馬鹿なお話。

April 01 [Fri], 2011, 21:24


最近、心調がぐらつきがちです。

原因は何となくわかっています。
いつもの私を留める保障の部分に綻びが出てきたから。
そう思います。


回りくどい言い回しになりました。
はっきり言いましょう。

私を支えていた、
「何かあっても最悪死ねば大丈夫」
という気持ちが揺らいでいるのです。

心に負担がかかる度、そうして小さな逃げ道を作り、負担を外に流していました。

死ねば多分許してくれるから大丈夫。
何かあっても死ねば良い。

今は、そう自信を持って言えないのです。

こんな情況で言うのは不謹慎だから?
違います。
それを言うなら、今でなくてもいつだって不謹慎です。

それにこんな事に引き合いに出される方が余程失礼でしょう。

生きていたくても生きられなかった人が居るのに、
生きているお前が死にたいだなんてその人たちに失礼だ、と。

それこそ詭弁でしょう。

こんな下らないことに、本当に大変だった人達を引き合いに出さないで下さい。

もう本当に馬鹿げたこと。


「大切」は幸せだけど、苦しい。

それを糧に生きていた学生時代もあったけれど、
それとはまた違う「大切」。

捨てられないことへの愛着と恐怖。


死ねば良い。

本当に?


今の私はちゃんと死ねる?


悔やまない?


応えられない。
だから気が狂いそうになる。

日々は変わらないのに、逃げ道だけを無くしてしまう。

つらいつらいと叫びたいんじゃない。


お願いだから、「大切」はもう増えないで。

泣いてないって明るく言い放てば良かった。

February 27 [Sun], 2011, 16:58
久々に仕事で大ポカをしてしまった。

知らなかったと言えばそれまでだけれど、
知らないなら何故効かないのだというだけのこと。

キツく叱られたわけではない。
むしろ次から気を付けよう、くらいに言われた。


だけど、涙が止まらなかった。
悔しくて悔しくてたまらなかった。
ミスをした自分も、泣いている自分も、
不甲斐なくて、情けなくて、何て下らないんだと思った。


泣きたくなんてない。
いつだって本当にそう思うし、堪えているのに、
私の涙腺が言うことを聞いてくれたことなんて、
きっと一度もない。


泣けば許されるなんてこれっぽっちも思ってない。
でも端から見れば、ただそうとしか見えなくて。
それを弁明することだって、ただの言い訳でしかない。


悔しい。


悔しい。


悔しい。


泣きたくなんてないのに。


こんなつまらない釈明は誰にも届かない。

想うところは過去にあれど、今しか生きられないから。

February 19 [Sat], 2011, 2:03

最近は、またtwitterばかりにかまけています。
どうも、書いている人です。

それが駄目ってことでもないですが、
ちゃんとしたことも偶には書かないとな、と思います。


先日、taeのライブに行きました。
いつものように鈍行で出かけて、
またいつものように夜行バスで帰る。
学生時代と何ら変わりもない行動です。

それでも気持ちが同じでいられないのは、
先の短さに焦燥感を感じているからでしょうか。


さて、帰り道。
バスを降りて、地下鉄に乗り、駅からは徒歩で帰宅します。
その道すがら、何だか昔のことを思いました。
昔といっても3〜4年前のことです。


当時も同じように行動していた私。
でもその中身は随分変わってきたように思います。
当然ですが、歳もとりました。
そして、人間関係も変わりました。

考えてみれば、
ライブとは不思議なものです。

年齢も仕事も住む場所も異なるのに、
同じ音楽やバンドが好きで、そこに集う。
そして、知り合い、関係を持つ。

それはとても尊いことのように感じます。
先日そのようにして出会った友人と話したのです。
これは案外スゴいことだね、と。

何だか細い糸を歩んでいるようだと思いました。
その細い糸の端を結んだような関係。

何か一つ欠ければ、そこには辿り着かないようなもの。
上手く結べない糸だってあるということ。

故に尊いけれど、脆くもある。

一度結んだ糸もずっとそのままでおけば、
いずれは風化してしまうのでしょう。

そんな糸がいくつかあります。

連絡をとることは、昔に比べれば随分容易になりました。
パソコンも携帯も普及した時代です。
電話が嫌ならメールでいい。
何なら手紙だっていい。

簡単なことです。

それなのに、人は移ろっていくもので。
どんなに大事な人でも、
その大切さも、感謝も友情も本物でも、
時間を止めることはできないのです。

新たな関係を持てば、そちらに傾倒気味になる。
それはとても自然なことだと思います。

でも、ふいに思い出すのです。
あの頃の私は、と振り返るのです。

やはり歳をとったせいでしょうか。

そして、私もいつかこの場所から離れていくのでしょうか。

そう思うと、今の一度しかないものを大切に、
なくさないように、と考えるのです。

何だか気持ち悪い文章になりました。
でも最近の私はこんな感じ。

年末のご挨拶。

December 31 [Fri], 2010, 23:45
今年はろくすっぽ更新もせずにおりましたが、
色々な方にお世話になりましたこと、
この場においてお礼申し上げます。


来年もよろしくなんだぜ!


そして今年の漢字は「動」です。

移動もあったし、会社辞めたり、旅行いったりね。

んでは。よいお年を。


もいもい!

即物的思考の考察。

November 16 [Tue], 2010, 0:47


今日心療内科に行ってきた。

自分のことをハッキリと言葉にして話すのは、
非常に苦しい。
巧く言えないのもあるし、
言葉にする事で自分に落胆することもある。

何で自分のことを説明するだけで、
血反吐を吐くような気持ちにならねばいけないのだろうか。


最近はずっと薬が欲しいが故に通っている。
薬を飲まないと普通の生活もままならないからだ。
薬が抜けると気持ちの安定がどうのこうのより、
身体がだるくて目眩がしてしまうのだ。


けれど、もう4年以上通ってきて、
治るとか治らないとかってあるのか?と疑問を感じている。
これは実に真っ当な疑問だと思う。


だから訊いてみたんだ。
どの状態になれば治ったと言えるのですか、と。

腕を切らなくなれば?
心の中で自分を罵らなくて済むようになれば?


医師は、
「自分と世間の間にうまく折り合いをつけて、
 うまく割り切れるようになったら」
と答えた。


今まで転勤の繰り返しだったから、
幾つかの心療内科にかかった。

どの医師も一様に、「打ち込めるものはありますか」とか、
「普段の楽しみはなんですか」とか、
要は何か夢中になるものはあるか、と訊いてくる。

その度に私は曖昧に笑いながら、「特には…」と答える。

だから私はすぐに死ねると思うんだ。

思い残すもなにも、もとより何も思ってもいないのに。

私をこの世界に繋いでいるのは、あくまで他人。
家族や友人や音楽という、他人。

私じゃない。
だからすぐに捨てられると思っている。

私がここにいるのはそんな他人との繋がりがまだ切れていないから。

僕は赤の他人と接するのは大嫌いだが、
仲の良い他人と一緒にいるのは好きだ。

だからまだここにいる。

全然纏まらなかった。

伝えない事実。

October 25 [Mon], 2010, 1:51
会社を辞めた。


仕事を辞めたことについては後悔していない。

ただ、もっと色々なことを頑張れば良かったな、
という点ではいつでも後悔している。


「辞める」と上司に告げた際、私は言った。
「生きる」ために辞めたいです、と。


ごめんなさい、それは本当は嘘。


本当は、「死ぬ」ために辞めた。

会社に所属したまま死んだら、
沢山の迷惑をかけてしまう。

店長としての義務や責任も、
勝手に放り投げてしまえる程に私は強くない。


社員が自殺なんて会社的にも無駄なマイナスイメージ。

だって死ぬのは会社のせいでも、ましてや上司のせいでもない。


ただ私が弱いから。
それだけのことだから。




だから、「死ぬ」ことを自由にするために会社を辞めた。


今はまだ何となく生きられるようになって、
少し生きている。

それが続くも終わるも、大したことじゃない。



ああ、もし本当のことを告げていたら、
あなたは私を引き留めていたかなぁ?


そんなことを考えるのも、
あまりに無粋で無駄なこと。

3年前の文章。

October 15 [Fri], 2010, 22:57
いつか灰になって
やがて空になって
海に土に還るなら
それはあなたをたすけるでしょう

あ、追記。

August 21 [Sat], 2010, 22:35
今更ですが…、
生きていて、スミマセン。

募集しているような気もする。

August 21 [Sat], 2010, 22:31
僕と1泊or日帰りor夜行バスで東尋坊に行ってもいいって人がいたら連絡をしてみて下さい。
返事があるかもしれません。

(無題)

August 04 [Wed], 2010, 9:29
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだ。
もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだも
ういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだ
■プロフィール■
名前 ユキチ
趣味 音楽鑑賞、睡眠、読書
誕生日 6月17日
年齢 26−30
血液型 A型
手芸を生業とする半社会人
最新コメント
アイコン画像ハイヂ
» あ、追記。 (2010年09月26日)
アイコン画像まふ
» (無題) (2010年08月05日)
アイコン画像なぎ
» (無題) (2010年08月04日)
アイコン画像さくら
» 蜂蜜ぱんじゅう。 (2010年04月21日)
アイコン画像ユキチ
» ミトン。 (2010年02月20日)
アイコン画像なぎ
» ミトン。 (2010年02月19日)
アイコン画像ユキチ
» これは何だろう? (2010年01月05日)
アイコン画像ハイヂ
» これは何だろう? (2010年01月02日)
アイコン画像やま
» 防波堤view。 (2009年09月15日)
アイコン画像やま
» またまた。 (2009年09月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:snow-in-snow
読者になる
Yapme!一覧
読者になる