看護師の認知症看護は難しい?

March 31 [Sun], 2013, 23:33
認知症は、現代において最も深刻な問題のひとつです。
高齢化が進み、認知症になる人の数も年々増加しています。特に近年は核家族化の影響もあり、高齢者の一人暮らしや高齢者のみで暮らす世帯も多く、介護もなかなか行き渡っていません。

認知症の看護は非常に難しい仕事です。
認知症患者と接するのは根気が必要ですし、それ以上に気遣いなどの精神的な配慮も重要になります。

誰もができる仕事とは言えないでしょう。
認知症患者には一定の規則性こそあるものの、基本的には行動が読みにくいという傾向が見られます。

そのため、仕事の内容も柔軟性を問われることになり、適性が必要になります。
「認知症認定看護師」というものがあります。

認知症に対しての知識や処置方法、技術などを習得していることが認められた看護師で、認知症患者へのケアを専門に行います。
通算で3年以上の福祉施設、もしくは認知症ケアを行う医療施設での実務経験があることが条件となっています。

まだ人数も少ない認知症認定看護師ですが、今後需要は高まっていくでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:看護師のビジョンinfo
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/smxflhs8/index1_0.rdf