お知らせ / 2008年01月28日(月)
ブログ引越ししました!
新しいアドレスです!

http://snailramp.exblog.jp/
 
   
Posted at 20:39 / スタッフ / この記事のURL
コメント(13)
イシマル / 2008年01月24日(木)
新年明けましておめでとうございますって
かなり新年明けすぎてる感じですが
今年もヨロシクぅね! byゆーとぴあ

さて2008年のっけから音源があるんですよね。
気がついたら結構な月日がたっていて軽くびっくりしてますが
今回はカバーアルバム?ミニアルバム?な5曲入り!
収録曲はトップページを見て下され。

その五曲の中で石丸セレクトが
NENA / 99 RED BALLOONS

ZOO / Choo Choo TRAIN
の二曲でごぜえます。

何となくなのと変な思い入れがある曲なんですけど
何となくなのが
NENA / 99 RED BALLOONS
単純に曲が好きだったのと間奏のリフを叩きたい!その一心でごり押ししやした。
この曲かなりライブで良い感じになるかなぁと淡い期待を抱いて先日心斎橋SOMAで初披露!
やっぱり!良い感じで出来てかなりのご満悦曲になりました。

さてその次
ZOO / Choo Choo TRAIN
ですがこれは思い入れがあると言うか何と言うか個人的なよい思い出曲なんですな。
その昔某スペイン坂スタジオでラジオ番組に出させて頂いた時の話しなのですが。
メンバーそれぞれに聞きますが!スキー場(ゲレンデ)で聞きたい曲は何!?
とのクエスチョンでございました。
他のメンバーの方々は
やれNOFXだMXPXだとか
ぉぉかっこよろしぃな、と言う選曲で
スノボーで空を飛びくるんくるんと回っている所がイメージ出来る。
素敵な曲達でした。。
そして最後オチとして使われたのがわたくし石丸選曲の
Choo Choo TRAIN ♪

この時ほどメンバーを出し抜いた!と思った時は無かった!
その良い思いで共に選曲してあの思い出を風化させないようにと言う
全くもって個人的な理由で選びました(笑)
これもライブ向きなアレンジになりかなり楽しい事になりそうですが。
まだライブでは一度もやっていないので何とも言えないけどねぇ(遠い目)

カバー集はもちろん今年は新曲も出せたらなぁなんて淡い夢を見ているので。
ヨロシクお願いします!
ではではライブで会いましょう!
石丸でした。
 
   
Posted at 14:04 / イシマル / この記事のURL
コメント(7)
タケムラ / 2008年01月23日(水)
本来ならば前回のレコーディング話しの続きを
書かなければいけないのだが、何気に今日!
カバーミニアルバム「DISCOVER」がリリースされやした!

という事で、
レコーディング話しの続きはまた後程・・・。

「DISCOVER」、もう聴いてくれた人達もいるみたいで、
嬉しい限りです。

このリリースに伴い、雑誌、ラジオ、テレビへの
露出もわりとしております。

この前収録した「音燃え」というTV番組も
明日の深夜24時50何分とかから、日本テレビで
オンエアされます。

でもこれって関東でしか見れないのかなー。
だったらゴメン。

しかーし!
各地方にも、各媒体の取材・出演を果たす為に
右往左往するので、良かったらチェックしてちょうだい。

試合前の減量で、何だかやつれている俺を
せせら笑ってやって下さい。

ちなみに明日からは大阪、京都、神戸、姫路などの
関西地方におじゃましやーす。

その他にも九州、名古屋、東北、札幌などなど
全国的な右往左往の予定です。

っつーか試合前にこんなに全国をウロウロして
本当に大丈夫なのか?!
俺の体重は落ちるのか?!

今から不安でいっぱいです(涙)。

まあでも取り合えず、
今日リリースになった「DISCOVER」、
是非是非聴いてプリ〜ズ!
 
   
Posted at 15:30 / タケムラ(音楽) / この記事のURL
コメント(7)
タケムラ / 2008年01月21日(月)
いよいよ今週水曜日、1月23日にリリースされる
カバーミニアルバム「DISCOVER」。

これをレコーディングしたのは去年の10月で、
Dr、Ba、Guを録ったスタジオは今回が初めての使用となる所。

同じスタジオ、同じ機材、同じエンジニアさんで
レコーディングしたとしても、同じ期間内に録ったものでなければ
音はやっぱり異なってくるというシビアな世界。

ましてや今回のようにスタジオが違えば、そこにある機材も違う。

ついでに言えばスタッフも違う。

録音するのはいつものメンバー3人、
エンジニアさんもいつもの古川さん。

しかしレコーディング現場には、もう一人のスタッフがいる。
それは「アシスタントエンジニア」という立場のスタッフだ。

通称「アシ」と呼ばれるこのスタッフ。
仕事としては、マイクなど諸々のセッティング、
Recボタンを押して録音を開始、停止させたり
その他にも色々と地味ながらも、非常に重要な仕事をする
ポジションだ。

基本的にエンジニア志望者がスタジオに入社すると
アシを数年経験し、やがてエンジニアへと成長する。

テレビの現場で言うと「AD(アシスタントディレクター)」が
「ディレクター」になるようなモンだ。

話しは俺達のレコーディングに戻る。

前作「TV MONSTER」以来のレコーディングとなる
スネイルランプ御一行。

録れる音はどんなモノになるんだろうか?
ちょっとした不安と先の見えない楽しみを抱え
レコーディング初日、俺はそのスタジオの扉を開けた。

そこにはうごめく人影が。

「あぁ、アシスタントさんだな」

俺は直感した。

余談だが、俺の中でのアシスタントさんのイメージは
「細身」「メガネ」「色白」だ。

かなりの確立で、この3種の神器を兼ね備えているのが
レコーディングスタジオのアシスタントエンジニア。

しかし俺に背を向け、何やらゴソゴソとセッティングを
しているその後ろ姿は「背筋が良く発達した」
「がっしりとしてる」フォルム。

「あれ?アシさんじゃないのか?」と一瞬思ったが
彼の後頭部付近に目をやると、耳の上からは
メガネのアーム(つる部分)が飛び出ている。

「あ、メガネ!やっぱりアシスタントさんだ」

俺は完全無欠の固定観念で彼をアシスタントと決め付け

「おはようございます。今日からお世話になります
 スネイルランプの竹村と申します。よろしくお願いします!」

と挨拶した。

その声に気づいた彼。

「あ、よろしくおねがいしまーす。
 アシスタントの○○○(よく聴き取れなかった)です」

振り返りながら挨拶してくれた。

その彼は、



ゴツい、















外国人だった・・・。




「あ、え?何?
 えぇぇぇぇぇぇっ!」

俺は全くの不意打ちに、思考がストップした。

がっしりとした身体つきだけでも意外だったのに
そのアシは何と外人さん。

「メガネ」というキーワードは辛うじて当てはまっているが
「色白」部門に至っては・・・、





ガン無視。

がっぷり四つの真っ向否定だ。




俺の中で、今まで培ってきた「アシスタント像」が
ガラガラと崩れていくのを感じた。

「マズい!」

俺は直感した。

今まで頑なに信じていた思考、信条を
否定せざるを得ない状況になった時、人の心は崩壊する。

俺は必死に立て直そうとした。



「いやいや!誰がどう言おうと彼は色白なのだ!」






「外人アシスタントの中では・・・」





「・・・・・・・・・・。」




俺は立ち直る事に成功した。



しかしここから数日間、
このアシスタントさんと俺達との
共同作業が始まる事になる。

一体どうなる事になるのやら・・・・・。



尚、今回のブログ一連の表現に
国による文化の違いなどの記述が出てきますが
それは人種差別などを意図した表現ではありませんので
ご了承下さいね。
 
   
Posted at 15:23 / タケムラ(音楽) / この記事のURL
コメント(5)
タケムラ / 2008年01月18日(金)
最近、「キックの試合はしないのー?」と
ちょくちょく人から聞かれる。

聞かれてからハッとするのだが、前回試合をしたのって
去年の2月なんだよね・・・。
もう一年経っちゃってるじゃん!

一応ランキングに入ってるクセに
一年間も試合しないのは非常にマズい。

「オメー、試合しねえならランキングから外すぞ」という
団体幹部様の無言の圧力、そして
「もう歳なんだし、試合しないなら
   いい加減引退してもらえませんか?



           マジ邪魔なんで」



という若手選手からの視線も感じるような・・・。
という訳で、慌てて試合をする事になりました。

2月23日(土)後楽園ホールです!

ちょうど一年振りの試合になりますね。

え?
試合勘?

戻るも何も、最初からそんなの持ってねーわ。

いつものように
「何でもいいから食べ物を下さい・・・」
と思いながら減量し、

試合前の数日間は
「体重が増えない水があるなら、コップ1杯5万円でも
買います。ありませんか?」とみんなに聞き、

当日はゼェゼェハァハァ言いながら闘い、
インターバル中に「も、もう帰りてぇ・・・」と思うだけだ。

ちなみに今回の対戦相手は高橋晃という選手で
ここ何戦かを連勝、前回はKO勝ちで上がってきた選手。

この高橋君、非常にいい選手で、前回の試合などは
「うわー強ぇー」という圧勝の内容での勝ち。

しかも「凄く熱心に練習したんだろうなぁ」というのが
見て取れる内容。

俺はぶっちゃけこの高橋君に、非常〜に




股間、じゃなかった、好感をもっています!

だってさー、おぼろげな記憶になっちゃうけど
この高橋君はデビュー当初、
試合をしても確か負けが先行してたんだよ。

しかも連敗。

普通だったらさ
「こんなにツラい練習と減量しても報われないなら・・・」
と、辞めちゃう奴が圧倒的多数なんだよ。

うちのジムにもいたよ。何人もね。

でもこの高橋君はそこから這い上がり
勝ち星を重ねた上に前回はKO勝ち。
そしていよいよランキング入りをかけた5回戦!


かっこいい!
かっこいいぞ、高橋君!
ちょっとかっこ良過ぎるんじゃないか?高橋君!
もうちょっと俺にも気を使いたまえ、高橋君!


俺が対戦相手にこんなに感情移入して
どうするって話しですが、試合を観る人にとっても
対戦する2人がどんな人間なのか分かってた方が
興味深く観れるしねー。

ちなみに、現在ライト級6位の俺が
ノーランカーの高橋君に負けた場合は
高橋君が6位、俺がランク外へと落っこちる事に・・・。

ひぃぃぃぃぃ。想像しただけで恐ろしい。

前回の試合は現役チャンピオンとの噛ませ犬としての試合、
今回は下から上がってくる、有望若手選手の踏み台と
なってしまうのか?!

試合を観てみるかー、と思った人は
コチラからどうぞ。
 
   
Posted at 13:29 / タケムラ(キックボクシング) / この記事のURL
コメント(6)
タケムラ / 2008年01月16日(水)
俺がおみくじにこだわる理由。

それは1996年のお正月にさかのぼる。


高校生の時やっていたコピーバンドを経て、
オリジナルのバンドでライブハウスに出るようになってから
3つ目のバンドがSNAIL RAMPだった。

それまでのバンドもパッとせず、

「これでダメだったら、
 バンドはもう諦めて就職しよう・・・」

そう思って1995年春に作ったのが、SNAIL RAMPだった。

東京でライブを始めたのが95年8月末。
しかしライブをやってもやっても
当たり前のように手応えも無く、

「やっぱダメなのかな・・・」

と思いながら、しょんぼり迎えた96年のお正月。

ぼんやりと初詣に行き、何の気無しに引いてみた
おみくじはなんと「大吉」。

「はー?!何が大吉だよ。
 これで良い事起きるなら世話ねえっつーの!」

若干イラッとしながら、おみくじを読んでみると
何だか古文みたいなのが書いてあった。

原文は難しく、
イマイチ意味を正確には読み取れなかったが
大意としては、

「ずうっと咲く事の無かった桜の木だったが
 やがて花をつけ始め、そしてそれは満開の花となるだろう」

という物だった。


ん?

お?

おおおおおお!!

これってもしかして俺の事?!

もしかして、
もしかしてもしかして、
バンドが上手くいっちゃうって事ー?!

神様ありがとう!

本当にありがとう!

さっきまで
「けっ、何が大吉だよっ」とイジけてたくせに
急に盛り上がり、神様に感謝しだす俺。

しまいには、酒なんて全く飲めないのに、
どうしても一杯やりたい気分になり
参道の露天で甘酒を購入。

あんなに気分が盛り上がっていたのに
日本酒じゃなく甘酒をチョイス、という
自分の冷静さが何だか気恥ずかしいが、
当時は全く気にならなかった。

気にならないどころか
その甘酒でしたたかに酔っ払い、
気持ち悪くなる始末。

そしてその年最初の練習スタジオで
大吉のおみくじ片手にメンバーに力説する俺。

要点としてはこうだ。



「おみくじには『バンドは成功する』と書いてあった」

            ↓

「俺達の成功は、神様に保証されたのだ!」

            ↓

「これからとても忙しくなるが、そこを乗り切ろう!」

            ↓

「忙しさを乗り切る為に必要なのは
               兎にも角にも体力だ」

            ↓

「だからとりあえず、
        今から腕立て伏せを30回しよう!」




メンバーの表情から明らかに困惑が見えた・・・。


「あっ!腹筋の方が良かったかな・・・」

一瞬だけ迷ったが、そんな事に臆する俺では無い。

「よっしゃ、やろうぜ!うーでーたーてー!」

高らかに宣言し、腕立て伏せスタート。

最初はメンバー全員(といっても3人・・・)で
一斉にやろうと思ったが、
その時に入っていた原宿のスタジオは
四畳半位にドラムやアンプを置いた
狭〜いスタジオだった為に断念。

一人ずつの交代制で腕立てを行う事に。

マイクスタンドをどけてスペースを作り、
薄汚れた黒いカーペットの上で腕立てをする俺達。

たった30回の腕立てだったが、
普段腕立てなんてやらなかった俺達は
この軽い運動だけで若干ギブ気味。

当時は痩せていた石丸なんて、
この腕立てで更に痩せたように見える。

両腕に乳酸が溜まりパンパンになった俺達は
結局「こんなに腕がダルいんじゃ楽器は弾けない」と
自分達に言い訳をし、その日は練習もせずに
竹下通りにあるマックに移動。

390(サンキュー)セット的な物を食べながら
「人気が出ちゃったらどうする?どうする?」と
イマドキの女子中学生でもしない会話に大熱中。

「オールナイトニッポンとかやってみたいなー」
といった俺の発言から
「オールナイトニッポンごっこ」がその場で始まり
フリートーク、ウソ葉書などをアドリブで並べ出す始末。

まさかその3年後、本当にオールナイトニッポンの
パーソナリティとして喋る事になろうとは
この時の俺には想像もつかなかったけど。


ちょいと話しがズレたが、
96年のおみくじによって全く根拠の無い自信を持ち、
再度モチベーションを高める事に成功し
バンドを続けられた俺。

そして、その速度は本当にゆっくりとした物だったが
徐々にバンドの状況も良くなり、

「おみくじの通りじゃん!」

と再確認。

以後、初詣のおみくじを欠かした事は無いし
「最近、何か上手くいかねーなー」と思うと
フラッとおみくじを引きに行く。

良いのが出れば
「お!これからは良くなる!」と思うし、
悪いのが出れば「あー、今はやっぱり良くないのか」と
納得。

んで翌週とかにまた引きに行き、
結局のとこ、良いのが出るまで引き続けるっていう
小ズルい事をしちゃいます・・・。

まー、最近は初詣以外で引く事も無くなりましたがね。

じゃあ、今年のおみくじはどうだったんだ?って話し。
それは又、別の機会にでも。
 
   
Posted at 17:26 / タケムラ(音楽) / この記事のURL
コメント(6)
タケムラ / 2008年01月10日(木)
新年も迎えたという事で、お正月らしい話しも。

皆さんは初詣行きました?
俺?勿論行きましたとも。

色々な風習、季節のイベント事も
わりとガン無視な俺も、初詣だけは基本欠かしません。

昔は大晦日の夜中から張り切って出発、
明治神宮や浅草寺と言った松坂大輔クラスの
超メジャー級に御参りしていたのですが、
さすがにその気力も萎え、ここ10年以上は
地元の富岡八幡宮に通っております。

しかし無信教でもあり、
風習・イベントはガン無視するはずの俺が
何故初詣は欠かさないのか?



それは、



おみくじ。



奴の存在が俺を初詣に通わせるのだ。

いや正確には、初詣以外にもおみくじを引く為だけに
神社仏閣に行く事もしばしば。

ここまでおみくじにこだわってしまう自分にも
ちょっとびっくりしてしまうが、これには理由がある。

れっきとした理由だ。



(銀座タイ料理話しの二の舞にならぬよう祈りながら)
 
次回に続く。
 
   
Posted at 18:08 / タケムラ(その他) / この記事のURL
コメント(7)
アラカワ / 2008年01月08日(火)
明けましておめでとうございます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、『明けまして、おめでとうございます。』
という言葉を『あけおめ』
と略す方も多いでしょう。

これがはたして1番正しい略し方なのかを
今回、論議させて頂きたいと思います。

確かに、『明け…、おめ…』これは言葉的にもかなり
短縮かつ効率良く略されているのではないかと思われます。

こちらもございますね。
『今年も、宜しくお願いします。』
『こと、よろ』
これもまた、的確に要約されていると思われます。

それでは、この言葉達をもっと柔軟に効果的に略してみてはいかがでしょうか?

『明けまして、おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。』

『あけ、おめ。こと、よろ。』
普通ですねぇ。

では、
『あ、お。こ、よ。』
スクランブルしてきましたねぇ。
まさに久々に電話に出た、あおこオバちゃんが言ったような感覚で…
『アオコよぉ〜。』
言葉シリ上がりで、
『青子よぉ〜。』
もうすでに、サブパーフェクトですねぇ〜。

若年者はこちらの方が言いやすいかもしれません。
『け、め。と、ろ。』
ヒップホップな感覚で…
『ケメトローッ!』
What's up!のような感覚で…
『YO! KEMETORO!!』
もう言う事はありませんね。

試してみては如何でしょうか?

それでは皆様、
『今年も宜しくお願い申し上げます。』
 
   
Posted at 20:57 / スタッフ / この記事のURL
コメント(2)
タケムラ / 2008年01月07日(月)
皆様、明けましておめでとうございます。

1月23日にはカバーミニアルバム
「DISCOVER」リリースと
新年からユラユラと動いていくので
今年もよろしくお願いしやーす。

去年は12月26、27、28日と3連チャンで
締めのライブを東名阪でやり、
何だか充実した気になって年を越した俺。

そして去年最後のブログであれほど
「体重差のあるマッチメイク」の危険性について
ウダウダと書きながらもそれをテレビ観戦すらも
し忘れるという失態。

気づいた時にはU−18トーナメントの決勝戦でした。
勿論そのリングにいたのは体重の重い2人。
主催側が勝たせたかった(であろう)HIROYA選手は
残念ながら準優勝でした。

まるっきり余談なのだが、その試合を表す為に
試合中にずっと画面隅っこに出ていたテロップは
「K-1甲子園」・・・。

いや〜、あいかわらずスゴいセンスですな。
コレといい、選手のキャッチコピーといい
決めてる奴の顔を見てみたい。

何だったらキャッチを決めた奴の
彼女だか彼氏の顔も見てみたいよ、全く。

ちなみに年越しの瞬間、俺がしていた事といえば
無印良品の大型クリアケース3つを車から降ろし、
自宅にヨロヨロと運びこもうとしていた瞬間でした。

車に戻ったらもう年が明けてた・・・。

まあ人生なんてそんなもんだな。
劇的な瞬間を劇的な場で!なーんてのは、ほぼ無い。

あ!でも!先日に御相伴にあずかった宮崎牛の肉!
劇的に美味しかったです☆F君ありがとう〜(涙)。

そういや先程書いた「無印のクリアケース」の話し。

年末30日に「たまには部屋を片付けないとなぁ」と思い立ち
雑然とし過ぎている部屋を大掃除開始。

慣れない事をしているせいか、物が多いせいなのか
あまりにも要領が悪くて、結局年内には終わらずに
終了したのは新年の2日。

しかも始めてみたら、服や物が収納しきれ無い事に気づき
何故だか、連日連日無印良品西葛西店(漢字多すぎ)に行き
「今日はクリアケース中を3つ」「今日は特大のを3つ」と
日々買い足す始末。

この大掃除、処分して片付いた物もあったが
クリアケースは確実に増えました・・・。

さあ、新年も迎えた事だし
去年のブログで予告した「タイ料理屋」の話しも
すっきりと忘れて始まりました、今年のブログ。

本年も何卒よろしくお願い致します。
 
   
Posted at 17:26 / タケムラ(その他) / この記事のURL
コメント(5)
タケムラ / 2007年12月19日(水)
気づいたらもう年末も近づいて、今年もあと僅か。
大晦日にはまた格闘技イベント「Dynamite!!」が
行われるようですが、このカードの中には
ほんっとにムチャクチャなものが・・・。

「U−18」という18歳以下を対象にした、
K−1ルールでのトーナメント戦が行われるようなんだけど、
組み合わせ、契約体重を見てビックリ!!

普段、フライ級(50.80kg)で闘っている選手が
2人も入っているのに、実際に闘う契約体重は
何と60kg!!

は?! ですよ。
は〜?!

格闘技に興味があまり無い方々には
分かりにくい話しかも知れないが、体重が5kgも違ったら
攻撃力は1段階違ってきちゃうんですよ。

勿論100kgの選手と105kgの選手の5kg差だったら
そこまでの差は無いと思うが、
55kgの選手と60kgの選手だったら、
明らかに、というか断然ブッちぎりで60kgの選手が有利。

だからこそボクシングやキックボクシングでは
いくつもに体重別の階級を作り分け、
対戦相手同士の体重を合わせて闘わせる訳です。

それが今回の「Dynamite!!」ときたら・・・。

じゃあ何でこんな事になったのか?

ここから先はあくまでも俺の仮定&妄想ですが、
現在K-1は「HIROYA」という10代の選手を
売り出そうと考えており(既に推定10年の契約済み)、
今回の「U−18」という企画もいわば、
彼を売り出す為のトーナメント。

彼のセールスポイントのひとつは「若さ」。
「じゃあ、若さを前面に出した
 トーナメントを企画しよう!」

さすがK−1。ナイスアイデアです。
ここはキックボクシング業界も見習うべきでしょう。


んで、じゃあ他のメンバーはどうする?

それなりに名のある奴を連れて来ないと
「デキレースだ!」って言われちゃう。

やっぱり肩書きがある方が一般視聴者には強く思えるけど、
HIROYAに合う体重、18歳以下、強そうな肩書き、
の3条件揃ってる選手なんて、そうはいない。

「んー、もう体重はいいんじゃねぇ?
 HIROYAに合わせてこちらで設定して、
 身体の小さい選手達は気合っつーか、
 精神力的なモノなどでカバーして頂くって感じで!」

勿論、ここまでいい加減な発言は無かったと信じたいが、
決定した結果は同じ。

このトーナメントには4人の選手が出るのだが、
その内2人がキックボクシングのフライ級のチャンピオン。

通常体重がいくつかは知らないのだが、
おそらくせいぜい55〜56kg位なのでは。

一方のHIROYAは減量しての60kg。

それってライト級の俺が
フライ級の選手とやるようなもんでしょ〜?

そんなオファーされたら、

「マジでいいんすか?!」って満面の笑みを浮かべて
答えちゃうよ。



いや・・・、

違うな・・・。



「バカにすんな〜!」って怒るわ、絶対。

俺がいくら弱いっつっても、
同レベル程度のフライ級の選手とやるのは
バカげたマッチメイクだ。


今年の大晦日に行われるのは、こういう事なんです。


勿論、まだ16〜17歳のHIROYA選手に
今回の罪があるとは全く思わないし、
彼は本当に才能がある、これからの選手だ。

と、同時に今回のトーナメントに出るフライ級の2選手も
才能豊かな、これからの選手達。

その選手達が、現役続行が危ぶまれるような怪我を
大晦日に負わない様、ただ祈るばかりだ。

あ〜ぁ、こんなんじゃ
試合を楽しんでなんか見れないじゃん・・・。


そして話しは全く変わりますが、
今年最後のライブが3連チャンございます。

12月26日(水)恵比寿リキッド
  27日(木)心斎橋SOMA
  28日(金)名古屋クアトロ

上記のライブでは1月23日リリースの
カバーミニアルバム「DISCOVER」からもライブ初お披露目!

大変です!
歌詞がヒジョーにビミョーです!

歌いながら、モゴモゴする事必至のライブ。
良かったら遊びに来てね。
 
   
Posted at 18:21 / タケムラ(キックボクシング) / この記事のURL
コメント(6)
P R
2008年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
お知らせ (2008年10月22日)
アイコン画像盗賊
お知らせ (2008年10月20日)
アイコン画像タイラノ清盛
お知らせ (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
お知らせ (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
お知らせ (2008年10月07日)
アイコン画像ぷるん
お知らせ (2008年10月06日)
アイコン画像はにまる
お知らせ (2008年10月02日)
アイコン画像新妻Y
お知らせ (2008年09月30日)
アイコン画像RAOSU
お知らせ (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
お知らせ (2008年09月27日)
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.▲ ページトップへ