子どもの祝い事はいつも波瀾万丈

April 09 [Wed], 2014, 20:41
お七夜が行われることとなった背景には、まだ医療技術が乏しかった頃に、乳児の死亡率が非常に高かったということが関係しています。
元々3歳、5歳、7歳は数え年のことだったのですが、現在は満年齢で行われることが一般的になっています。
かつて桃の節句は、桃の花が美しく咲く時期だったのですが、現代の3月3日は桃の花が咲き誇るには早くなっています。
今は、菖蒲の葉や根を入れた菖蒲湯に浸かる習慣として残っています。
レンタル衣装であれば、保管場所の確保や手入れは不要です。
七五三に際して最近はたくさんのレンタル着物があり、さまざまなな色やタイプのものを選ぶことができます。
またお七夜で行れる命名式では、奉書紙に墨書きをした命名書を、床の間や神棚などに飾るというのが一般的となっています。
これは、「帯解(帯祝い)」といいます。
節句の数週間前には、お人形などの贈り物を事前に飾り付けて準備をします。
写真を撮るにもこの時期が最も混み合い、予約が埋まっていて日程が合わないということも珍しくはありません。
何回か節句を重ねるにつれて、子どもも大きくなります。
男女ともに3歳、5歳、7歳という3回が行われる地域もあります。
保管や手入れをする必要がなく、安く一式を準備することができることもレンタルのメリットです。
買い忘れも防ぐことができますし、いくつもお店へ行かなくてもセットですべてそろうのです。
子どもが生まれてから100日までの祝い事推論
子どもが生まれてから100日までの祝い事の隅をつつく
子どもが生まれてから100日までの祝い事の記録
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sobmxt6d
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sobmxt6d/index1_0.rdf