間に読む本も持った。
駐車料金がかかりそうだからバスで行くことにした。
準備OKで会場に着いて、エレベーターを降りたら。
ドアが開いた正面に「←申告書作成の方」「→申告書提出の方」
・・・・うむ。一応弥生ちゃんに作ってもらった申告書があるでござる。
というわけで右に進む。
待ってる人5人ぐらい。
意外にさくさく進んで、自分の番。
書類を提出すると「あー、印刷してあるとなんか安心するんだよなー」
と言いながら、最低限のチェックだけで全部終了。

えぇーーーーーーーーーーーーー・・・・


だよね。
印刷してあると言うことは、手書きじゃないと言うことは、
国税庁か会計ソフトで作ったってことだから
本人の入力ミスがない限りは間違ってないってことだもんね。


うん。
結局やっぱり弥生のおかげであっさり終わった(笑)


まあそんなわけで、今回は税務署の方とも特に話さずあっさり終わったわけですが。
その昔、私が自力で確定申告に行った時のこと。
ここからが今回のキモだ!


確定申告に関するお話も色々しながら、お役所の方が言いました。
「yuncoさんは○○におつとめなんですね」
「はい」
「昨日N村さんがいらっしゃいました」
「あぁ、N村さんとは同じ部署です。先輩です」
「素敵な方ですねぇ」
「はい…」
「お友達になりたかったなぁ」
その後も彼女のプライベートな話をふってきたけど
「いやープライベートなことはあまり話さない方なので」と
お茶を濁すというか呆れたのでぶっちぎり。


知らねぇよ。


てかさぁ、そういうのあのとき私が税務署に電話入れてたらどうなの?
呆れたから、N村さんに、こういう人がいたから気をつけてくださいって言ったよ。
N村さん言ってたよ。
確定申告に関係ないプライベートな話をしたがって困ったって。

あの頃は私も若かったので受け流してたけどさ。
今ならその場で、周りに確定申告の相談に来てる人がいっぱいいる会場で
大きな音を立てて立ち上がって
「え、何言ってるんですか?
申告の相談に来たのに先輩との仲を取りもてっておっしゃるんですか?
いやいやー、さすがにそれは無理ですけどー!'`,、('∀`) '`,、」って
言ってますよ。

今頃税務署で偉くなってるのかなぁ、
良かったね、あの頃の私が小心者で。
○○さんよ。

思い出

January 06 [Fri], 2017, 23:17
ブログには書いてなかった気がする。
Twitterではちょこちょこつぶやいてたけど。

「SMAP 25 YEARS」聴いてます。
私、最初からSMAP好きだったわけではなく。
と言うか、実はやや嫌いだったかも。特に「中居ちゃん」が(笑)
子どもの頃はさておき、アイドルって興味なかったの。
一時期ヲタクだったし(笑)
マイナーなアーティストが好きだったし(笑)
そんなことも思い出しちゃう。

「夢モリ」放送してた頃、毎週土曜は地獄だった。
23時に帰れたりすると大はしゃぎしそうだった。
それでもさー、あの頃自殺した人とかいなかったよ。
23時に終わると、早くてよかったー!って飲みに行ったりボーリング行ったりしてた(笑)
2時とかになって、いや、さすがに今から行ってもダメかって、何かの景品でもらったハンディカラオケで会社で熱唱したこともあった(笑)

たまたまそんな日に家に帰ったら夢モリやってた。
SMAPとかどうでもよかったけど、おもしろかった。ジャニタレなのに太まゆとかコントとかありえーーん(≧∇≦)ノ彡

デビューシングル、東京の友達に頼まれて、近所のCDショップで予約購入しました。
予約すると、仙台でのSMAPの握手会の整理券がもらえたの。
今でも覚えてる。
私アイドル全然興味ないので「すっごくいやだと思うけどお願い!」と言われ(笑)
そのお店は市内では有名どころだったのもあってそこで買ったけど、整理券と言いながら会場での座席も記入されていて、後日、あーこれなら店は小さいけど全国チェーンのお店で買えばよかったねと友達に言ったら、人が少なくて、みんな前に移動させられたからよかったよ、と…
えぇーーーージャニタレなのにーーーー
そうです。ごめんなさい。ジャニタレって蔑称です、当時の私としては

地方の夜中はつまらん。
でもラジオは聴けた。それで、たまたま聴いた「中居ちゃん」のオールナイトニッポンがなぜか面白かった。SMAPの人が誰が誰なのかよくわかんなかったけど、ちょいちょい「森くん」とか「慎吾」が遊びに来てた。とにかく面白くて、えぇーーージャニタレなのにおもしろすぎるーーー!とよく聴いていた。
ある日中居ちゃん(現中居さん)が布袋さんの曲紹介で「次はっぬのぶくろえんそうの〜」と言って、曲が流れた途端すべてを理解して夜中に大爆笑した(笑)

なんだかよく覚えてないんだけど、いつの間にかSMAPは生活の一部になっていた。
あんなにバカにしていた「中居君」が大好きになっていた。
そしてSMAPが好きになっていた。
最初の頃は、もしSMAPから中居君がいなくなったらコンサートに行かないねーと思っていたけど、
遂に誰が欠けてもSMAPのコンサートには行く(๑•̀ㅂ•́)و✧と普通に思うようになっていた。

ちなみにコンサートで「中居くーーん!」とか「拓哉ーー!」とか叫んでるうちは甘いね┐(´∀`)┌
私は必ず「すまっぷぅ〜」って叫んでしまってます(笑)

アルバムを聴いていると、色んなことを思い出す。
ダフ屋にインネンつけられたことも思い出す(笑)

東日本大震災の時に、薄暗い街中を車で走りながらオリジナルスマイルを聴いて涙目になりながら勇気を奮い立たせてたこと、SMAPから直筆メッセージが届いたこと、ファンクラブから被害状況のお伺いがあったこと、STAYを聴きながら、たったの50年一緒にいられなかった方々がいるであろうことに気付いたこと。

そう言えば、夢は、SMAPが年をとって、チケットも取りやすくなって、ディナーショーでめっちゃ近くで堪能することだった。
そう思ったのは、利府でのコンサートの帰り、交通渋滞で最終電車にはもう間に合わねーって時に、その最終電車を駅員さんが止めて待っててくれたからだった。

思い出が多すぎる。
なんだこれ。
なんだよSMAP。
泣きそうだよ、今更。

母伝説

December 08 [Thu], 2016, 22:29
♪遠いむーかしのことさ♪
それはスタレビ「夢伝説」(^m^ )

そうではなく我が家の「母伝説」でござる。
時々すごいのをぶっ込んでくるので、伝説にしておかねば。

【ありがち編】
さっきまで家電の子機を使って電話していた母。
一旦切って、カレンダーなど確認して再度かけ直そうと子機を手に取ったら
「あれ?これどこ押すんだっけ?外線ボタンじゃなかったっけ?
外線ボタンないんだけど!」

母よ…それは子機の隣に置いてあったテレビのリモコンです…


【いいまつがい編】
「ねぇねぇ、この前までこの辺にあった『死んでもいいですか』みたいな本片付けちゃった?」
・・・・・・・・・
いや、そんな後ろ向きすぎる本読んでないから…
しばらく考えました。
最近読んでて、テーブルの上によく置いていた本…
それは。
北大路公子先生の「生きていてもいいですか日記」だ!
このことを北大路先生にお話したところ
「死なないで!とお母様にお伝え下さい」とのありがたいお返事をいただいた。


【最早意味不明編】
「そうそう、お父さんと行ったねー
アートネイチャーセンター

違います。
それは毛がいっぱいではなく
自然がいっぱいのバードネイチャーセンターです。
しかも正確にはネイチャーセンター( ・ノェ・)コショッ


【お母さん車の免許持ってないから編】
先日、タカトシの番組で大型バスを立体駐車場にバックで入れるっていうのを見ていた時。
何か音がするなーと思っていたら、
バスを入れようと、そうじゃない!戻す!右!あー!とか言いながら
湯飲み茶碗握りしめて右に左に切り返していた。
湯飲み茶碗がテーブルを滑る音だった(≧∇≦)ノ彡
てゆーか、お母さん原付免許しかないから。

鉄は熱いうちに打て。言葉は若いうちにもらえ。

October 19 [Wed], 2016, 23:41
今季のドラマは今のところ結構いい線行ってる。
「逃げるは恥だが役に立つ」星野源ファンならずとも面白いと思うけど、
私星野源ファンなのでどうかなぁ(笑)
「レディ・ダヴィンチ」吉田羊ファンならずとも…以下同文(笑)
そして「校閲ガール」。
これはいいです。予想に反してよかった。
毎回いい意味で裏切られてる感じ。
なんか初回見た時に、
えぇーーーーなんだかんだで毎回主人公が大ピンチに陥るも
それが結局いい方向に転がって、よかったねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
ってドラマかよー
って思ったらそうじゃなかったし。
覆面作家の正体が視聴者にはバレバレなのに最後まで引っ張って
きーーーっ!ってさせるのかよって思ったらこれまた全然引っ張らなかったし。
今回もよかったなぁ。
江口のりこさんお綺麗でした(人´∀`).☆.。.:*・゚
今シーズンのおもしろいドラマに言えるのは、脇を固める役者さんが素晴らしいのはクソみたいなドラマにも言えることだが、主役が素晴らしいってことですかね。ゴリ押し主役じゃなくてさ。
あぁ言っちゃった(笑)

そうじゃない。
そんな話ではなくてさ。
今日の「校閲ガール」見ていて思い出したことがある。
もしかしたら前にもここに書いたかも知れないけど
書かなくても、ふとした瞬間に思い出す「言われた言葉」がある。

「誰にも嫌われずに自分を通せると思うな」

自分の理想に向かってひた走ってる姿は自分にしか素敵に見えない。
いや、自分には素敵に見えてるけど他人には関係ない。
むしろそんな理屈ではなくて
何が何でも自分を通すならそれぐらいの覚悟を持てよ、覚悟が持てない程度の「自分」ならさっさと引っ込めろって話です。

「思ってることを全部口に出すなよ(笑)」

一応これは苦笑いで言われたことなのですが(笑)
いや、私、中学ぐらいまではそんな子ではなかったと記憶してるのですが(ΦωΦ;)
よく考えるとそうでもなかった気もしてきてますが(ΦωΦ;)
いやいや、やっぱり子どもの頃からそうだったのかも。
ただ、これには自分なりのルールがありまして。

絶対におかしいだろ、何言ってんだよふざけんな、って感じた時です。
あんた頭悪いのか?表に出ろ、こら、って感じた時です。
ぶっ飛ばすぞこら、って感じた時です。
わざわざ言うのが面倒な時は舌打ちです(笑)
舌打ち、便利だな。

ちなみに「思ってることを全部口に出すな」って言われた時の
私の返しは

「これが思ってることの全てだと思ったら大間違いです!」
でした(笑)

とにかく、そういうことを言ってもらえるのは若いうち。
若いうちは色々な言葉をもらった方がいい。
辛辣な言葉をもらえない、もらっても心に残らないような言葉しか投げつけられない状況は恵まれていません。
あなたが若いうちから完璧だからそういうことを言われないのでは決してありません。

ま、まずはそれに気付け。
気付いてないなら一発殴らせろ。

いやいやいやいや(ヾノ・∀・`)

September 27 [Tue], 2016, 23:58
自営業になって、年金や健康保険や失業保険や色々あった。
あれ?住民税ってどうなってんの?
まあ、払わなけりゃ振り込みの用紙が送られてくるよねー
なんて思っていたら来ましたよ。
いや、振り込み用紙じゃなくて「あなたの前年の収入がわからんのでお知らせ下さいね」って。


はぁ!?



待て待て待て待て…
あのね、前年って私会社員だったの。
給与未払いだの遅配だのある会社員だったの。
でも、確定申告は会社がやってくれてる会社員だったの。

ええ。連絡したわ…お役所に。
そしたら調べてくれました。


会社が確定申告してないようですね


はぁ!?


仕方ないので会社の確定申告待でござる┐(´∀`)┌

殺伐としたので
自分の今の気分にも似ている、
庭で見かけたハンターをアップするね!


どうですか、関根さんの
か〜ま〜き〜り〜
が聞こえてきませんか(笑)



彼岸花。
儚げなその造作とはうらはらの
はっきりしたビビッドな色合いに
強さを感じます。
別名が結構不吉なので
ついでにあげておきます。



マジで殺伐としてきたので
よく見ると妖精が飛んでいるのが見えそうな
そんな素敵な風景もアップします。

しかし、こんなメルヘンな風景ですが
実は、この雑草も手前の切株も、
売るべく綺麗に刈られたものの
売れ残っている近所の売り地(笑)
これまた業が深いです(笑)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yunco
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月27日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
ブログの恥は書き捨て。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/socox2/index1_0.rdf
最新コメント
アイコン画像ヒロミ
» 右前腕猫咬創部 (2017年06月11日)
アイコン画像ヒロミ
» いつものように (2017年06月06日)
アイコン画像きなこ豆
» いつものように (2017年06月06日)
アイコン画像yunco
» 真夜中に笑う (2017年05月30日)
アイコン画像yunco
» 右前腕猫咬創部 (2017年05月30日)
アイコン画像きなこ豆
» 真夜中に笑う (2017年05月30日)
アイコン画像ami
» 右前腕猫咬創部 (2017年05月26日)
アイコン画像ヒロミ
» 福島を忘れない (2017年03月14日)
アイコン画像yunco
» 福島を忘れない (2017年03月13日)
アイコン画像ヒロミ
» 福島を忘れない (2017年03月12日)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE