★CHILDREN OF BODOM新譜にようやく(?)期待!! 

2005年08月29日(月) 4時32分
和田氏のラジオで今週もチルボドの新譜からかかりました。

『BUSTERD OF BODOM』
これはイイ!!!

あの美メロ速弾き&Keyとのユニゾン! これを待ってた!!
ようやく、きたーっ!という感触が掴めてホッとしました。
すでにラジオにて新譜から数曲聴いていますが、妙な肩透かし感ばかりで
発売日が近づいているというのに盛り上がってこなかったから。
(そういえば発売日が若干延期になって、14日。要注意!)
すでに各所で言われていますが、keyが後退しています。
メロディ押し捲り速弾きGtも後退しています。
和田氏が「SOILWORKみたいになっちゃうの〜?」みたいなことをおっしゃってましたが、
Gtリフなんて、まさに言い得て妙。せっかく巧いローペが加入したのに勿体無い、って…。
でも、この『BUSTERD OF BODOM』聴いて、ようやく(?)楽しみになってきました^^

やっぱりチルボドは、あの問答無用の美メロ速弾き&keyとのユニゾンがあってこそ!だと思ってます。
一昨年渋谷AXライヴ行きましたが、何が驚いたのって、
客がギターパートを歌いまくる!!
拳上げて吼え、ヘドバンしまくった勢いでの軽いモッシュ状態。
フロアは野郎ばかりで背の低い私はメンバーなんて登場と退場の時チラリのみ、
プレイは全く見えず仕舞いでしたが、そんなの関係なく文句なしに楽しめました。
終演後、何度もぶつかってた隣の男性に謝ったら「いやいや、楽しかったね!!」って凄い笑顔で。
ずっと同じことばかりやっているようでは進歩がないというのは重々承知、それでも、
またあのときのようなライヴを楽しみたい、あまり方向を変えないでほしい、と思ってしまうのは、
典型的なファン心理ですかね?(苦笑)

ヨーロッパで着実に地盤を固めたチルボド。
次の段階としてアメリカを視野に入れた曲作りを行った、という流れは
若い彼ららしいすごく前向きな姿勢だし、ぜひ成果が現れてほしいと思う。
でも(ファン心理は横に置いといて)、正直大丈夫だろうか、という危惧もあり。
アメリカの多様な情勢に揉まれ流された結果、方向性を見失ったバンドも沢山あったよね。
彼らがそうならずに、なおかつ前へ前へと進めることを祈るばかり・・・。

★回想、independence-D@新木場 

2005年08月28日(日) 19時50分
昨日ネット上をうろうろしていたところ、こんなの見つけました。
IMPIOUSオフィシャルサイト内PHOTO@JAPAN
去る3月に、国内外の様々なバンドを招聘し新木場にて3日間にわたって行われたイベント、independence-D。
その3日目のTENT-STAGEに登場したのが、スウェーデンの激烈デスラッシュバンド・IMPIOUS。

私も拝見させてもらいましたが、やー熱かったのなんの!!!
ツインGtのこれぞ正統派メタル!なリフ展開&速弾き応酬、怒涛のツーバスに、エッジの効いたラインを聞かせるBaは鬼気迫る表情でオーディエンスを煽りまくる!
会場はヘドバン・メロイックサインの嵐でしたね。熱いアツイ^^
(Voは…バンドTの上に網シャツ着てるのが暑そう…くらいしか覚えてませんです。すみません;)
テントという悪条件で音作り等で苦心が窺えるバンドが見られたなか、彼らは納得のいくパフォーマンスを見せてくれたと思います。
各誌のレポによると、この日のTENT-STAGEでの一番盛り上がりはIMPIOUSらしいです。

そんな彼らのオフィシャルサイト内に日本滞在フォトがアップされたのですが。
この、 『オ』 の右に写っている黒リストバンドでメロイックサインしてる右手、アレ実は

私です…。(チビなので掲げた手から下は埋もれてます^^;)

その手前の 『オ』 の真下にいるのが、気さくなデスメタラー・Sさん。
こんなすぐ傍にいたのに、ライヴ中全然気づきませんでした…(爆)。
ライヴ後もセットリストの奪い合いやらかしたのに、やっぱり気づきませんでした…(核爆)。
後日、彼のレポ読んでようやく気づいたときには思わず頭抱えちゃいましたよ。
これからはライヴでもちょっとは人も見るようにしよっと;

(→続く)

★回想(続き)、independence-D@新木場 

2005年08月28日(日) 19時47分
(→続き)

そうそう。会場でIMPIOUSのメンバーからサインもらいました。コレ♪↓

あの鬼のような煽りが素晴らしかったBa・エリックと写真も撮ってもらいました。コレ♪↓。(傍らのスッピン見苦しくてスミマセン…)


IMPIOUSのほかは、アメリカのCRISISと、MANTAS。日本のPULLING TEETHと、ROBIN。
CRISISは変拍子を織り交ぜた混沌とした楽曲の底に根源的な意思のようなものが貫かれたパフォーマンスで惹きこまれました(※携帯サイトにライヴレポ・Voケリンさんとの遭遇話掲載)。
MANTASは、とにかくVENOMの曲が生で聴けたのが嬉しい!!!
PULLING TEETHはいつもと全く変わらない、いつもどおりの激しいライヴを、いつもどおり最前でガッツリ堪能^^
ROBINは、いつか見てみたいと思っていたサイコビリーライヴ…てか、『レッキン(サイコビリー特有の、殴り合いのモッシュ)』をすぐ目の前で見ることが叶いました。殺伐としてるのかと思いきや、すごく楽しそうでした。
MANTASでも周囲の迷惑を考えないウィンドミルに呆れましたが、レッキンは周りを取り囲み互いをよく見た上なのがいいですね。
やはりライヴは誰もが不快になることなく楽しめるのが一番です。

ほんと、楽しいイベントでした。
もう少し早く行ったらもっと他のバンドも観れたのにな、というのだけが心残りです。
そういえば、早めの時間帯のバンドで大好きなドラマーであるSONS OF ALL PUSSYSの櫻澤泰徳氏もサポートで叩いたらしく。もったいない、聴きたかった……
来年もあるようなので、楽しみです。

てか、今年開催予定のはずのBEASTFEASTは、いったいどうなったんだろう…

★一撃! 

2005年08月27日(土) 6時16分
ここ何年か振りに、毎週楽しみにしているTV番組があります。
火曜深夜の『ヘビメタさん』。
それと、金曜深夜の『一撃』。

今週は20日に代々木で行われた「一撃」の模様を放送していたんですが、池田選手に拍手!!
快勝にも喝采を贈りたいですが(あの膝蹴りは見事!!)、勝利後のコメントが印象的でした。

自分が弱いと言われるより、極真が弱いと言われるほうが悔しい。

同じ極真の門下生としてグッとくる言葉でした^^
たしかに、格闘好きの一部の方が「キックボクシングよりも、顔面攻撃できない極真のほうが弱い」と言うのを聞いたことがありますが、これってかなり謎だと思います。
「できない」のと、ルールとして「しない」のとでは、まったく別モノだと思うのですが…ハテ?
池田選手の今後の活躍に期待です。

そうそう。
この番組の冒頭でイタリアのシンフォニックヘヴィメタルバンドRHAPSODYの「Queen Of The Dark Horizons」(『RAIN OF A THOUSAND FLAMES』収録)が使われてましたね。

取り出してみてたら、気づくと一連のエメラルドソード・サーガ作品全て聴いていました。
97年『LEGENDARY TALES』にはじまり5年にも及ぶ壮大コンセプト大作(某中つ国のパ●リと言えなくもないですが)。
『POWER OF THE DRAGONFLAMES』での見事なまでの完結後、「RHAPSODYよ、今まで本当にどうもありがとう…!」な心境に至っておりましたが、彼ら、その後あらたに新譜出してるんですよねたしか。
大仰さあってこそのRHAPSODYサウンドには、エメラルドソード・サーガですっかりお腹いっぱい満足のワタクシですが、新譜もやはり聴いとくべきでしょうか…^^;

★どうか無事でありますように。 

2005年08月27日(土) 4時16分
昨日気になったニュース。

<アフガン>日本人中学校教諭2人行方不明、出国の形跡なく

…大丈夫だろうか。
なにか事情で連絡がとれないだけならばよいのだけど。

アフガニスタンといえば、2ヶ月近く前だったか米兵がトイレにコーランを棄てたとして
(どこまで真実かは不明だけれども)アメリカおよびアメリカ側とされる国の滞在者が
テロ行為の標的になるというニュースが飛び込んできました。
アフガンには勤め先の会社の事務所がありヒヤリとしたのだけれど、現地滞在の
社員はちょうど日本に帰国していて、「危なかったですね」と話したのを覚えています。
この現地事務所はアフガン全体から見れば治安の良い地域に属するものの、
それでもすぐ数100m先で爆破テロが起こったりと、けして安寧とは言い難い状況らしく。
「一般の市民に自衛手段はあるんですか?」と尋ねれば、『道で銃が売られているよ』とのこと。
「銃、触ったことあるんですか?」と重ねると、『撃たないけどね』と困ったような笑みで答えてくれました。
その方は私のような若造にも気さくに声をかけてくれる好々爺という表現がぴったりな好人物で、だからこそのそのギャップに、現地の状況の深刻さを生のものとしてうっすらと感じました。

行方不明の二人は教職ということもあり、アフガンに入国するにもそういった現況を正しく鑑みたうえでだとは思う。万一の対策も練ってのことだと思う。
それでもやはり、安否を気遣わずにはいられない。

そして、NGO活動で今もアフガンに滞在しているはずの元同僚の身も心配だったりします。
うちの会社も一応ODA関連主体の業務といえど、「デスクワークより現地に行きたい」と現職より月給約6万円のNGO活動を選んだ彼がアフガンへ発ったのは、たしか6月。
これから一年間、地雷地帯に子供たちが近づかぬよう警備の活動に勤しんでいるはずだけれど。

行方不明の御二方と、元同僚。そしてアフガンの人々。
皆ともに無事であることを願いたいです。

★台風来襲。そして。 

2005年08月26日(金) 23時30分
本日は夏期休暇を取得。
9月入ったら決算で休めなくなりそうなので、思い切り休日を満喫する予定が。

台風直撃。
昼まで暴風雨。


よりによってこんな日に来なくても!と愚痴りつつも、
全身ずぶ濡れ出勤免れただけでもマシかと
あらかじめ予定をキャンセルして昼まで寝てたら。

雨、朝には止んでたらしい。

悔しいくやしいくやしい。もう天気予報なんか信じるもんか。

そこで出かけるのもナニなので、自宅に篭って久々にネットTV・ビデオ三昧。
ネットTVって最近知ったのですが、USENのがライヴビデオ見れて熱烈オススメです。
CHEAP TRICK、QUEEN、THIN LIZZY。
あとホラー映画特集もあって4本観ました。
…これが無料!? お得すぎ!!
てなわけで、それなりに楽しめた一日でした。^^

来週からお仕事はいよいよ怒涛の本決算へ突入。充電もしたし気合入れねば。
不祥事続きで風前の灯火状態だった勤め先も、
今週ようやく好転に上向きそうな気配があったことだしね。

よし、頑張ろう。

★お引越し。 

2005年08月26日(金) 19時26分
携帯サイト(iランド)からひっそり引越しすることにしてみました。
今度は日記中心で。
音楽だけでなく、好きなことを徒然と書いていこうかなと。
で、携帯サイトの日記を移そうと試みましたが。


……挫折。


iらんどの日記は250字までの字数制限があったから少しでも多く書こうと
半角を多用していたのですが、コピペしてPCからBLOGの形で見ると
読みにくいことこの上ない^^;
で、ひとつひとつ直してたんだけど、あまりの多さに諦めました…がくし。
とりあえず携帯サイトは残してリンク張っておこうかなと。
無精者でスミマセン。。
P R
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/soap26/index1_0.rdf
プロフィール
■迦陵■
洋邦問わずHR/HM好き。DEATH/BLACKからプログレまで雑食。
邦楽だと、S.O.A.P.(櫻澤泰徳)とかPULLING TEETHとか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soap26
読者になる
Yapme!一覧
読者になる