ぱすわーど 

April 01 [Tue], 2008, 18:19
戻れない場所には鍵をかけて
心だけはそこに置いてきたよ

開け方は
簡単だって知ってるね
その声が呼べばきっと

君がいない世界が堕ちたら
終わりの先の果てで
ずっと待ってるよ

刹那 

March 27 [Thu], 2008, 9:10
この胸の鼓動のはやさは
きっと君と違って

同じ時にいられるのは
ほんの一瞬なのだと

わかりたくない

だから
のばした手は君に届くかな

置いていかないで
置いていきたくない

どうかどうか
そばにいさせて
儚すぎて今を閉じ込めてしまいたい

Sigh 

March 27 [Thu], 2008, 8:52
たとえば
ダメでも良くても
こうでしか結果にならなくて

もやもやしてても
空は今日もきれいで
笑ってしまう

いろいろできても
何かしら欠けてて
埋まりきらないものは
仕方がなくて

私にできる事なんて
本当は少ししかなくて
だから君がいるんだって
わかるんだろう

それだけで
また進める

違う何かをみつけるために
一緒に

only 

March 27 [Thu], 2008, 8:49
一つしか
一つでしか私はないから

できる事も
そう
この身に一つしかないと

思いの数を切なさで耐えて
そのための涙だけ一瞬の形に

私を賭けて
守りたいのはなんだったの?

葛藤と焦りは無機質な雑音で響き続け
思いは硝子のように繊細な音で壊れてく

しがらみが選択を許さない
中途半端な迷いなら
どうか消えてしまって
この願いもかき消されていくけれど

生きるための一つ
かけがえのないものは
本当は最後の瞬間まで盲目なの

Therefore.it smile 

March 27 [Thu], 2008, 8:45
その優しさが
甘さなのだと

その囁きに傾ける心は
ただ
泣いて泣いて泣いてる

だけど
守りたいものがあるの

欲張りだと
君は悲しそうに笑うけれど
こんな風にしか生きられないの

君を選んだら
泣くこともなくなるのかな

ううん
きっと後悔の涙があふれる

守ってもらうだけじゃダメだと
わかっているから
不器用な生き方を
隠し包んでもらって逃げるなら

そこに私はいないから

愛してないから
その手をとらないんじゃない
君だから君で苦しくなりたくない

だからここで微笑むの
ただただ・・・私は泣いても
笑ってるから

大好きだよ

不自由 

March 12 [Wed], 2008, 7:06
かなり忙しいのに
電話
話しちゃう・・・

かなり忙しいのに
友達
遊びにきちゃった・・・

かなり忙しいのに
貴方
かまってくる・・・

困ったことに幸せ

晴れ 

February 01 [Fri], 2008, 11:54
晴れてるよ

良いお天気

でも雪が降ったって

すぐ溶けちゃうんだから

嫌なの?

隠しててもいいのに
白いままで
見えなくていいのに
何もかもこのままで

すぐ溶けちゃうんでしょ?

でも
真っ白が好きなんだもの

曜日パズル 

February 01 [Fri], 2008, 11:12
日曜日に出会って
月曜日に恋をして
火曜日に思いを告げた
水曜日に結ばれて
木曜日に永遠を誓って
金曜日に運命を知って
土曜日にそれぞれの道を行った

ねえピースが1つ無いと
出来上がらないの
それは最初から未完成だった
合わせていっても
たくさん足りなかった

それでも在るだけのピースで
幸せな絵になったりするのかな

それともまた日曜日に会えたなら
また違った日々をすごせるかな
誰も知らないパズル

 

February 01 [Fri], 2008, 10:57
世界に一つだけだから
在るがままに受け入れられたら良いのに
求めるだけ傷つけて
わかっていても願い続けてしまう

一つも譲りたくない
何もかも
全てを与えられる存在は

僕だけでいて

罪深いほどに
君の羽を折る

それが僕の傷になって
傷つけあうのかな

その痛みがないと安心できない
狂おしいほどに歪んだ思いは諸刃のよう

それでも散りながら抱きしめてくれる
君を求めずにはいられない

月齢 

February 01 [Fri], 2008, 10:48
満ちたら欠けていくものなの
それとも満ちていくものなの

心のように
うつろいでいくの

いつもいっぱいだったらいいのに
いっぱいでいたくて
かき集めて
でもたくさんこぼれていって

満ちては
乾いていくの

欠けていく月のよう

陽炎のように
消えてしまわないで
欠けていかないで

鮮やかな欠片たち
P R
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30