あの人はいま・・・答え合わせ

March 17 [Sat], 2012, 10:54
正真正銘本当の第一回っ

スマイルエフェクト!!

あの人はいまの

コーナー!!





♪〜(タケイチのテーマ)




ワタナベ(以下、W)「というわけでみなさんこんにちわお久しぶりです。ゲストのワタナベです」

タケイチ(以下、T)「はいこんにちわ。ハッピーバースデートゥ、MCのタケイチです」

W「いやー、始まりましたね、この企画」

T「ええ。っていやいや、一応MC僕なんで、ワタナベさんはコメントに徹してもらってもいいですかね」

W「何!?ゲストって進行しちゃいけないんすか?」

T「・・まぁ」

W「コメントに徹することを・・・強いられているんだ!!

T「はい、お願いしますね」

W「まぁ、そういうことならやぶさかでないな、頼むよ、タケチくん」

T「タケイチです」

W「思い返せばあの東京進出から一年、愛媛に大阪にと願いを叶えた後のドラゴンボールしたみんなが今は何をしているのか!?そこんとこKWSK言っちゃうよ。WKTKだろ」

T「なるほど。アンダーがスタンド

W「流石は得意技が二足歩行のタケチ氏。知能は霊長類以上であることは言うまでもないですね」

T「タケイチです」

W[ちゅーわけでして、スマイルエフェクターの今の状況をかくかくしかじかしちゃいますよーん」

T「大事なところが曖昧3cmでプニっとしてましたが、概ね分かりましたね。で、MCは僕なんですけど」

W「くるくるゴー」

T「まわる〜ま〜わる〜よ世界〜はまわる〜」

W「どうも、JASRACと申しますが」

T「横取り40萬〜!!」




一旦CMでーす

「こんにちわ」「本日はお日柄もよく・・・」
「ありがとう」「誠に嬉しく思います」
「こんばんは」「夜分遅くに申し訳ありませんが・・」
「さようなら」「失礼致しました」
大人の言葉 でビジネスチャンスが
ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ





W「はいというわけで1人目のゲストの方どうぞ〜」

T「え〜、俳優の森新太郎さんからの紹介でーす」

W「そうですね。」

T「春は遠いですね」

W「そうですね」

T「髪切った?」

W「・・・・・・」

ナレーション「そしてこの後登場した加藤、田原、平河、小林、ついでに渡部とタケチの今はこんな感じ。

T「タケイチです」



ワタナベ・・・・一年前の記述通り、公演幾ヶ月後、広島に移住しコントを続ける。流石に四国八十八箇所ツアーはしていないが、2ヶ月に一回くらいはコントを行う。この一年で書いたコント数は3、40本に及ぶとか
タケイチ・・・・何だかよくわからないが、何だかよくわからないうちに、何だかよく分からない方法で、映画とかに出る。あと何だかよく分からないアニメとかの評論をしているとか何だかよくわからないが何だか楽しそうだt
カトウ・・・・色々あって生まれた二人の子供はすくすくと育ち、キンダーガートゥンとエレメンタリースクール経由のヒズカンパニー。長女がまだ恋を知らぬ少女と思っていたら、何だか次女から熱い視線を感じるようになった最近でk。
ヒラカワ・・・・無事スマイルエフェクトの代表も卒業し、コイケとフジイに五代目代表の座を引き継ぐ。色々あって石油王になるh
タハラ・・・・超元気!!


ナレーション「さぁ、そして最後の一人だが・・・」



T「さぁ、というわけで番組収録も4時間という長丁場になりましたが、いよいよ最後の方の登場です。」

W「ちなみにこの番組の尺は5分です☆」

T「ナレーションで終わらせちゃいそうとか思ってたら案の定!!

W「では最後の方は・・・・・」

T「こちらの方です」


ドンッ(ワンピースの大ゴマの音)

ー突然スタジオの壁が倒れると、そこはタイランドー




T「ってあれ、ダレもいないですけど・・・」


W「はい、われ等が総合プロデューサーの平野さんでーす」

T「いやいやいや、誰もいないじゃないですか、アレですか?また見つけられなかったとかですか?」



♪〜サガットステージの曲



T「ん・・・この曲・・・どこかで・・・ま、まさか・・・」

W「そう、そのまさかだよ!!!お前に何が分かる!!!

T「そうか、木を隠すなら森の中・・・つまり・・・平野さんを隠すには・・・平野(へいや)!?」

W「流石の名推理・・・ボウヤ、名前は?」

T「タケチ・・・探偵さ」

W「タケイチはダンスやってるからな」

T「タケチです」









また来年・・・

魂闘22やります。

April 27 [Wed], 2011, 15:28
魂闘22(副題未定)の場所・日時が決定しました。
入場料無料のコントライブです。
是非、みなさんお越しください!!

場所
 広島大学サークル棟会議室3
日時
 5月22日(日)開演18:00〜 開場17:30〜
   23日(月)開演18:30〜 開場18:10〜
 (時間は40分程度の予定です。)

あの人はいま・・・

April 12 [Tue], 2011, 1:46
第一回っ

スマイルエフェクト!!

あの人はいまの

コーナァァァァァァァァァァァァァァ






♪〜(タケイチのテーマ)




ワタナベ(以下、W)「というわけでみなさんこんにちわ。司会のワータナベことワタナベです」

タケイチ(以下、T)「はいこんにちわ。アシスタント兼プロデューサーのタケイチです」

W「いやー、始まりましたね、この企画」

T「はぁ、そんなことより何なんですかこれ?今度はテレビですか?」

W「ふっふっふ、よくぞ聞いてくださいましたねプロデューサーのタケチ君」

T「タケイチです」

W「思い返せばあの東京進出から一ヶ月、それぞれの生活に戻ったみんなが今は何をしているのだ!?という疑問にお答えしましょうホトトギスギス。どーゆーアンダスタン?」

T「なるほど把握」

W「流石はIQヒトケタ以上は確定的なタケチ氏。この番組のプロデューサーでもあります」

T「タケイチです」

W[トュンなわけでして、説明だけでもう40分も費やしてしまったので、巻きで行きましょう」

T「この10行くらいの間のどこにそんな時間かかってたんですか?」

W「さてさて番組も残すところ2時間少々、そろそろ本気出す」

T「頑張りましょう」

W「では一旦CMです」




「こんにちわ」「ハイ」
「ありがとう」「チャー」
「こんばんは」「バブー」
「さようなら」「オーマイガー」
マジカルワードでワンダフルフレンドが
POPOPOPO−−M





W「はいというわけで三人目のゲストの方でした〜」

T「ありがとうございました〜」

W「えー、では番組も残り20分となった所で最後の方を紹介しましょう☆」

T「気のせいかまだ全然疲れてないですね」

W「若さですかタケチさん、うらやましい限りですね。まぁそんなこぉとより最後の方は・・・・・」

T「タケイチです」


♪〜ドラムロール


WT「この方です!!」



♪〜ドーン。でっかい電光掲示板にはヒラノさんの顔が(入りきらないので顔の一部分が)映し出される


W「はい、最後に紹介するのは」

T「われらがリーダーのヒラノさんです」

W「いやぁ盛り上がって着ましたね。」

T「最後ですからね。お客さんのボルテージも最高潮MAXというイメージでしょうか」

W「さてではここでヒラノさんの基本情報から」

T「はい。えー、手元の資料によりますと、東京での闘いのあと一旦行方を暗ませたかと思いきや、その後広島大学の卒業式にて目撃証言が多数出ております。インンタビューの結果、6年間住み慣れた和室六畳の部屋を出て大阪に戻・・」

W「え、ちょっと待ってください」

T「え、どうされました?まだ解説の途中ですが」

W「あ、あの部屋・・・・六畳もあったの?」

T「・・・・・・・・・・・た、確かに・・・・言われて見ると3畳くらいしかなかったような」

W「あれ?でもヒラノがトイレとかに行くと急に部屋が広くなるんだが・・・」

T「・・・・?・・・・・?」

W「・・・・?・・・・?」

T「・・・・?・・・・・?」

W「・・・・?・・・・?」

T「・・・・?・・・・・?」

W「・・・・?・・・・?」



T「?・・・・・・・・・え?」


W「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ?」



♪〜世にも奇妙な物語の音楽




W「・・・お分かりいただけただろうか?」






お分かり頂けない方は
こちらへどうぞ↓

まだ社会人ぽいことは何もしていない

April 09 [Sat], 2011, 15:22
っていうか初任給もらうまでの期間の生活費をキャッシングするという体たらく

あ、ヒラノです。

魂闘21を振り返ってというか
5年間振り返って
やっと分かったことがあって
それは

自分は笑いで食っていけない

ということ
なのでこれからは
ヒラカワとは逆に
あくまでも趣味として笑いに取り組んでいきます。
良い意味で

なんていうか
仕事辞めたおっさんが趣味でやってる定食屋って
利益求めんでいいから
安い値段で腹いっぱい食えるやん
そんな感じ

最後になりましたが
みなさん
ありがとうございました。

広島大学理学部2年から広島大学理学部3年へ・・・

April 07 [Thu], 2011, 2:53
魂闘21を通して一番良かったことは、先輩達の魂闘に対する情熱をひしひしと感じることができたことです。やっぱり、お笑いをやるからにはお笑いが好きな人とやらないといけないと思いました。HDDがお笑いとアニメでいっぱいになっているような人じゃないと、4月から大阪の会社員として働くのに3月に東京でコントやっているような人じゃないと、20代半ばにもなって安いぼさぼさのカツラ被って女装して真剣に演技するような人じゃないと、教え子が受験を控えてるはずなのに漫才つくったりポスターをつくってくるような人じゃないと、先輩達に今回の企画に参加させてくれた感謝の気持ちを歌に込めて熱唱して伝えてるような人じゃないと、そのくらい情熱がないとダメなんだなと思いました。SEは演劇団に属していますが、俺が代表でいる限りこれからはお笑いをやることに決めました(←これは今日決めましたw)。
とりあえず、魂闘22の目処もたてることができました。いろいろありましたが・・・。だから、これからは魂闘22を今までの魂闘の中で一番おもしろいものにするためにがんばっていきます。

魂闘21を振り返るかい

April 05 [Tue], 2011, 5:30
W「はいどうもこんにちわ。毎度おなじみWで御座います。今日は何だか【魂闘21を振り返るトークショー】なるものが開かれるとかなんとかで、のこのこ島根の田舎からやってきたわけなんですけども・・・・あれぇ、待ち合わせ場所合ってるよ・・ね?誰もいないんですが・・・」

T「ふっふっふ。僕はここにいるぞ」

W「そ、その声は!?」


机の引き出しから勢い良く飛び出てくるT


W「奇妙奇天烈摩訶不思議かよ」

T「わかりにくいツッコミどうも。どーも、Tです」

W「それで?今日は一体何の話なんだ?」

T「いやー、ね。無事魂闘21も終わった事ですし、ここは一つ感想でも聞こうかなと思って」

W「はぁ、なるほどね。」

T「というわけでWさん。」

W「はい」

T「魂闘21、どうでしたか?」

W「え、質問そんだけ?もやっとしてんね、大雑把じゃね」

T「ま、まぁまぁ、このコーナーなんていつもそんな感じじゃないか」

W「いや、今回が初めてですが」

T「・・・・・・い、一旦CMですっ!!」



「こんにちわ」「さよなライオン。」
「ありがとう」「さよなライオン」
「こんばんは」「さよなライオン」
[さようなら]「サヨナラ」
魔法の言葉でた〜のし〜い〜、な〜かま〜が
ぽぽぽぽーん





W「話をしよう。あれは今から36万・・・いや、四ヶ月前だったか。・・・まぁいい。私にとってはついこの間の出来事だが、君たちにとっては多分、やっぱりこの間の出来事だ。このプロジェクトには72通りの名前があったから、なんて呼べばいいのか・・・・・確か、最初に知ったときは・・・・【魂闘21】・・・・・そう、これは最初からとても楽しみだった。まぁ、いわゆるっ青春の延長という奴か。まぁ、いい企画だったよ。」


T「そんな感想で大丈夫か?」
W「大丈夫だ、問題ない」


以上、感想おしまい








神は言っている、ここで終わらす定めではないと




T「W、そんな感想で大丈夫か?」
W「一番いいのを頼む」



Tは言っている、全てを語れと



T「やぁ、私のトークショーが心配なのか?いいんじゃないかな。あいつもよくやってくれてるしね。
いや、君の頼みは断れないよ。


W「ブログを見ている皆さんへ。人が持つ唯一絶対の力。それは自らの意志で進むべき道を選択することだ。俺は常に人にとって最良のブログとなることを思い、自由に選択していく。さぁ、行こう」



T「はやく皆も感想をアゲルノデス」


W「あぁ、やっぱり今回も駄目だったよ。Tが何にも聞いてこないからな。
そうだな、次はもうちょっとちゃんとしたものを書くようにしてもらうよ」

魂闘!圧倒的魂闘・・・!!

April 05 [Tue], 2011, 3:29
ざわざわ・・・




こんにちワン!いやー、終わりましたね。魂闘21プロジェクト。気付けばもう4月に入って初春の風が少しずつ気持ちよくなってきた今日この頃皆様ご機嫌いかがでしょうか?どーも、タケイチです。うそです。
3月に入ってからの半月は毎日16時間くらいやったかのような超猛練習だったもんで(誇張表現なし)それはそれは長い半月を過ごすことが出来ましたが、終わって見れば何という事でしょう・・・気付けばマーチも終わりすっかり世はエイプリルブーム到来モード突入ですか。ぽぽぽぽーんという間に半月が経っていきました。いやはや、やはり何か大きな志を持って毎日を能動的に躍動させないと、すぐに時間が経過してしまうんですね。このままじゃあ、ぽぽぽぽーんってな間に来世突入ですね。いやはや、何か次なる目標でも探さないといけませんね。何だか老後みいにな展開になってきましたが、私はまだ13歳です。ありがとう詐欺




そんじゃまいっちょ自分なりに魂闘21を振り返って行きましょウサギ。




12月某日

それは、魂闘20も終わり、皆が安堵と歓喜の狂宴(ただの打ち上げ)をしている時の事・・・ではないのだが、そういう雰囲気の時である・・・・・何故だろうか・・人は限りある時間を過ごすにあたり、終わりがちかづけばちかずくほどに欲深くなっていくものである。その男「ヒラノ」も同一人物だった・・・・誰と?大学と大学院に通って早6年、そう、そろそろタイムリミットが近づいてきていたのだ。卒業する前に何か最後の放屁をかましたい・・・・そして私はその計画の全貌を知る事になるとは誰が予想できただろうか。私はなんとなく予感していた。彼は魂闘20では出演を果たしていない・・・ならば上書きしちゃえば彼の思うとおりである。そんなこんなで始まった魂闘21プロジェクト。さて、この先どんな苦難が待ち構えているのだろうか。それはまた別のお話。



1月某日

もうちょっとだけ続くんじゃ。そうして集められた五人の人材。この五人こそ、スマイルエフェクトの最後の砦「歴代代表達」である。魂闘をプロデュースしてきたこの五人が力を合わせれば、どんな東京もどうにかしてやるという意気込みで、みなさんおもしろく生きていく事を決意。挑戦の計画が始まった。まずは会議だ、さぁみんなで花を咲かせよう。まずは皆でスカイプ会議一緒に。しかし問題が発生した。会議中にヒラカワの声が聞こえなくなるという事件が頻発に発生する。これに皆は一丸となって問題を解決しようと頑張った結果、いつも朝まで会議をするという仲良しぶりが遺憾なく発揮された。
そんなこんなでルイーダの酒場にタハラさんという人がいたので、連れて行く。以降、この六人での会議となる。
最初の方の会議の話題は主に、場所と宣伝方法についてだが、あんまり覚えていないので割愛。そんな事よりオオギリしようぜ!と誰かが言うや否ややっぱり朝チュンコース確定のオオギリ大会連日開催。どこまでも笑いに貪欲な奴らである。



2月某日


魂闘ネタ会議 台本がまたボツにされていく。生まれ行くネタを厳選と言う名の激しい争奪社会。事実、浜辺で生まれて海までたどり着ける亀はどれくらいいるだろう。たぶん結構いる。ボツになったネタの総枚数を縦に並べて更に拡大コピーを繰り返すと富士山まで届くとか届かないとか。しかし、ネタ会議にて重要なのはやはり「皆が良い」というものが中々発掘されないことだ。生まれた県も違えば生まれた府も違う、そんな彼らの笑いのツボが同じなわけがない。当然会議は難航し、時に衝突、時に池ポチャ、そして赤甲羅からのサンダーで一網打尽という様相。そんな折やってくる男、カトウさんには本当に助かりましたとは某氏のセリフ。皆の喧嘩を仲裁仲裁また仲裁。その見事なスイッツアーランドっぷりを見せ付けたところで次回に続く


3月某日


追い込みである。受験生で言うところの追い込みという奴である。三度の戦争の末、ネタも無事決まり、さぁいよいよの練習。スカイプを駆使して、広島東京間稽古。遠く離れてても練習できるとは、21世紀侮りがたし。この頃が一番大変だった。久しぶりのアレだったからセリフは入らんは動きはとれないわでもうてにゃわんやのこゅきちゅう!!



東京行き


行ってきまスカンク。とイーカンジでヒガシに行ったんだが、バスで12時間もかかるんですか、本当にもう東京は。んでいざ到着したら皆が駅前に集合!!これはいわゆるお久しぶる流れかと思われたその瞬間、おしゃべりする暇などNO  TIME。急いで天丼食らって短い練習時間の中、稽古をする場所シティパーク。初の立ち稽古となる。口合わせて動き合わせて、さぁさぁ本番の時間も迫ってまいりました。満員電車に乗っていざ鎌倉。遠くに感じた今日のこの日、本番の東京の舞台。仕込みも終わって決起の声がざわめいて色めいて落ちていく。開演の時はいざ目の前に・・・・



3月某日


We finish やり遂げましてね。pleasure serious plan.だけどもこれで終了と言えないのが今回の肝。更に多くの方に見て欲しいと感じた僕らのネット配信が計画される。まったく持って全てが初めてで初の経験となったいい経験だったと思う。あ、そうそう、広島に帰ったら、お出ましの濃い愛媛賢人が四国から爆走して歓迎してくれましたよ。


以上。

ふりかえっていきごむ

April 03 [Sun], 2011, 22:53
たはらです。

皆様、魂闘21及び魂闘21オンラインはお楽しみいただけましたでしょうか?

たはらは楽しんでました。

さて、公演も終わった事ですし、個人的にちょいと振り返ってみようかと。

多分、他の人も振り返りますよ。予言します。





大変でした。正直。

東京在住ということもあり、色々と方々を走り回りましたから。

Smile Effectの存在を知ってもらう為にネタバトルに参加したり

会場(アートスペースプロット)のオーナーさんと打ち合わせたり

チラシ注文したり置かせてもらえる場所探したり

パンフレット作ったり



ま、それは裏を返せば楽しかったってことで。

だって、楽しくなかったらやんないでしょ。こんな大変なこと。

3年前に上京してから、他の出演者と二度と共演する事はないだろうって思ってましたから。

そりゃがんばりますよ。

魂闘好きだし。

みんな好きだし。

「楽しかった」この一言に尽きますよ。ホント。ありがとうございました。





さて、話は変わりまして。

たはらはこれからどうなるのか。という話。

まだ詳細は言えないんですが、色々と活動してます。

あ、ブログ作りました。http://yaplog.jp/sandome/

決まったら自分のブログに色々書いてこうと思いますので、なまぬるい目で見守っていただけたらと思います。

それでは。

mou

April 01 [Fri], 2011, 19:34
もう。牛じゃないよ。タケイチだよ。

魂闘21終わりました。
地震のリスクがありながら来てくれたお客様、
応援してくださった皆様ありがとうございました!

あれから、半月。
皆様は如何お過ごしでしょう?

東京で暮らす僕はもう通常営業に戻りました。

今後もタケイチの活動、SEメンバーの活動をこちらで
若干盛り気味に報告してまいります!

応援よろしくお願いします!


この後は、SEメンバーたちの魂闘21の感想や反省、裏話などを
載せていきますので、是非online公演と併せてお楽しみください!


(次回の活動!タケイチが今度映画に出るかも!?)


今日更新したからって(4月1日だ)嘘の記事じゃないからな!

魂闘21オンライン

March 27 [Sun], 2011, 21:00
先日、東京で公演した魂闘21の全ネタをなんとこのブログで見られるようにしました。
題して、『魂闘21オンライン』!!
気になってたけど会場まで見に行けなかった人、
そんな公演知らなかったけどたまたまこの記事を見つけた人etc是非、動画をご覧ください!
上から順番に見るとまるで会場で本番を見たかのような気分を味わえるようになっています。
それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

「冬将軍」


「ごあいさつ」


「漫才・三角食べ」


「核家族」


「一番と七番」


「最期」


「ガンシューテン」


「ITO」


「21世紀はそんなに未来じゃなかった」


今回は本公演をご覧いただいてありがとうございました。
よろしかったらアンケートもございますので、率直な感想・意見を頂けるとなおありがたいです。
今後の活動の参考にして、より良い公演作りに励んでいきますのでよろしくお願いします!!!

===========
≪アンケートのテンプレートはこちらをご利用下さい≫
・全体に関して

・冬将軍

・三角食べ

・核家族

・一番と七番

・最期

・ガンシューテン

・ITO

・21世紀はそんなに未来じゃなかった

・その他
===========
もちろんこのテンプレートに従っていただかなくても結構です
アンケートの提出は様々な方法で受け付けております
@このブログのコメント欄への書き込み
ASEへメール(smileeffect@hotmail.co.jp)
B昨日の記事にあるアンケートをプリントアウトしたものに書き込み、スキャンしたデータをSEへメール
C昨日の記事にあるアンケートをプリントアウトしたものに書き込み、郵送(宛先をお知らせしますので、一旦SEへメールして下さい)


☆★☆ここで、メンバーのタケイチさんからのお知らせがあります。☆★☆
魂闘21online、ご覧頂いて如何でしたでしょうか?

お楽しみいただけたなら幸いです。

さて、SmileEffectですが現在東京でも活動する準備がございます!

しかしながら!

メンバーが不足しております!
役者、スタッフ、作家、演出。どのポジションも随時募集しております!


今回の魂闘21online或いは魂闘過去作品をご覧になって、SmileEffectの作品、公演に興味を持って頂いた方は是非smileeffect@hotmail.co.jpまでメールを頂ければ、詳細のご説明をさせて頂きます!


魂闘21を越える新たな企画や公演をドンドン打っていきましょう!
お笑いライヴ以外にも、短編・長編の芝居も大歓迎です!


ご連絡お待ちしております!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Smile Effect
  • アイコン画像 誕生日:2006年4月3日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
スマイルエフェクト第21回公演
『魂闘21 〜21世紀はそんなに未来じゃなかった〜』

広島で5年間、単独ライブをやってきたお笑い集団、その名もSmileEffect。
今度は電脳世界を舞台に所狭しと大暴れ。
スマイルエフェクト式コントライブ「魂闘」。一味違ったsmile for you.
是非見てちょ

お問い合わせ
smileeffect@homail.co.jp
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ワタベ
» あの人はいま・・・答え合わせ (2012年03月17日)
アイコン画像ケーキ
» あの人はいま・・・答え合わせ (2012年03月17日)
アイコン画像なかまくら
» 魂闘21オンライン (2011年04月30日)
アイコン画像ワタナベ
» あの人はいま・・・ (2011年04月13日)
アイコン画像HAL*Lisa
» あの人はいま・・・ (2011年04月12日)
アイコン画像タケ「イ」チ
» あの人はいま・・・ (2011年04月12日)
アイコン画像ワタナベ
» 魂闘21を振り返るかい (2011年04月12日)
アイコン画像たはら
» まだ社会人ぽいことは何もしていない (2011年04月09日)
アイコン画像HAL*Lisa
» 魂闘21を振り返るかい (2011年04月05日)
http://yaplog.jp/smile_effect/index1_0.rdf