我が家のミモルが天使となりました。

February 22 [Mon], 2010, 17:02
新年のごあいさつもままならず、久しぶりの更新となりました。今年初めての更新で、とっても悲しいお知らせをしなくてはなりません。

タイトルにもありますように、我が家の次女、サザナミインコのミモルが亡くなりました。

2月17日の朝のことでした。

まだ気持ちの整理はなかなかつきませんが、無事にお葬式を済ませることができましたので、これまで応援してくださった皆様に、きちんとご報告をさせていただこうと思います。

亡くなる前の晩、羽を膨らませて具合悪そうにしており、また、ごはんも朝にあげたりんご以外、食べていないようでした。そして、フンの量が少なく、血便があることに驚き、翌日病院へ連れて行こうと思っておりました。ところが、翌朝にはもう息をひきとっているようでした。

その日の早朝、5時ごろだったと思いますが、地震があり、ケージ音がしたので、そらがまたパニックかな?と思い、卵がおなかに入っていたこともあったので、駆けつけて「大丈夫だよー」とカバーごしに声をかけました。ところが、もう騒いでいる気配がなかったので、そらももう少しの地震くらいは大丈夫なのかなと考え、再び寝室へ戻りました。

しかし、後になって思うと、それはミモルが落鳥してしまった時の音だったのかもしれません・・。

前の晩、早く寝かせようと早めにカバーを掛けました。翌朝も、通常なら朝5時半頃に起床しすぐカバーをはずしてやるのですが、その日はぎりぎりまで寝かせてやろうと、朝ごはんの準備が整ってから7時頃にカバーを取りました。

地震の時に、ミモルの様子もちゃんとうかがってあげれば・・、朝もっと早くにカバーを開けていれば・・と考えます。そうすれば、せめて亡くなる瞬間に立ち会えたかもしれないのに・・。

もし、あの地震が起きた時に、ミモルが息をひきとろうとしていたのだとしたら、あの時、そらに対して「大丈夫だよ」と掛けた声が、せめてミモルにも届いていてほしいと、ミモルの気持ちを少しでも安心させてやることができていたら・・と、願います。

ミモルをまだ暗い中、ひとりで死なせてしまったことは本当に本当に悔やまれます。

しかし、それを言えば、もっと早く病院に連れて行っていれば・・と思います。

ミモルはまだたったの1歳と5ヶ月でした。

亡くなってしまった原因ははっきりとは分かりません。ただ、飼い主である私の観察不足、注意不足であったことには間違いありません。

思い返せば、不調を思わせる変化は前から確かにあったのです。

私がそれをもっと深刻なことと受け止めて、早い段階で病院に連れて行ってあげられたらよかったと思います。

鳥さんは、本能で具合が悪いのを隠そうとする傾向があり、人間が気がついた時には相当悪くなっていることが多い、というような情報は知っておりました。にもかかわらず、ミモルが出していたサインに気が付いてあげられなかったのです。正確に言えば、気が付いていながら、見過ごしていました。飼い主として本当に失格です。ミモルには本当に申し訳ないことをしました。

ただ、我が家にはそらも生きています。ミモルを死を無駄にしないように、ミモルの分もそらをこれまで以上に注意深く見守ってやりたいと思います。そして、願わくば、この度の出来事が、私が言える立場ではありませんが、皆様の愛鳥の健康と長生きのために、少しでもお役に立てればと思います。

亡くなってしまった原因がはっきり分からず、今となってはあれがいけなかっただろうか、これは正しかったのかと、あれこれ考えてしまいます。ですので、関係のないことや正しくない情報も含まれている可能性はありますが、以下は、私がミモルを病院へ連れて行こうと考える前から見られていたミモルの変化と、後から考えて気が付いたことです。つまり、情けないのですが、この段階以前に病院へ連れて行けていたら、もしかしたら助かったかもしれないのです。少しでも参考になればと思います。

1.眠そうにしていることが多くなった。

2.もともと飛ぶのが得意ではないが、さらに重そうに飛ぶようになった(体重が増えたわけではないのに)。

3.もともとよく転んだり、落ちたりするが、それが増えた。

4.転んだときにどこか打ったりしなかったか。
  ミモルにとって、家の床等は硬すぎはしなかったか(着地があまり上手じゃないため)。

5.ずっとごはんを食べつづけているわりに、あまり体重が増えない(食べ物が合っていないかもしれない、ごはんはちゃん   と消化できていたのか、特にペレットを食べない子だったので栄養が足りていたかどうか不安)。

6.りんごや葉もの類は足りていたかどうか。

7.放鳥中の水分の補給は十分であったかどうか。

8.放鳥中、何か変なものは口にしなかったか。

9.温かさは十分だったか(鳥ヒーターはもちろんありましたが)。

10.その他、大きなストレスはなかったか。

ほかにもっとあるかもしれませんが、今考えられるところは以上になります。


最後になりますが、17、18日と自宅でお通夜をして、19日の朝にお葬式を致しました。

ミモルちゃん、亡くなっても最期までずーっとかわいいお顔のまんま、まるで眠っているように天使となりました。

できることはもうわずかしか残されていませんでしたが、最期はできるだけ時間をかけてお別れをしました。

火葬へ向かう直前に、みんなで我が家の各部屋をまわりました。ミモルとの思い出があちこちにあり、これがミモルと一緒に過ごす最期の時かと思うと、とても悲しかったです・・。

そしてお別れの時、大好きなりんご(亡くなる前の日もりんごだけは食べられました。だったらもっとたくさんあげたらよかったと思います・・。)やごはん、粟の穂、大のお気に入りのおもちゃのボールに、つまようじやバードテントなど、たっくさん持たせました。「みんなずーっと家族」というタイトルで、家族みんなの似顔絵にメッセージを入れた手紙も持たせました。いつでも帰ってこられるように、そらとミモルの名前を付け加えた住民票も持たせました。そして、大好きなそらの羽を足に持たせ、大好きな主人の髪の毛も携えて、色とりどりの、とってもかわいくてミモちゃんらしいたくさんのお花に囲まれて旅立ちました。まるで絵画のように美しかったです。

その後、かわいらしい小さな骨壷に入れていただいて、また一緒にお家に帰ってきました。今は、静かにまたもとのケージで眠っています。

ちいさなちいさなミモルちゃんが残していった穴は、とってもとっても大きいです。ミモルがいた時間というのは、いなかった時間と比べたらはるかに少なかったはずなのですが、不思議なくらいミモルの存在は私たちにとってあたりまえで、かけががえのないものでした。未だに、亡くなってしまったことが信じられなく、違和感を感じずにはおれません。悲しみもしばらくは続くでしょう。

だけども、ミモルはたのしい思い出をたっくさん残していってくれました。だから、しばらくはつらくても、私たちはきっと乗り越えられると思っています。

ミモちゃんにも、私たちと同じように楽しかった瞬間がたくさんたくさんあったらうれしいな、と思います。

そして、これまでもこれからもずーっと、ミモルは我が家の大切な家族の一員に変わりはありません。


「忘れないでね。」

末筆ですが、応援してくださった皆様、愛鳥家の皆様、この度は大変申し訳ありませんでした。そして、ありがとうごうざいました。


※この度ミモルがお世話になりましたペットのための葬儀屋さんは「ペットPaPa」さん、というところです。

ミモルのような小さな鳥さんにも丁寧に対応してくださりました。お骨もきちんと残してくださいます。また、マンション住まいなど、ご近隣に知られないようにそっと行いないたいなどの希望にも配慮してくださいます。お葬式とは、悲しいさなか、あまり時間もない中で進めねばならないつらいことですが、大切な最期のお別れです。私たちにとっては、最期にしてあげられる精一杯のことでした。どうぞ参考にされてみて下さい。
  • URL:http://yaplog.jp/snowkid-v-b/archive/128
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ひだやさんへ。

本当に突然のことで、なかなか受け入れられません・・。

遊んでいた姿や、りんごめがけてダッシュしてくるところ、お気に入りの場所によくいたことなど、家中に思い出がたくさんで、それらの記憶があまりにも鮮明なので、現実が信じられない気持ちです。

だけど、やっぱり、生きている方は前に進むしかありません。

ミモルは楽しい思い出をたっくさん残していってくれました。それを心の支えに、がんばっていけると信じています。

ひだやさんの心の片隅にも、ミモルが存在してくれたなら、こんなにうれしいことはありません。

あたたかい励ましのお言葉ありがとうございました。
March 04 [Thu], 2010, 7:36
kotomamaさんへ。

こんばんは。

そうでしたか・・。本当に悲しいことですね・・。

しばらくは、悲しみの日々が続くかもしれません。でも、主人とも話しておりましたが、何もかもを亡くなった子のせいにして、ふぬけた生活を送りつづけることはできません。

ミモルとの思い出を胸に、一歩一歩前に進んで行こうと思います。そして、ミモルの分までそらを大切にしていきたいと思います。

kotomamaさんも、お星さまになった子のためにも、がんばりましょうね。

あたたかい励ましのお言葉ありがとうございました。
March 04 [Thu], 2010, 7:35
みーちゃんさんへ。

我が家のミモルのために、一緒に悼んでくださりありがとうございます。

ミモルちゃん、最初から最期まで、本当にとってもかわいらしいお顔でした。

ミモルの思い出をみーちゃんさんの記憶の中にも、そっと入れていただけるのなら、大変うれしく思います。

あたたかい励ましのお言葉ありがとうございました。
March 04 [Thu], 2010, 7:34
姫璃さんへ。

こちらこそありがとうございました。姫璃さんには、ミモルをお迎えした日から今日まで、ずっと見守っていただきましたよね。感謝しております。

このブログを通して、ミモルが生きた証を、ひとりでも多くの方に知っていただき、記憶を残せたことは、大変ありがたかったと思います。

私たち家族も、本当にたくさんたくさんミモルには癒されました。我が家の癒し担当でしたからね。

あたたかいお言葉ありがとうございました。


March 03 [Wed], 2010, 15:46
まぁこさんへ。

はじめまして。こんにちは。

そうですね。ミモル自身にも、幸せだったなーって思う瞬間がひとつでも多くあったら・・と願います。私たち飼い主には、いっぱいあったんですけどね。

オカメインコのそらは、お卵あたため中で、今はあんまりかまってもらえませんが(^^;)、もうそろそろあたためるのにも飽きてきているようなので、またもうすぐ騒がしくなって、気をまぎらわせてくれることでしょう。

それでは、訪問&あたたかいコメントありがとうございました。


March 03 [Wed], 2010, 15:35
かずさんへ。

訪問&コメントありがとうございました。

確かに、サザナミインコに関しての情報は、ほかの鳥さんに比べると、まだまだ少ない気がします。

うちは、オカメインコもいるので、どうしても一緒に考えてしまいがちでしたが、やはり同じ鳥さんでも、種類が違うと育て方等色々違いがあるのは当然で、その辺をもっと気づかってあげればよかったのかもしれません。

・・って、いくら後から振り返ってみても仕方ないんですけどね・・。

飼い主、ミモちゃんの思い出を胸にちゃんと前に進み始めているので、ご心配いりませんよ。あたたかい励ましのお言葉ありがとうございました。

March 03 [Wed], 2010, 15:23
突然のことに驚きました。
ちょっと前に、おかしな遊びで笑ったばかりなのに残念です。

ミモルちゃん、大事に大事に供養してもらって幸せですね。
素敵なsnowkidさんのおうちに迎えられて、きっとたのしい思い出がいっぱいあったと思います。
後悔や辛い思いがよみがえることがあると思いますが、いつかミモルちゃんとの楽しかった日々を思い出して笑える日が来ることを祈っています。

ミモルちゃん、可愛い姿をたくさんありがとう。忘れないよ!
March 02 [Tue], 2010, 23:17
kotomama
Snowkid さん、こんばんは。
悲しいですよね。我が家も昨年7月、お星様になったがいるのです。入院先の病院で旅立ってしいました
鳥さん達の病気は、なかなか気づいてあげるのが難しいですね。
何が悪かったのか…悔やみきれない気持ちが沢山ありました。
お気持ち察します。
ミモルちゃん分まで、そらチャンを可愛がってあげて下さいね。
February 28 [Sun], 2010, 0:16
みーちゃん
新着日記に気付かず・・・
今、ビックリして読ませていただきました・・・
涙が止まりません

ミモルちゃん
本当にかわいい顔でしたね・・・
愛らしいミモルちゃんを決して忘れません

悲しみは大きいしょうが
辛い思いをこらえてのたくさんのメッセージ・・ありがとうございますo(_ _*)o
February 26 [Fri], 2010, 10:59
姫璃
今までミモルちゃんからたくさんの癒される時間を
いっぱいもらいました
ミモルちゃん今まで本当にありがとう

ミモルちゃんは、Snowkid の家族になれてすごくすごく
幸せな毎日を過ごせたと思います

私は、絶対にミモルちゃんのこと忘れません

  

February 24 [Wed], 2010, 22:45
はじめまして。
ずいぶん前にぴろこさんところでお見かけしてから、
時々のぞいてました。
うちのコバルトのサザナミとお迎え時期が同じぐらいで
しかも手嫌いってのに共感を持ちまして^^;;
ミモルちゃんとってもきれいなコバルトでかわいいこでしたよね
Snowkidさんのお写真とお部屋のきれいさにうっとりしてました。
こんなところで可愛がられてるミモルちゃんは幸せ者だなぁっていつも思ってましたよ。

今回は非常に残念なことになってお慰めの言葉も見つかりません。
鳥さんは悪いところを隠すとよく言いますが、
サザナミは特に普段からうごかなかったりふくらんだりしてるので
わかりにくさ倍増ですね。

亡くなった鳥さんの最大の供養は
今居る子をその子の分まで幸せにしてあげることだと思ってます
私が言うまでもないし、
Snowkidさんはもちろんそしてあげてることは重々承知ですが、
そらちゃんを大事にしてください、
きっとミモルちゃんの失った穴をうめてくれると思います。



February 24 [Wed], 2010, 10:26
こんな時に、初めましてで申し訳ありません。
あんなに可愛い仔が…と思うと、涙が出てきました。
サザナミは若くて突然死する確率が高いと聞いてはいますが…
本当に早すぎますよね…。
サザナミを飼いだして間もないのですが、今までセキセイを沢山飼って、何度も悔やまれる別れをしてきました。天敵に襲われたり、家族が逃がしてしまったり…そういう別れ方が一番辛かったです。まだまだ元気だったのに、人間の不注意で…と思うと、悔やんでも悔やみきれませんでした。
病気の仔は悲しいのは同じですが、その仔の天命なのだと思います。あまりごご自分を責めないで下さいね。
ミモルちゃんはたくさん愛情を注いでもらって幸せだったと思います。
February 23 [Tue], 2010, 17:14
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Snowkid
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1982年
  • アイコン画像 趣味:
    ・絵描き-油絵・日本画・色鉛筆・まんがなど
読者になる
結婚3年目の主婦です。旦那さんとオカメインコのそらと暮らしています。青い鳥のミモルは天使になりましたが、今も大事な家族です。

ブログでは、愛鳥そら&ミモルとの日々のほかに、絵画やイラストなどを載せています。日常まんが&鳥まんがも少しあります。

ご興味のある分野だけでも、ぜひ覗いていってくださいね。

読者さま&ヤプメ!大・大・大歓迎!!
応援していただけると力になります♪
「Canvasは色鳥どり」より
大切なお願い…

作品・画像等を無断で転載・使用することを固く禁止しております。

▼相互リンク募集中!▼
リンクしていただける方大歓迎♪
その際は一言お知らせ下さい


Yapme!一覧
読者になる
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像YOUTUBEから飛んできました。
» 動画版 青い小鳥の絵本 (2016年10月04日)
アイコン画像りー
» 鳥さん大喜びのプレイジムさまご到着!! (2016年06月22日)
アイコン画像りー
» 鳥さん大喜びのプレイジムさまご到着!! (2016年06月22日)
アイコン画像名無し
» ほんわか鳥まんが。 (2016年03月11日)
アイコン画像みかこ
» アクリルケース買いました♪ (2014年06月22日)
アイコン画像Snowkid
» どうやら間に合わなかったようで・・・ (2013年06月15日)
アイコン画像Snowkid
» どうやら間に合わなかったようで・・・ (2013年06月15日)
アイコン画像かめっぽ
» どうやら間に合わなかったようで・・・ (2013年06月10日)
アイコン画像ぷろろ
» どうやら間に合わなかったようで・・・ (2013年06月09日)
アイコン画像Snowkid
» どうやら間に合わなかったようで・・・ (2013年06月04日)



P R

我が家の鳥っ子たち


オカメインコのそら

●パールパイド。
●2008年2月下旬生まれ。
●2008年4月19日に我が家にお迎え。
●2009年の2月に、初めてたまごを産んだことから、女の子であることが確定。
●チャームポイントは、クチバシの縦ライン、潤んだおめめと綺麗な羽模様。
●飼い主大好きな甘えん坊。
●飼い主が掃除中、肩に乗って家中を一緒に見てまわるのが日課。
●ミモちゃんに多少の関心はあるものの、臆病な性格のため、なかなか仲良くなれなれずにいたが、だんだん慣れてきた様子。
●呼び鳴きがうるさいのがたまにキズ・・。
●「ピユイッ♪」という口笛のまねができる。


サザナミインコのミモル

●コバルト
●2008年9月中旬生まれ。
●2008年10月17日に我が家にお迎え。
●推定女の子。
●チャームポイントは、クチバシの先の濃い部分、キレ長おめめ、太く短いアンヨと、美しい羽色。
●遊ぶの大好きなおてんば娘。
●そらの追っかけであり、やることなすことマネをしたがるが、仲良くなりたいわけではないらしい・・?でも、そらがいなくなると呼び鳴きをする。
●放鳥後、おうちに帰される際に捕まえらた経験がトラウマとなり、人の手が嫌いになってしまった経緯あり・・。
●おしゃべり大好き天才鳥(※飼い主の証言による)。そらの鳴きマネを得意とするが、人のマネもできる。
●寝言も言う・・。
●2010年2月17日(主人の誕生日)、我が家の天使となる。享年1歳と5ヶ月。


結婚式の披露宴でナノブロック(オカメインコ) を飾りました。ちなみにミモルはナノブロック(セキセイインコ)ダークブルーのナノブロックで調整しながら作りました。


携帯版『Canvasは色鳥どり』
ブログとは別に携帯版のホームページを作成しました。
オカメインコのそらとサザナミインコのミモルと暮らす中で学んだことや経験したことをまとめてあります。
ぜひ、ご覧下さい。
※PCでもご覧いただけます。


    Link    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ズグロシロハラのずん吉 参上!!
ズグロシロハラのずん吉 参上!! HPへ

▼ひな☆Peace


▼Jewel Bird


▼SUCREなオカメインコ


▼ぴいらつあん’s


▼CAP


▼キクスイ


▼こんぱまる


▼とりっち
みんなで作る鳥の楽園とりっち


 ブログランキング  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ
人気ブログランキングへ
写真素材 -フォトライブラリー
写真 素材


   検索エンジン   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Add to Google

My Yahoo!に追加

そらミモとお買いもの

鳥(インコ)関連商品の通販ページ

通販サイト検索