消します。 

November 14 [Wed], 2007, 5:29
そろそろこっちのブログ消します。
今日はそれだけですが・・・

警告(?) 

October 04 [Thu], 2007, 23:22
えっと、このブログにリンクしてる旧友さんたちのブログを、新しいアドレスに繋げさせていただきまふ。
また改めてメールしますがここでも告知をば。

ブログ移転します。 

August 20 [Mon], 2007, 16:16
ものすごい放置具合で久しぶりに書きこむことと言えばこんなことかい、というね。
そろそろ冬公演に向けて、EMPTYは動き出しています。

http://evanescentlife.blog.shinobi.jp/

あたらしいブログはこのアドレス。
相変わらず芝居のこととか呟きやらグチやら色々書きつづります。

本番が終わりました 

July 10 [Tue], 2007, 1:06
終わってから一週間。体のガタがいよいよ深刻になってきました。
さて、沢山アンケートいただいて嬉しい限りのEMPTY一同です。
キビシイ意見もいただきましたが、たくさんの方々に「あったかい芝居だったね」
とご感想を寄せていただき、本当にSAKURAをやってよかったと思いました。
足下の悪い中ご来場下さった皆様には大変感謝しています。有り難うございました。
劇団員一同、これからも精進して参りますので、今後とも是非よろしくお願いいたします。

・・・ごくごく小数の方々に伝わると思われるメッセージでした。


えーっと、SAKURA終わりました。反省会も終わりました。
色々としょっぱい失敗をあげつらってゆくなかで、ああ自分って何も成長していないなーと思うことが多々あります。着実に経験値は踏んでいるのになぁ…。
役者としてはレベルアップしてることを感じるのですが、劇団の一員としての行動ですとか心構えですとか、その辺りのことは一年生の時と何ら変わっていない。だからって軽い気持ちで芝居やってるわけでもないですが。

さて…冬公演が問題です。
存続するかしないか瀬戸際(親方曰く五分五分)のオリーブホール。
予約は12月16日で押さえてるんですが、けどまだ分からないな〜って状態でして。
しかも12月の公演と言えばお世話になりまくった4年生の先輩方の卒業公演です。
アタイ副座長なんで出ないわけにはいきません。
けど、別の劇団で立ち上げてる、どうしてもやりたい芝居があります。
裏方としてのみ参加することになると思いますが、すごく心苦しい。
お世話になったのに、一緒に舞台踏めるチャンスなのに、うーん。
けど、今は自分の心に正直になろうと思ってます。
今後のEMPTYの糧になるように。
自分の芝居観を考え直すために。
たまには違うハコ、違う演出でやってみるのはきっとなんらかの刺激になります。
それをEMPTYに持って帰るのがアタイの目標です。

本番秒読み 

June 27 [Wed], 2007, 2:09
久しぶりに書きこむなー。
1日1日が刻々と終わる事に、色々やれてないこととかを指折り数えては妙なハイテンションに追い込まれてゆきます。今日も「健康だね!」とか「飲んだ?」とか言われる程にはしゃいでた見たいです。本人に自覚は無いんですけどね。
手探り状態の道具作りに劇団員一同危機を感じています。ああ、解決策が見つかればいいんだが。今回は上の方々にも散々に迷惑を掛けています。副座長として恥ずかしい行いばかりで、座長共々本当に凹むことが多かった。ゲスト出演なんだから、練習だけに来るだけでいいという状態まで、現役で持っていくべきだったんだろうな、と思います。

…ここで主観を挟むと、参加すると決めたなら、芝居を作る上では歳学年なんて関係ないんじゃないか、とか思ってしまうのですが…そこはやっぱりアマ劇団と学生劇団の違いなんだろうなぁ。年功序列。

ところで、ついにサークル活動が解禁になりました!
今まで心配させてしまった方々にも、ここからは届きませんがこの場を借りてありがとうございました!ようやく空きコマ中の道具作りに手を掛けることが出来ます。夜中まで居残って外で黙々と、とか、しんどいしね。
サークルボックスも閉鎖を解かれ、やっと捜し物云々を探しに行けます。ああ、神様ありがとう!これから少しは存在を信用します。


大学と関係ない身内しか見ないこのブログで書くのもアレですけど、
6/28、9:00からのFM高松のラジオ番組に再び出演します。
くるぶしさんと自分とで行ってきまっす。
劇団内の身内ですら聞く人は少ないと思いますが張り切っていってきます

一段落 

June 19 [Tue], 2007, 18:14
練習場所が無いッ!!!!と、焦っていましたが、色々調べまくった結果、
とある場所を押さえることに成功しました!

ちなみにサンポートじゃないっす。確かにきれいだし空調ばっちりだしでけぇ鏡はあるしで至れり尽くせりな練習場所で、めちゃくちゃ魅力的だったんですが…しかし所詮は学生劇団ですから、お金は出来るだけかからないほうがいいってことで却下になってしまいました1時間数百円から、しかし3時間使えば2000円飛びって金額に。
しょぼくても空調無くても4時間1500円には勝てませんでした。何せ部費で賄えない部分なもので…。有り難うございました。貧乏って、辛い。

ちなみに本日の活動も水面下で行います。つまり自宅潜伏。…てゆうか、サークルとしての活動はおやすみなんですがね。
アタイは衣装担当なので、自宅でミシンと仲良くします。
早く立ち稽古したい!通し稽古したい!とにかく動きたい!!
劇団員みんなウズウズしてます。あと2週間です焦りも見え始めました。
とにかく、早く衣装を上げてしまうことと、台詞を頭にたたき込むことが最優先。

ここからは誰にも聞こえないけど、みんなで力合わせて頑張ろうなっ。ぅおーーー!!!

や、やばす!!! 

June 19 [Tue], 2007, 2:53
実は香川大学、今百日咳の影響でサークル活動全面禁止になってます。
…っていう状況下でも場所を学外に移して稽古してたのが悪いんですが…
文化センターというところでやってたわけなんですが、そこの職員さんたちがこの情報をキャッチ。大学に通報しちゃったというわけです。
そんなわけで本日は緊急で稽古は休み。急に練習場所は取れなくて、明日も休みかも知れない…っていう、本当に緊急事態ですよ奥さん。誰か安くて広い練習場所を教えてくれー!!!6/30日まで学校での活動ができねーっていうのに、なんでこんな時に限って…うう

取りあえず、自宅に潜伏しながら衣装作りに励もうと思っていますが。
しかし、2,3日稽古しないだけでかなり感覚が鈍る。いっそ公園でもなんでもいいから場所確保できないかなぁ。

ところで、今月28日の朝なんですが、FM高松に出演しますアタクシいえーい。詳細な時間はまた後日お知らせしますが…。実は6/14にもFM高松の『Sunset Groove』という番組に出ました。パーソナリティの甲山さんも実は「銀河鉄道」という劇団に所属していた経歴があるということで話も弾みましたよ。可愛いし声も良く通る方だし、一度でいいから舞台に立っている姿を見てみたい。

…と、微妙に雑談も挟みましたけど、現在劇団EMPTYは大変な危機的状況に陥ってます。大学側から何も音沙汰が無いし、そんな静かな状態が逆に怖い。7/1の公演差し止めとかいう事態に陥らないことをひたすら祈るばかりです。2度舞台に立ったことがあるだけとはいえ、日頃ホールスタッフのバイトを通してとても仲良くなったホールでもあります。7/1に閉館する、その日にEMPTYの芝居を打たせてくださるその意味は、私にとって、私たちにとってとても重要なんです。
こんな時だけだけど、神様どうかお願いします!!!

迫る夏公演 

June 16 [Sat], 2007, 8:58

<演目>SAKURA(作・演出 宇治橋慶也)
<場所>南新町オリーブホール(香川銀行3F)
<日時>2007年7月1日(日)
    開場17:30 開演18:00
<Tickets>前売り400円 当日600円


この度、オリーブホールが閉館することになりました。
その記念公演って形でこのお芝居を一本やるわけなんですが…

オリーブホールって、思えば本当にいいハコだと思います。
組み替えの自由な舞台は、出舞台だろうが花道付きだろうが囲い込みだろうが、何だって出来る可能性を秘めてました。もっとも、アタイは普通の形状の舞台しか踏んだことありませんでしたが。客席との距離も近くて、灯体だって自分で自由に動かせて、何から何まで勉強になる空間だったと思います。

劇団EMPTYでは、20年近くオリーブホールを公演場所として使い続けてきました。それだけにホールさんとの繋がりとか絆は、EMPTYに在籍してるってだけで強くて、そんな強い繋がりを持つオリーブホールが閉館してしまうのはとても寂しいことなわけであって…。

稽古中にもそれを考えるととても辛くなりますが、オリーブホールの最後を飾る花は、アタイたち劇団EMPTYの「SAKURA」で、ハデにやり遂げたいと思います。

劇団という集団について 

May 28 [Mon], 2007, 2:54
いや、内容としては呟きに近かろうと思うけれどね。
「劇団」という集団について少し思うことを書こうと思います。
私が所属しているのは、劇団EMPTYとテアトル・ローマンという劇団です。
芝居の方向性やら趣向はもちろんのこと、団員の性質も全く違うこのふたつの集団。
EMPTYは学生の集まりなので、学校が活動の中心なわけで、やっぱり集まる人間の軸は学校です。だからというか・・・なんだか私生活での繋がりはとことん薄い気がするんですよね。別に悪いことだとは思わないけれど、ただ、学校を同じくするっていうだけで、同じ芝居を作っていく上での意思疎通が上手く出来るのかどうかは微妙なところなんですよ。高校時代の演劇なら、帰り道に色んな話をしたり私のいたところじゃ漫画やらBLやらの話で散々に盛り上がったりしてましたね。女の子ばかりの部活だったからっていうのもあるけど、きっと気持ちの繋がりは強かったと思います。
一方でテアトル・ローマン。ここは社会人が主軸の劇団です。活動場所の中心地は団員の家だったり、近くの公園だったり。こっちはなんだかいやっちゅーほど繋がりが強いんです。や、嫌じゃないんですよ。喩え喩え。ゲーム共有して共通の話題作って、度々みんなでご飯食べに行って、公演に向けてのみんなの気持ちやまとまりを結束していこうよ・・・って動きが随所に見られる。劇団員ひとりひとりが自分と他の劇団員との距離感を感じ取ってそれが良い場合なら保つし、あるいは縮めていく意識があるからだと思う。主軸が社会人とあるだけに、仕事うんぬんでなかなか全員集合するときがないから余計だと思うけど。

1つの集合場所から派生した集団と、1つの集合場所として存在する集団。
やりたいことを同じくするのは一緒なのに、こうも意識が違ってくるんだなーっていう顕著な例の中に居る感想でした。

損害賠償 

May 16 [Wed], 2007, 15:41
コンアモーレ!(挨拶)民法専攻のしげぞうです。


今不法行為と損害の成立用件および損害賠償のあたりを勉強してました。損害賠償って何なのか、勉強した事無かった頃は『許して貰うための金』っつーだけの意識でしたが、学説的にはいろんな認識の仕方があるらしーです。



@(損害を受けなかったら儲ってただろう利益)−(損害を受けた現実の利益)=差額分が損害の額

いわゆる損害賠償の額。差額説とゆうらしい。これは精神状態の損害に対する損害賠償を説明しにくい欠点があります。



A(財産状態の不利益に対する損害賠償)+(精神状態の不利益に対する損害賠償)+(etc.)=損害賠償の額
ってな感じに、一つずつの項目に対する損害賠償を足していく方式を現実損失説(個別損害説)といいます。こっちのが現実的に採用されてるそうな。差額説で説明しきれない精神状態への損害賠償をうまく説明できてるというわけですよ。




みたいな感じに、なかなか面白いです民法。民事訴訟の傍聴に行ってみたくて仕方が無い今日この頃。
広告
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
書いてるへたれ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しげぞう
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-アートと申しますか、芝居。役者以外に照明にも興味が湧いてる今日この頃。
    ・音楽-アジカン、バンプ、エルレ、事変などロック中心につまみ食い。特にアジカン、バンプに関しては猛烈に愛。
読者になる
最新つっこみ
アイコン画像さらに通りすがり
» 本番が終わりました (2007年07月10日)
アイコン画像トーリスガリ
» 本番が終わりました (2007年07月10日)
アイコン画像しげぞう
» 本番秒読み (2007年07月10日)
アイコン画像ポリ
» 本番秒読み (2007年07月04日)
アイコン画像しげぞう
» 一段落 (2007年06月27日)
アイコン画像トーリスガリ
» 一段落 (2007年06月21日)
アイコン画像しげぞう
» や、やばす!!! (2007年06月19日)
アイコン画像トーリスガリ
» や、やばす!!! (2007年06月19日)
アイコン画像しげぞう
» 迫る夏公演 (2007年06月19日)
アイコン画像トーリスガリ
» 迫る夏公演 (2007年06月18日)
Yapme!一覧
読者になる