冨田だけど河西

April 07 [Thu], 2016, 16:12
看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。しかし、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。
ほんの少し前まで文句を言っていた人が突然笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。

話題のマイナビ看護師の求人情報は離職率が低く魅力的な職場を紹介してくれますので、転職をした次の職場では満たされている方が多くおられるようです。担当コンサルタントも医療について詳しい方がサポートするため、自身が希望している条件の細かい点も飲み込んでくれ、希望条件と合う転職先を探してくれます。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる看護師にしてみれば不安材料となります。

ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

そのため、パートで働く形に変えていくという看護師も多くいるということです。看護師としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。だから、というわけではないかもしれませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。
そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと耳にすることがあります。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最高でしょう。



一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する場合が多いので、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。



自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。

病院の雰囲気や方針次第で、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。

看護師からしてみればお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは中々、厳しい問題です。どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、実に様々な問題が生じてしまいます。

看護師と育児をどちらもこなすのは個人の問題ではなく医療全ての問題として取り組む必要があると考えられます。

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。
一部には、パワハラやいじめが転職を考える発端となる人も少なくありません。


つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、健康を損ないますから、早く転職することをお勧めします。



皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。
看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。そうはいっても、ここ最近においては看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。



特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは残念だと思いますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


看護師というものは働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にいろいろな職種において実際に役立つことがよくあります。



例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。
看護師の人が転職に思い至ったケースでは、今現在、行っている仕事を続けながら次の仕事先を探したいこともあるはずです。
そういった時、離職しないままで、自分で転職先を見つけようとしたら、求人の情報を調べる時間がとれないといった場合もあるものです。
そこで、看護師の転職サイトを用いると、自身の希望条件と合致した転職先をみつけられますから、利用価値があります。

男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。

その他にも、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。


医療施設で看護師として働いていた知人は、病気のために退職したそうです。
しかし、完治させた後は、早めに復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。


数か月間、仕事から離れていても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。


やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

一般的に、看護師の仕事というのは医師の診察の補助から、患者の日常の世話までかなり広範囲の勤務内容で長時間の勤務であったり夜勤での仕事も多くあったりという大変な職業なのです。体力のいる仕事であるにもかかわらず、見合った収入が得られない事も悩みの大きな原因の一つでしょう。現在、私は病院事務として働いています。


普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが毎日お忙しそうにしていますね。

夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。



でも、私が思ったよりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。

先生方も歓迎ムードで、和やかで楽しい会となりました。


引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、雇用する側との面接になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛菜
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/snpe0n3aeibrdd/index1_0.rdf