土居で北原

July 26 [Tue], 2016, 19:03
これまでウィークに50暇以上働いたことがある個々は、散々働くとどれくらい惨めな気持ちになるかをわかるでしょう。しかし、深夜まで続けても、効率よく出勤をやりこなすことを待ち望むのは耐え難いのです。

労働関連インターネット「Enterpreneur」で指摘されているように、とある階級を過ぎると、散々勤めで生産性が出ることはほとんどありません。たまの残業であれば2〜3暇で出勤を統べることは可能でしょうが、これは恰も火事場の馬鹿力の感じで、その時限りの効果があるだけだ。慢性的にウィーク50暇以上も勤めると、勤め生産性が低くなるのです。

“ スタンフォード大学の残る追及で、週の労働時間が50暇を超えてしまうと、1暇ヒットの勤め生産性が急激に低下し、55暇以上になるとグングン悪化し、もはやこれ以上働いていても無用という結果が明らかになりました。これはいよいよその通りで、ウィークに70暇以上働いていても、55暇の個々と比べた出勤の成果は同じなのです ”

労働時間がウィーク50暇を超えると生産性が下がり、55時間に達するとたいてい完全にストップしてしまう。最終的に、脳とボディーは単純にその出勤量にフォローできなくなるのです。再び出勤に取りかかるには休暇が必要です。休暇を取れば、よりの出勤をやりこなすことができます。仮にそれほど感じなくても、脳は「一休みが必要だ」と知っています。脳が疲れていれば、生産性を失い、状況が悪化する原因となります。無理して働かず、自分自身のために、無理にでも家に帰りましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shiori
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/snmeeaisnyukfa/index1_0.rdf