センター試験でも必要になる英語リスニング

February 08 [Mon], 2016, 11:33
センター試験でも必要になる英語リスニング、どのように勉強すればいいのでしょうか?最も大切なのは、英語の音声をとにかく聞きまくることです。そのためには、毎日欠かさず英語の音声を聞いてください。







ただ、他のことをしている間、部屋に流しているだけの勉強法はダメですよ。

毎日少しの時間でいいので、スクリプトを見ながら集中して英語を聞く時間を作りましょう。「英語耳」が出来てきたら、今度は英文を見ずに音声だけで理解する訓練を始めます。



受験生のみなさん、早寝早起きができていますか?放っておくと夜型生活になってしまうかもしれません。

しかし、当然ですが受験本番は朝早くから始まりますよね。テストぎりぎりになって生活を変えればいいと思うかもしれませんが、身体のリズムというのは、すぐには変えることはできません。起きたてはなかなか頭が働かないのでその時間も考慮して起きられるように、毎日必ず早寝早起きをしておきましょう。単語を覚えるためには一日10個新しい単語を覚えて20日間で200個マスターするよりも、毎日同じ200個を20日間繰り返し覚える方が、しっかり覚えることができます。





新しい単語をやっても一度しか触れないことになるためすぐに忘れてしまいますよね。

同じ単語を毎日見返せば、長期の記憶として残すことができます。受験に向けて、長期間の記憶を作る勉強をしましょう。受験生は基本毎日勉強ですが、その勉強の前には、必ず前日にやった内容をもう一度復習しましょう。時間をかける必要はありませんし、ぱっと見るだけでいいですよ。でも、その一瞬が大切で、見ると見ないでは記憶の保ちにとても差が出ます。



前日にやったばかりですから、ぱっと見ただけでも記憶がよみがえりますよね。

一つの内容について繰り返し思い出すことが、受験までの長期間忘れない記憶を形成することに繋がります。家だと勉強が捗らない人は有料の自習室を借りましょう。予備校にも自習室がありますが、予備校に通っていない人には有料自習室がオススメです。

料金は月一万円前後かかってしまいますが、席はほぼ必ず座れますし、周りも静かなので絶対勉強に集中できるはずです。



家だとどうしても誘惑が多く勉強が進まないという人は、ぜひ見学に行ってみてください。







英語が嫌いだという人におすすめの勉強法があります。一番最初に、英語の例文を暗記してしまうことです。





本屋さんに行くと、英語の例文集がいくつも見つかります。まずは300文くらいの例文集を、全て丸暗記します。その300文さえ覚えれば、受験で使う文法がほぼ入っています。英語の勉強の一番最初にそれを行えば、これからの英語の勉強にスムーズに勉強できます。また、英語特有の語順にも慣れることができます。浪人生の最適勉強時間はどれくらいだと思いますか?志望校のレベルにもよりますが、合格のためには最低10時間は勉強すべきです。







ただダラダラと机の前に座っていて、蓋を開けてみれば中身はスカスカだったというのはもちろんNGです。集中を一日途切れさせないために、一時間やったら10分休みを入れましょう。

そして、一つの教科だけを長時間やらずに、少しの時間ずつ全教科を交代でやりましょう。



一教科当たりの時間は短くなってもいいので毎日それぞれの教科を思い出すことが大切です。







私が実際に使ってみて良かった数学の問題集は「チャート式」です。その中でも「黄チャート」と呼ばれる黄色い表紙のものと、「青チャート」と呼ばれる青い表紙のもので偏差値50前後から70前後まで使える2冊です。





数学で点数がとれないという人や志望校がGMARCHレベルだという人は、まずは「黄チャート」を隅から隅までやってみてください。早稲田・慶應などを目指す人も「黄チャート」でも良いですが、「青チャート」を完璧にしましょう。東大を受験する場合でも、「青チャート」を完璧にすれば、しっかり数学を得点源にできます。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sn0dka4awycede/index1_0.rdf