試練 

June 16 [Mon], 2008, 13:34
かんちゃん、大丈夫だよ。


絶対に元に戻る。

あなたの戻りたい場所に。

だから、大丈夫。

私はずっと想い続けてるよ。

一日、一分、一秒

あなたの回復を願い続けてる。

だから絶対大丈夫。

多分私のほうが焦っているんだろうね。

あなたを失いたくないもん。

でも、

必ず時間が解決してくれる。

だから、頑張ろう。

信じよう。。。 

March 18 [Tue], 2008, 9:54
『俺は 何も変わっていないよ。』

かんちゃんは昨夜の電話で私に優しくそう言ってくれた。

時々、自分の中だけで勝手な葛藤が暴れ出す。

でも、鎮火させる方法やコツを私はだいぶ習得出来たように思う。


やっぱり私が愛してやまないのは

かんちゃんだけ。

先週末、一緒に過ごした。

再び、

かんちゃんが素顔になれる唯一の場所の扉の鍵を手に入れた。

思えばあの鍵は

彼が私に一番最初にプレゼントしてくれた、

尊いもの。

そんな彼の大事な好意を

私は何度も何度もつき返し、

彼を知らず知らず傷つけてしまった。


日曜に彼が出かけるのを見送ったとき、

これまでと何にも変わることなく、

あの窓から身を乗り出して、彼を見送った。


駐車場から道路へ出るまでに

ブレーキランプが5回点滅する...

無言のア・イ・シ・テ・ル


私は笑顔で

両手でハートマークをつくり、

ア・イ・シ・テ・ル

と、答える。


彼は今、必死に守らなければいけないことがある。

私はそんな彼を支えよう。

見守っていこう。


幼いときから母に

『男の人は、仕事が一番なのよ。』と言われて

育ってきた。

母にそういうことを教わって大きくなれて、幸せだと思う。


かんちゃんの気持ちは私に伝わっている。

私のオモイもかんちゃんに伝わっている。

そして二人は絶対に繋がっている。

運命の赤いイトは、かた結びされている。

だから、信じよう。

信じる気持ちをこんなに強くもてたのは、

かんちゃんとだから・・・。

ありがとう、かんちゃん!!

今日も一日頑張って♪

顔晴って♪


あなたの思ったとおりの未来を、一緒に創造しようね

やっぱり ツイてる。。。 

March 10 [Mon], 2008, 6:33
かんちゃん、おはよう♪

今朝はどんな朝ですか??

だいぶ暖かくなってきたよね・・・。


逢えない時間っていうのは

いろんなことを冷静に考えたり出来て、

ちょっぴり、スゴイ!!



先週はいろんなことがあって、

寛ちゃんのことで頭がイッパイで、

それなりに大変だったけど。。。

今週から、エネルギッシュに頑張るね♪



寛ちゃんも素敵な一週間の始まりになりますように・・・。

はずむ土曜日 

March 09 [Sun], 2008, 0:32
いろんなことがありすぎた。。。

特に、金曜の早朝から夕方にかけて。

でもそれは、また別の機会に、気持ちが整理できたら、ここに記そう。


相変わらず深夜の帰宅となった昨夜。

あまりの寝不足に疲れ果てて、バタンキュー

しかも、2枚も持ち帰ったクンクンに

癒され、なんの不安も抱えず・・・熟睡できました♪


そして今日は

テレビを見ながら、のんびり土曜日

ガストで舞子とお茶してゲラゲラ

同じ不安を抱える『同志』は互いに励ましあい

強く、頑張る!!ってのを約束して、

”スーパーポジティブ”な会話を約二時間

しかも!!ドリンクバーで過ごしたくらいにして、

そのあと直子とつぼっぱ 笑

今後の抱負を熱く語らう


DVDも大量に借りてきちゃった

今回は私の元来大好きなラブコメ

寛ちゃんと過ごした時間に観たDVDもとってもとっても楽しかったけれど、

こんなときは、いやいや、こんなときこそ

一人、妄想してときめく気持ちも必要


寛ちゃんと

『観たぁ〜〜〜〜〜い!!』って言ってた海外ドラマシリーズは

借りたい気持ちも山々だったけれど、

またいつか

一緒に週末カウチ・ポテト出来る事になってから

借りようっと!!

みぃ〜よおっと!!


ってなわけで、私はこれからDVD鑑賞に入ります。



今がどんなに困難でも、私はきっと乗り越えられる

だから、大丈夫

寛ちゃん、一週間お疲れ様でした

もう寝たかな??

寛ちゃんもDVD鑑賞してたりして 笑

どんな夜も、あなたをずっと信じてる


ゆっくり、のんびり明日の休みを満喫してね・・・。

大丈夫、きっときっと・・・叶う・・・・・。

おやすみなさい☆

涙...のち 笑顔 

March 06 [Thu], 2008, 8:47




初めて

初めて

泣いた。

イッパイ泣いた。

我慢できなくて、

今にも消えてなくなってしまいそうで、

寛ちゃんに電話をかけてしまった。

寛ちゃんは元気そうだった。。。



はぁ〜

あの日、クンクン持ってくればよかった。

毎日仕事に明け暮れているみたい。。。

良かった。

今日もお仕事頑張ってね♪

・・・

昨日、

『いろいろ解決したら、迎えに行くから。』

って。

そう言ってくれたね。

『今でも、とてもとても・・・アイシテル。』



涙があふれて。。。

止まらない。。。

けど、今朝自分の顔を鏡で見たら

『ヨシッ』って思うくらい

笑顔☆

告白 

March 05 [Wed], 2008, 14:57
そういえば・・・時期を見て言おうと思っていた唯一、このサヨナラをまだ知らない人、

マキちゃんにも状況を説明しなければならないと思い、

電話した。

マキちゃんは

『それは売り言葉に買い言葉でしょ?もちろん マキもあなたの気持ちすごくわかるケド・・・。
 そんなことで終わる二人じゃないでしょ??』

と言ってくれた。

『それでいいの??あなたはそんなに強くないでしょ??』

な○美や直ちゃんにも言われたのと同じ言葉を言われたけど、

『寛ちゃんが決めたことだから。。。』と言った。

サヨナラの理由は

きっとお互いに原因がある。

私は私で、寛ちゃんは寛ちゃんでそれをちゃんと解決しないと、

相手が誰であれ、同じことを繰り返してしまいそうだから。。。

自分自身と向き合わなきゃね。。。

いつか、偶然という名の必然であっても、またどこかで再会したら、

各々が抱えていた”問題”をクリアしていたい。

マキちゃんと話していたら、今日考えてもいなかった言葉が

私の口から出てきた。

『この時間は寛ちゃんと私にとって、とっても必要なんだと思う。

私は離れて暮らすことで彼を信頼しようと努力するだろうし、

彼も信頼されているという安心で、もう二度とつまらないことで

大切なパートナーを失いたくないって思うだろうから。』



よくよく考えると

離婚してからの私と言うのはただがむしゃらで、働くことしか脳のない人間だったと思う。

息子を励まし、娘を抱きしめるだけで、

それを力に、子供達の成長を見守り、親としてたくさんの事を学び、与えてもらっていたけれど、

女性としては”能動的”に生きてきたのかもしれない。

それが、寛ちゃんという素晴らしい、器量のある男性に出会い、

今までに経験したことのないような、

大恋愛をして、

受動でいることの喜びを知った。

だから、男性の優しさに慣れていなかった。

それで、こんなにも大きな女性としての幸せを、

素直に受け入れられなかったかもしれない。

そして・・・

なんでもないようなことに怯え、不安を抱き続けてしまったのかもしれない。

もちろん、彼の身辺がちゃんとならなければ、

この不安は消えなかったのかもしれないど。




私は寛ちゃんの仕事をしている姿が本当に大好きだった。

尊敬してた。

そして、私と同じ、得体の知れない不安を抱く彼を

守ることが私の喜びだった・・・。


寛ちゃんとサヨナラする数日前、

『俺、愛がなんなのかってわからないんだ。』

とポツリ言っていたのを思い出す。


私はそのとき、わかったふりを装っていただけで、

今の私は、あのときの寛ちゃんと同じ。

男と女の間にある”愛”なんて、わからない。

もっというと、今の私は

知りたくない、わかりたくもない、教えてほしくもない。

だから、頑張って働いて・・・

とりあえず、生きてみよう。

朝陽キラリ 

March 05 [Wed], 2008, 8:47
目覚ましアラームが

元気イッパイ鳴った。

♪ちゃんとあなたに伝わってるかなぁ〜♪

〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン   どり。〜

この曲で目覚めると、

『ハッ』となって、隣に寛ちゃんがいるじゃないかって・・・

胸がギュッとなる。

天井や壁、全ての目に入ってくる風景が、

瞬時に今日で五日目になる私の現状を教えてくれる。

ベッドから飛び出し、すぐ息子のお弁当作りに取り掛かった。

朝食の準備をして、”ゲンカツギ”のように

アツアツの番茶を二人で飲んだ。


まな板で息子の好きなチョッピリ甘めの”卵焼き”に包丁を入れる。

目を上げると

朝陽に照らされている自分に気がついた。

『眩しくって、気持ちいい!!』

息子が小さいときから使っている

「機関車トーマス」のお弁当入れの巾着に、

おかずとご飯とお箸を入れて、

テーブルの上に用意して、準備完了!!

息子は

『いってきます!!』と言って、出かけようとした。


『ちょっと、お弁当は??』

と私があわてて言うと、息子ははにかんで・・・笑って・・・戻ってきた。


寛ちゃんに指摘されていた私のおっちょこちょいDNAは、

確実に息子にも遺伝しているらしい。。。


『そういえば、ばあちゃん、”おから”作ったのって寛ちゃんに食べさせたかったかららしいよ。』

『あ〜、じゃ、落ち着いたら持っていくね。』

息子はニッコリ微笑んで

『じゃ、いってきます!!』と出かけていった。

もう試験始まったかな??

落ち着いて、頑張って


子供達には寛ちゃんとサヨナラしたこと

まだ言ってない。。。

息子は特に受験前だったので、変に動揺させないために、

合格発表が終わってから、ゆっくり話をするつもり。


合格したらかんちゃんに、プレステかWiiを買ってもらう気満々だったはずだけど、

そんなの、母さんが・・・

めいっぱい働いて、買ってあげる!!!!!

二日連続で私の夢に寛ちゃんが出てきた。

夢の中の寛ちゃんは、

あの頃のまま・・・

朝、鏡を見たら目尻に涙の跡を見つけた。

夢の中の私は

きっときっと素直なんだろうなぁ〜。


寛ちゃんもあの窓から、そして出勤途中の車から

今朝のキレイな”朝陽”を見ましたか??

大丈夫、あなたの未来も、私の未来も・・・

明るく照らされてる

寛ちゃん、今日も一日頑張って!!

あなたに全ての善きことがたくさんたくさん起こりますように

今日も絶好調  ツイてるよ

日課 

March 04 [Tue], 2008, 21:53
ここに戻ってきてから、急に激しい冷え性になってしまったようで、

毎晩「足浴」してる。。。

今までは

『寒い!! だっこぉ〜』って言うと

ベッドにもぐりこんであっためてくれた人がいたけど。。。

私がどんなに冷たい足をくっつけても、

全然怒られたことなかったよ。

優しい寛ちゃん。


湯たんぽ買ってこようかなぁ〜。

今一番不安なことは、こっちに帰ってきて

久々にご飯炊いてるんだけど、

上手く炊けるかな??


明日は 息子の志望校の受験日!!

キレイナ サクラガ サキマスヨウニ。


はぁ〜 だいぶ・・・足がホカホカになってきた。

明日は愛情たっぷりなお弁当を作るのに

早起きなので、

眠れるかどうかはさておき・・・

もう寝よう。


寛ちゃん、おやすみ。

今日ね、な○美から電話もらった。

『生きてるのぉ〜??』って・・・。

『あんまり無理しちゃだめだよ!!』って言ってくれた。


嬉しかったよ。

寛ちゃんも 絶対無理しちゃだめだよ!!

だって、私は今でもあなたの親友だもん、ね。

ぐっすり

眠ってね☆ 

そばにいるよ 

March 04 [Tue], 2008, 11:19



あなたのこと 私は今でも思い続けてるよ
いくら時流れて行こうと I'm by your side baby いつでも
So.どんなに離れていようと
心の中ではいつでも一緒にいるけど 寂しいんだよ
So baby please ただ hurry back home

Babyboy あたしはここにいるよ どこもいかずに待ってるよ
You know dat I love you だからこそ 心配しなくていいんだよ
どんなに遠くにいても変わらないよこの心
言いたいこと分かるでしょ?
あなたのこと待ってるよ


んなことよりお前の方は元気か?ちゃんと飯食ってるか?
ちくしょう、やっぱ言えねぇや
また今度送るよ 俺からのLetter


過ぎ去った時は戻せないけれど 近くにいてくれた君が恋しいの
だけど あなたとの距離が遠くなる程に 忙しくみせていた
あたし逃げてたの
だけど 目を閉じる時 眠ろうとする時 逃げ切れないよ あなたの事
思い出しては 一人泣いていたの

あなたのこと 私は今でも思い続けてるよ
いくら時流れて行こうと I'm by your side baby いつでも
So.どんなに離れていようと
心の中ではいつでも一緒にいるけど 寂しいんだよ
So baby please ただ hurry back home

Babyboy あたしはここにいるよ どこもいかずに待ってるよ
You know dat I love you だからこそ 心配しなくていいんだよ
どんなに遠くにいても変わらないよこの心
言いたいこと分かるでしょ?
あなたのこと待ってるよ


不器用な俺 遠くにいる君
伝えたい気持ちそのまま言えずに 君は行っちまった
今じゃ残された君はアルバムの中


アルバムの中 納めた思い出の
日々より 何気ない一時が 今は恋しいの
And now あなたからの電話待ち続けてた
携帯にぎりしめながら眠りについた
あたしは どこも行かないよ ここにいるけど
見つめ合いたいあなたのその瞳
ねぇ?分かるでしょ?あたし待ってるよ

Babyboy あたしはここにいるよ どこもいかずに待ってるよ
You know dat I love you だからこそ 心配しなくていいんだよ
どんなに遠くにいても変わらないよこの心
言いたいこと分かるでしょ?
あなたのこと待ってるよ


俺はどこにも行かないよ ここにいるけれど 探し続けるあなたの顔
Your笑顔 今でも触れそうだって 思いながら手を伸ばせば 君は


あなたのこと 私は今でも思い続けてるよ
いくら時流れて行こうと I'm by your side baby いつでも
So.どんなに離れていようと
心の中ではいつでも一緒にいるけど 寂しいんだよ
So baby please ただ hurry back home

あなたのこと 私は今でも思い続けてるよ
いくら時流れて行こうと I'm by your side baby いつでも
So.どんなに離れていようと
心の中ではいつでも一緒にいるけど 寂しいんだよ
So baby please ただ hurry back home


by 青山テルマfeat.Soulja



偶然友達の日記を読んでいたら、

聴いたこともない、知らない曲だけど

こんな歌詞を見つけた。



引きこもりなので、人と会話をする機会がほとんどない。

最初は電話をかけて、女友達に『サヨナラ』の経緯を話していたりもしたけれど、

もう・・・話すこともない。

出来れば誰とも会いたくない。

話したくない。。。。。


土曜日の夜、寂しくて寂しくて、どうしようもなかった。

携帯を握りしめていた。

私の着信音は『通常音1』

誰から電話がかかってきても、味気ない事務的な音が鳴るだけ。

前の携帯のときは、寛ちゃんからかかってくる着ウタを

どり。の大好きな曲に設定していた。

何かDLして、寛ちゃんからかかってきたときのために

すぐに、すぐに電話に出られる様に、

設定しようかなと思ったけど、

多分、そんなことをしたとしても

設定したその曲を聞くことがないかもしれないから、

やめとこう。

この曲の歌詞のように

アルバムがあればいいんだけど、

かけがえのないあの時間の、全ての出来事は

瞳のカメラと心のフィルムに永久保存。

もし心の中の私のアルバムが色褪せても、

どうか・・・どうか・・・

寛ちゃんだけは、色褪せないで。

いつまでも、私の大好きなままの寛ちゃんでいてほしい。

おはよう、寛ちゃん。

今日もいいお天気で、良かったね。。。

お仕事頑張って!!

今日も素敵な成果があるように、祈っているからね

裏切り行為 

March 04 [Tue], 2008, 2:19
やっぱりここに辿り着くのと、今までの環境では

帰宅時間が一時間違う。

そして・・・

出勤前に約束した禁酒の約束も、結局破ってしまった。

でも、たった一つ、

『私からはもう二度と電話しない。』

と言う約束は今夜も守れそう。。。

お店のかわいがっている後輩に

『寛さん、マフラー喜んでくれましたか?』

と聞かれた。

『うん、とっても気に入ってたみたい、ありがとうね。。。』

ニッコリ微笑んでそう告げた後、

しばし考え、

『実はね・・・』と、重い口を開けた。

10年前の廃人になった、そんな私を知っている・・・

リエは目に涙をたくさん浮かべていたけれど、

私があまりに淡々と飄々としているから、

ただただ、頷いて私の話を黙って聞いていてくれた。

ありがとう。

リエが泣いても、私が泣けないんじゃね。。。

だから、よく涙をこらえてくれたね。


さっきリエからメールが届いた。


『おねえ、やっぱしおねえは素敵な大人のイイ女ですね

その文面に

なんだかジーンときた。

私を励ましてくれる何よりの言葉だと思った。

私はこれまで寛ちゃんにものすごく大切にしてもらった。

とっても感謝している。

本当にありがとう。

だから、

今まで寛ちゃんが触れたことのないような女性でいなければいけない。

それが二本足で何とか立っていようと思う私のプライド。

そして願わくば、

寛ちゃんには

これから寛ちゃんが人生を共にする素敵な女性には

この『サヨナラ』のきっかけになった

お手軽な女性たちのようなヒトと


できれば、

できれば、

一緒になんかなって欲しくない。

本当の強さと男らしさを学んで欲しい。。。



だって・・・


あなたは

『ちぃーとは陽の当たる道をまっすぐ歩いてみたい・・・。』


って言ってたじゃない。

私と付き合い始めるきっかけになった合言葉と言っても過言じゃないと思う。

自分とした約束を破るって言うのは

自分を粗末にしている証拠。


だから、私も


まだまだ、まだまだ、

自分を大切にしきれていないんだと思う。

今日の言葉は撤回して、

『飲んでも、絶対飲まれるな!!』をテーマに

頑張ってみよう

じゃないと、

私を

『この女は”プロ”だから!!』と言って

私の元に連れてきてくださる

ご縁を繋いでくださる

大切なお客様ひとりひとりに失礼だもん。


私は

かっこよく、嘘偽りなく

『頑張る!!』って決めたあの日の

自分自身との約束をこれからも守り続けていこう。。。


おやすみ、寛ちゃん。

素敵な夢を☆

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:smile-kanchan
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる