そば殻枕が洗濯できない理由とその対処法

July 05 [Wed], 2017, 14:45
お気に入りのそば殻枕を洗濯してしまった。
乾かそうとしても中のそば殻が湿ったまま…



そんな経験ありませんか?


そば殻枕は吸湿性もフィット感もあって、
頭を冷やす効果もあるので
愛用している方も多いと思います。


しかし、そば殻枕は洗濯厳禁です。


枕本体を洗濯すると
中のそば殻はなかなか乾きません。



早く乾燥させるには
中のそば殻を取り出して新聞紙の上に広げ
天日干しをするんです。


このとき、そば殻が乾いてくると
風で吹き飛びやすくなるので
風に吹かれないよう注意が必要です。


このようにそば殻枕を本体ごと洗ってしまうと
そば殻がなかなか乾かなくなります。


なので、そば殻枕を洗濯するときは
中のそば殻を取り出して天日干しして
カバーのみを洗濯機にかける
というのが正しいお手入れの仕方です。



しかし、乾かしている最中に
虫が湧く心配もしなくてはなりません。


それに、寝ている間にかいた汗が
中のそば殻にしみこむため
ダニが湧きやすくなります。


なので、そば殻枕の寿命は短く
1年くらいで新しいものと
交換しなくてはなりません。


それよりも、そば殻枕のように吸湿性が良く
手軽に丸洗いできる枕が
「The Pillow ザ・ピロー」という枕です。


この枕は、独自の立体空間構造により
抜群の通気性があり水を通しやすいので
吸湿性、速乾性にも優れています。


しかも、この枕は7年間もの
品質保証が付いていて、
長期間使用できます。


なので、そば殻枕に比べると
トータルでは割安になると思います。


この手軽に丸洗いができて
そば殻枕のような効果がある枕について
詳しくはこちらに載っています。
  ↓   ↓   ↓