January 07 [Fri], 2005, 14:28
かなさはらやまたあかな

毎日に暮れてゆく 

December 08 [Wed], 2004, 21:25
暇つぶしにタバコをもらう約束なんてして、CHANDANが染み付いた4畳半に上がりこむのは3度目だったか。自転車で15分。道を覚えれば気も楽になった。
くれたマイセンをくゆらしながら、一日しか続かなかった禁煙の話をすると君は苦笑する。
君のせいだ、とは言わないけど。
覚えたてのブルースを弾く指とか、爪の形。
何かをこらえること自体間違いなんだ。それでも無意識に近付いてく自分にかける言葉もない。すべて、置き去りにしないと触れられない距離ってなんだろう。ただただ甘えだけが頭を湧かしてどうしようもなかった。
秋の日は案外短い。向かいのマンションの電灯がカーテンの隙間から少し見えた。
「触ってもいい?」

注ぎ口 

December 05 [Sun], 2004, 2:46
やっぱりというか、人を選ばないで馬鹿をするほどの器が私にはないようなので、ここには表に出せないことを書いていこうと思っているよ。と言っても多少だけど。
知人なら笑ってしまうような内容になる予定。
なんてったって乙女話だもんね。苦笑

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:smile00xxxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる