スノーボードウェアの選び方 

December 13 [Tue], 2011, 1:36
>>おすすめのスノーボード用品店はこちら

スノーボードウェアの選び方について。この数年、スノーボートが大人気ですね。
スキーは滑れないけど、スノボーに行くという人たちが増えています。そのため
にスノーボートウェアを買うのも、また楽しみなんですね。ゲレンデはカラフル
なスノーボードウェアを着た人たちでいっぱいですが、これもファッションの
一つです。購入するなら格安で手に入れたいですね。

スノーボードウェアの選び方ですが、いくらオシャレだからといっても、やはり
ポイントは押さえておく必要があります。まず、着やすさですね。着心地が悪いと、
着ている間中、不愉快な気持ちで過ごさなければなりません。また、動きにくく
なるために思いどおりに滑れなくなってしまいます。

サイズの合っていないウェアも同じことがいえます。最近はダボッとした大きい
ものが人気がありますが、これもやはり滑りづらく危険が伴う場合もあります。
そして大切なことは、防水力と耐水性です。たとえば、ウェアについているタグに、
ゴアテックスと書いてあるものは、防水の性能が高く、通気性にすぐれている
素材であることを意味しています。ただし、価格もかなり高めの設定のようです。

他には、ポケットなどがたくさんあると、ゲレンデなどで大変便利です。
その場合は、滑っているときにポケットに入れたものが落ちないように、ファス
ナーやマジックテープのついたものを選ぶとよいでしょう。格安のスノーボード
ウェアは品数が豊富な楽天市場で探すのも良いと思います。

      ↓     ↓      ↓     ↓

>>おすすめのスノーボード用品店はこちら

20111213

オープンソース


子供用スノーボード用品と板の選び方2

December 12 [Mon], 2011, 2:35
>>おすすめのスノーボード用品店はこちら

子供用のスノーボード用品の選び方の口コミを見ていると、お子様に
尻パットをさせるのか、膝パット等をさせるのか、あるいは、サポー
ターをさせるのかで、迷っている方もいらっしゃるようです。

これは、スノーボード用品にもそれぞれ特徴があるからだと思います。

例えば、パットは衝撃に対しては効果はあっても、ひねったりよじれ
たりなど体の内側から起こるアクシデントには弱い・・。サポーター
は体を怪我から守ってくれるだけでなく、運動能力を高める効果もあ
るが、パットとくらべると、値段が高くなるという理由などです。

パットを使われる方では、シーズンインの初期にお尻から転ぶ事が多
いので尻パッドを使用したいという意見もあります。お子様によって
は嫌がると思いますが、肩や背中にプロテクターを着けると、安心で
きるといった意見もあります。

スノーボード板のサイズについては、初心者の場合、身長マイナス
15センチのものを選ぶと良い言われています。ブーツに関しても、
メーカーによっては、大きめのサイズで作られているモデルもあり
ます。

ですから、子供用のスノーボード用品を購入する際には、パットにする
のか、サポーターにするのか、板やブーツはどれを選ぶのかなどを、
店頭で詳しい店員に相談しながら、セッティングをする事が、本当に
自分に合った物を手に入れるために必要ではないでしょうか。

スノーボード用品店は楽天市場でも探す事ができますよ。

      ↓     ↓        ↓     ↓

>>おすすめのスノーボード用品店はこちら


タグ:子供用 スノーボード

子供用スノーボード用品と板の選び方1

December 11 [Sun], 2011, 14:30
スノーボード用品は、大きく分けると、板の他にもサポーター、バイン
ディング、ウェア、ブーツ、ワックスなどがあります。サポーター1つを
見ても、足首・膝・腰・肘・手首用など、いろいろな種類があります。

特に、子供や初心者の場合、スノーボード中に怪我をする事も多いと
思いますので、怪我を防止するためにも、このようなスノーボード用品
は必要だと思います。

大人用スノーボード板は、ボードに金属エッジが付いていますが、
子供用の板の中には、エッジのついていない完全プラスチックで安全
性の高いものもあります。参考までに紹介すると、子供用のスノーボ
ード板で有名なものではロシニョールがあります。

滑り方の基本ができているかにもよると思いますが、金属エッジ付き
の板を使用した本格的なスノーボードをするのは、7〜8歳くらいから
ではないでしょうか。

スノーボード用品を手に入れる理由は、怪我防止のためだけではあり
ません。スノーボードウェアや板などのサイズや選び方によっても、
滑り方など、上達に大きく差が出てきますので、自分に合ったものを
選ぶ必要があるのです。

     ↓     ↓        ↓     ↓

>>おすすめのスノーボード用品店はこちら


タグ: スノーボード用品 激安

スノーボード板の修理と手入れの方法

January 03 [Sun], 2010, 8:25
スノーボード板も使い続けていると傷ができる事は避けられないので、
定期的なメンテナンスが必要になりますが、この手入れはとても重要に
なります。では、購入した後の、修理やメンテナンスはどのようにすれ
ば良いのでしょうか。
まず、スノーボード板の修理をお店に頼む場合について調べてみると、
板の手入れを含めて、最低5000円くらいかかるようです。ワックス
がけのみをショップに頼む場合は、3000円〜5000円くらいで
済みますが、エッジの補修も含めると、約1万円ほどかかるようです。
しかし、スノーボード初心者の場合、滑りに支障が出る大きな傷でなけ
ればネジとワックス掛け程度にとどめ、滑る方にお金をかけた方がよい
と思います。
スノーボード板のワックスがけをお店に頼まずに自分で行う場合、ワッ
クス落としとワックスがセットになったものを1000〜2000円
くらいで購入すれば、修理はネジ代だけなので数百円で済むでしょう。
もちろん、ビスを購入すれば、自分で板のメンテナンスも十分可能です
が、物によってはワッシャーの形状や、ビスの長さが合わないといった
デメリットもあります。
実際にどの程度の手入れをするのかは、スノーボード板のメンテナンス
の範囲や板の状態により違ってきますので、個人的には、スノーボード
用品店の人に板を見てもらった上で、金額を含めて相談してみるのが
良いと思います。


>>おすすめのスノーボード用品店はこちら



タグ: スノーボード板 手入れ

子供がスノーボードで上達する方法

January 03 [Sun], 2010, 7:52
親御様の中には、小さい子にスノーボードをさせても大丈夫なのか?
という心配をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、スキー場では、
かなり小さなお子様がスノーボードをやっている光景も見かけます。
各地には、親子でスノーボードを楽しめるようなスキー場もあり、
中には、3歳くらいの子供用のエリアを設けてスノーボードスクールを
開設しているゲレンデもあるようです。
小さなお子様の場合、うまく滑る事ができない状態が続くと、スノー
ボードが嫌いになって、もうやりたくない・・と言い出す心配もあるので
はないでしょうか?そのような方のために、楽しみながらスノーボード
を教えてくれるスクールではバートンが有名です。口コミでも、初心者
のために、滑り方の基本をしっかりと教えてもらえるので、お子様でも
スノーボードが嫌いになることなく楽しめるらしいです。
スノーボードの滑り方の基本や練習方法は、ユーチューブなどの動画
でも紹介されていますが、早く上達するためは、実際に手取り足取り
教えてもらえるバートンなどのスノーボードスクールに通われた方が
良いと思います。
スキー場によっては、ゲレンデの片隅に初心者用とそれ以外の場所
をネットで分けているところもありますので、スノーボード初心者の場
合、まずは初心者コースで滑ってみるて、慣れてきたら、それ以外の
コースに移動するのが良いと思います。

     ↓     ↓        ↓     ↓

>>おすすめのスノーボード用品店はこちら





スノーボード用品を格安で手に入れるには

January 02 [Sat], 2010, 10:51
スノーボード用品を格安で手に入れる方法には、バーゲン品を購入する
方法の他にも、ヤフーオークションを利用する方法などあります。
以前は、バーゲンで安く購入する方が多かったのですが、最近は、楽天
市場などのネット通販を利用して、格安でスノーボード用品を入手する方
が増えているようです。

経験者なら、多少値段が高くなっても、専門店で良い商品を手に入れた
いという方もいらっしゃると思いますが、スノーボード初心者の方の場合、
いきなり高額な板を購入するのもリスクがあるので、ヤフオクやネット通
販で安く手に入れたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただし、中古品の購入やオークションを利用する場合には注意が必要で
す。それは、現物を手に取って確認できない事と、中には修理が必要な
程のキズがある物を出品する悪意のある人もいるようなので、不良品を
掴んでしまうリスクがあるためです。しかし、うまくいけば、バーゲンで購
入するよりも、格安で手に入る可能性もあると思います。

現物を見ずして購入する場合、スノーボード板やブーツなどの、サイズが
合わないという心配もありますので、個人的には、スノーボード初心者の
場合、現物を確認できるバーゲンなどを利用して商品を見た上で購入した
方が良いと思いますが、新品のスノーボード用品を格安で手に入れるの
なら、品数が豊富な楽天市場で購入するのがおすすめです。

     ↓     ↓        ↓     ↓

>>おすすめのスノーボード用品店はこちら



タグ: スノーボード用品 格安