雨漏りする原因とは

November 27 [Tue], 2012, 20:45
まず雨漏りで言える事は、水がそこにあるという事、それに隙間があります。

そこでこの水に圧力がかかるなんらかの原因があります。

もちろんこれらの原因がそろって雨漏りというのは起こっているわけです。

そして外の壁には条件が揃っております。
この外の壁においても雨が降り注ぎ、水が存在しています。
そして外側の壁にあるコンクリートにおいてもある程度のヒビ割れがありよりいっそう隙間を作っているのです。

これらの外の壁には風による力や、毛細管の圧力が加わってしまいますね。


そして雨漏りする原因として壁にどれくらいの雨が当たると雨漏りするのが、方式を唱えている方がいらっしゃいます。

水滴の大きさや分布の中央値を代表値に選択してこちらのでかさの水滴の落ちていく速さを降り注ぐ雨の強度の関数に設定し表していく事によって降りそそぐ雨の速さと風の速さから垂直面上に雨の強度を計算しているわです。


コンクリートだからといって雨漏りがしないというわけではないので要注意ですね。
古くなった建物は特に注意しましょう。

コンクリートも年数が経つと弱くなってくるわけです。

早めに専門業者に見てもらい診断を受ける事をおすすめします。

枚方で屋根修理をしてくれる業者さんです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soar0222
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる