和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科の口コミとトリンドル玲奈 明治ボーノチーズCM 30秒バージョン

August 02 [Fri], 2013, 10:28
どもども!毎度こんにちは。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科レビュー特集中です(^^)
↓↓

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科特典付きサイトはこちら


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科の口コミは本当でした。
株式会社ICCさんがリリースした情報教材和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科を
超お得な特典付きで人数限定にて
お届けしています。


※あなたの生活を劇的に変えるサイトに出会えます。
3段階先のリンク先サイトを必ずチェックして下さいね(^^)


購入前はまだ不透明ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科特典付きサイトはこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


今日のブレックファーストは新米を炊いたご飯と、ハムエッグと味噌汁

朝の定番メニューです。



10分で完食、9時ジャストにアパートを出発^^



駐車場に入り易いローソンに普段通り入店して、冷たいコーヒーをポイントでゲット(^^ゞ



普段通りのルーチンですから(^^)。



会社に行くと、日々の日課のヤフートップラインを見てみると

今日のヘッドラインは?

↓↓

「ファンの方に申し訳ない。そこは謝りたい」
 土屋アンナ(29)が31日、押し問答が続いている舞台中止騒動を謝罪した。「自分の主張に自信を持っているか」という記者の問いかけには、笑顔でうなずいていたが、果たしてどちらが勝つのか。

 制作サイドは「損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講ずる所存」と鼻息も荒い。が、世論は圧倒的にアンナ側に傾いている。3000万円とも1億円ともいわれる賠償金をアンナ側が払わずに済むのかといえば、そう単純な話でもない。

 契約問題に詳しい弁護士がこう言う。
「稽古に参加することを定めた契約書があるようなので、裁判ではアンナ側が不利。ただ、制作サイドはアンナ側に対し、出演する舞台という場を提供する義務を負っています。制作サイドが原作者ときちんと契約を交わさず、その“場”を提供できる状態ではなかったとすれば、アンナ側は契約を解除できる。要するにアンナ側の主張が通ります。そこで問題になるのが、制作サイドと原作者の“口約束”が裁判で認められるかどうか。未知数ですが、それが勝ち負けを大きく左右することになります」

 アンナ側が負ける可能性も十分あるわけだ。

 アンナをよく知る業界関係者は「アネゴ肌で義侠(ぎきよう)心にあふれる彼女のことだから、原作者のために何とかしたいと思ったんでしょう」と話す。そんなアンナの義侠心に共感し、世論はアンナに味方している。裁判になって、アンナが負けることにでもなれば、それこそ大騒ぎになりそうだ。
(この記事は日刊ゲンダイから引用させて頂きました)



さすがですね〜

大して・・・って感じですね。



では本題、きょう、やるべき事と言えば

M君によるとサイトアフィリエイトに6時間と、ブログテンプレの張替えに3時間。



かなりハードだけど問題にはならないです。



今日も稼ぐぜ!



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





あちゃちゃ関連してない?

気にしない気にしない(^_-)-☆



さてさて晩飯は何しよ?

しゃぶしゃぶかフカヒレスープがなんとしても食べたい!



これも良いか?

↓↓





きっとNEXT記事はがんばって今日中に・・・出来るかな?

ではまた次回!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/snoopydog/index1_0.rdf