焦心苦慮2 

2008年08月23日(土) 15時38分
【焦心苦慮2 】「しょうしんくりょ」文責・登記商号宮本総合事務所・行政書士宮本良三

あれこれ心配して、イライラとあせること。

恩義を感じる出来事があったので、恩師の墓参りに行った。お墓には、真新しい花が入れられていた。恩師の好きだった酒をお供えし、備え付けの大ジョッキ二つに水を入れた。何気なく物の動く方を見ると、当方の裏手の墓に三十代の男が杓で水をかけている。墓は大きく、見上げる感じの五輪塔がある。平均の墓地の五倍はありそうだ。

彼は十五メートルほど離れた場所にある水汲み場から、せっせっと水を桶に入れて運んでいる。やがて、水の飛沫が飛び込んでくる。コノヤローと思ったので、立ち上がって睨んでやった。彼は真面目でおとなしそうな印象である。ぺコリと頭を下げたので許す。

カチカチカチカチと何度もライターの音が聞こえてくる。「線香に火が付けへんのやな」と思うけども、下手に口出しできない。余計なことを教えると、今日は物騒なので、「コノヤロー!」と怒鳴られるか、質が悪いと喧嘩になって、怪我をさせられるか、刺し殺されるかも知れない。「墓場で怪我をすると、命ににかかわる!」と年寄りから教えられたのを覚えている。だから、ライターの空振りの音が何度もするが、放っておいた。

やがて成功した様子が煙で分かった。「よかったなあ。線香は風があると、上手に点かんもんなのよ」と内心、以前の自分の経験を思い出していた。サイレンがなり、マイクで閉門の案内がされる。「午後五時で門を閉めます」と車への注意である。彼はすぐ近くまで車で来ていた。「慌てる理由は車の締め出しか? 歩いて汗をかけよ!」と批判した。

彼は大急ぎで車へ戻り、墓の方には目もくれず、一目散に走って出た。ぼくは、少し気になったので、彼の拝んでいた墓を見物した。霊園では、家の盛衰がよく分かる。無縁仏に近い墓もある。「なんとかしてやれよ!」と管理者に注意したいほど、夏草が酷い。

彼の墓の墓標によると、平成二年に五十七歳で死んだ男の人がいる。その前に五つほど戒名が書かれていた。彼の線香と共に煙草と缶ビールが五つずつ置いてあるのを眺める。
                                        
P R
プロフィール
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像こけし
» 焦心苦慮2 (2008年10月20日)
アイコン画像コンプ
» 焦心苦慮2 (2008年10月06日)
アイコン画像汁大臣
» 焦心苦慮2 (2008年09月30日)
アイコン画像倒産
» 前後不覚 (2008年09月27日)
アイコン画像みしゃ
» 焦心苦慮2 (2008年09月27日)
アイコン画像まあむ
» 焦心苦慮2 (2008年09月25日)
アイコン画像ペプシ・マン
» ひきゅうくっせつ (2008年05月05日)
Yapme!一覧
読者になる