企画SS《124-2》

March 06 [Tue], 2012, 23:37
企画SS《124-1》の続きです。



***
「へいきやて。べつにウチのへやにいくだけやし、もんだいあらへんよ」
「…そ、やろか?」
「うん」

きゅっと手を握られて、おまけに大好きな木乃香に笑顔を向けられては刹那に反論する気力が湧くわけもなく、大人しくついて行くしかなかった。

「ほら、みてみい」
「うわぁ〜」

数えるのも大変そうな立派な雛壇が目の前に広がり刹那は目を輝かせた。

「おおきいな!」
「うん。あしたにはかたづけてまうから、せっちゃんにきょうあえてほんまによかった」

刹那に喜んでもらえたことが嬉しいのか、木乃香も始終笑顔でいた。あの宴で見せていた作った笑顔ではなく、年相応の無邪気な笑顔である。

「これ、このちゃんのなん?」
「うん」
「すごいなぁ」
「せっちゃんのは?」
「ウチ?ウチのはないよ」

さらりと言ってのけた刹那に木乃香は鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする。

「しんめいりゅうにはもんかせいがいっぱいおるから、ウチだけのおひなさまはないんよ」
「そうなん…。なぁ、せやったらこれあげる」
「…え」

そうして木乃香が指さしたのは目の前にある雛壇だった。

木乃香の発言に今度は刹那が鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする。

「あ、アカンよ!」
「ほしないん?」
「ほし…い、けどほしない!」

刹那には木乃香がなぜこのようなことを言うのかよく分からなかったけれど、少なくとも雛人形は子供同士のやりとりであげたり貰ったりできるようなものではないことだけは十分すぎるほど理解できていた。

「あげるてゆうてるのに…」

拗ねた様子の木乃香は唇をとがらせて畳を見ている。

一体木乃香に何があったのか、刹那は勇気を出して聞いてみた。

「このちゃん」
「ん?」
「おひなさま、すいとらんの?」
「うん」
「なんで?」

刹那がこの質問をすると途端に部屋は静寂に包まれた。

重たい空気に耐えきれなくて刹那が質問したことを後悔し始めた頃、木乃香は小さな声で呟いた。

「え?」
「やから、…ウチみたいやない?」
「う、うん。このちゃんみたいにかわええよ」
「そうやのうて、…かざられとるだけのそんざいがや」

自分は近衛家にとってお飾りでしかない、そう木乃香は言いたいらしい。しかし、そのようなことを刹那が理解できるわけもなく、先刻から首を傾げるばかりだ。

  • URL:http://yaplog.jp/snow-drop1513/archive/767
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春雪
  • アイコン画像 誕生日:3月17日
  • アイコン画像 職業:
読者になる
コメントを頂けるとKSP(このせつポイント)が回復するため"やる気"が上がります!!
その反面、KSPがゼロになると暫く補給しに出かけてしまいます。

※当ブログに非公開コメントをされる際の注意事項は2010/6/7の記事をご覧下さい。
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» あとがき。 (2015年03月18日)
アイコン画像ナナ
» 雑記。 (2013年08月29日)
アイコン画像さっちゃん
» 雑記 (2013年01月17日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月09日)
アイコン画像全(ぜん)
» 雑記+コメ返。 (2013年01月06日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報。 (2012年12月07日)
アイコン画像遊瑠
» 別館更新情報 (2012年11月02日)
アイコン画像遊瑠
» 三周年! (2012年10月26日)
アイコン画像まぁ
» 企画SS《151-2》 (2012年09月09日)
アイコン画像さっちゃん
» 20万御礼+生態。 (2012年03月20日)
Yapme!一覧
読者になる