2)効果的な指導・教育を進めるための6つの手順について。

October 23 [Mon], 2017, 9:27
@『必要性の把握』

A『目的・目標の明確化』

B計画立案

C準備

D教育実施

E評価・改善


@必要性の把握

☆職長が部下の指導・教育が必要であると考えるのは,
どのような場合でしょうか?

・各作業ごとに労働安全衛生法などで法的な資格や
特別教育が必要か把握する。
・危険有害作業に就かせる場合には、資格者を養成したり、
特別教育を実施する必要がある。
・業務の範囲にどのような危険有害業務があり、
有資格者を何人必要とするのか?
・また、特別教育の受講者の記録を調べて、
必要なら新たに教育計画を作る事!である。

―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――