レーズンベーグル 

2007年07月28日(土) 14時50分
最近、周りでブログを始めた人が何人か。

それが、みーんな、おもしろい 楽しい

mixiは仲良しフラ仲間のなぎさちゃんが招待してくれて以来

楽しませてもらっているけれど、ブログも楽しいかもーと!!

私もブログデビューしてみます 

いつまで続くか更新できるか不明だけれど〜



というのも、仕事で関わっていたパン作りが

最近もはや「趣味」に変わりつつあり、時間があると

せっせと焼いている状態。

でも焼いたのにすぐ食べちゃうから、キロクが残らず・・・

失敗した理由とか書き留めたいなーと。





というわけで、第一弾は、ベーグル

レーズンたっぷり入れてみました。





わたし、ベーグル大好きなんです。

というか、輪っかものに弱い。つまりはドーナツも。





強力粉や砂糖、塩・・・とパンの材料のほかに

ベーグルならでの、必須材料が。

モルトエキス、もしくはモルトパウダー

生地をこねて発酵させて、ベーグルの形にして

焼き上げる前に、「一度お湯につける」という工程があるんですが、

そのときのこのモラセスが入っているお湯につけると

ベーグル特有の「テリッ」とした感じというか、「パリモチッ」とした

感じが出るんです〜!!



ベーグルの背後にある、緑の蓋のがその「モルトエキス」。

でも、しあがりとーしてもいつもゴワゴワっとした感じになってしまいます

もう少しうまく出来るといいなぁぁぁ




このベーグルを主人公に、おそめの朝ごはんにしました。

「十六ささげ」というインゲンのようでもっと細い豆とトマトを

オリーブオイルで炒めました。

十六ささげもミニトマトも、夫の母が作った野菜。

自宅の前のちょっとした畑で趣味的に作っていた野菜・・・のはずが、

毎回遊びに行くたびに、ミニ耕運機まで購入したりしていてもはや「農業」です。

それにともない、野菜たちの味も、もはや趣味の域を超えている、おいしいものばかり。

トマトって炒めると甘みが増しますよね。そのままもおいしいれど、炒めるのも好き



自分用 材料メモ
・強力粉→カナダ100
・砂糖→キビ砂糖
・レーズン→枝つきレーズン<クオカ>






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:smilelove45
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像はっしー
» レーズンベーグル (2007年07月29日)
Yapme!一覧
読者になる