パートナーが浮気する理由として多いのは単

December 21 [Wed], 2016, 16:58

パートナーが浮気する理由として多いのは、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫を美化してしまうところもあるようです。





そういった事態を避けるには、双方の言い分を尊重し、お互いに我慢したり苦しいと感じていることは何かを見つめなおすことも大事です。探偵社に任されるシゴトというと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。




そんなシゴトを例に、プロのシゴトを取り上げてみました。一番多い手法としては、まず、対象の追跡を行ないます。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、ここぞという日時に限定して追跡し、相手の浮気の証拠を抑えるのです。



同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、シゴトをやめ指せることは難しいといわざるを得ません。



ただ、職場の規則やパートの契約書などの、社内の秩序や風紀をみだす惧れという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、それ以上の処分にはならずに終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。ホームズやポアロは別として、探偵といえば、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。





相手にわからないよう後を追って、素行をチェックしたり、証拠を入手するシゴトです。



察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、尾行する人間は相手の行動を冷静に見越しておく必要があります。





想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、当然なのですから、ラクなシゴトではありません。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをお奨めします。


離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをまず考えてから相談するといいでしょう。




また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や探偵社に相談するようにして下さい。



相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にいけません。




不倫の調査を探偵社に指せるなら、個人情報(以前は第三者でも住民基本台帳の閲覧が可能でしたが、近年では制限されています)を伝えずにして貰うことは正直ムリですので、誠実な会社に頼むべきです。安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、未熟な調査能力のせいで意図しないトラブルになった例もゼロとは言えません。困ったことにならないためにも、契約する前にインターネットの評判などを調べてみて、評価の良いところから選ぶのがコツです。


離婚を覚悟の上で、損害賠償金をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。



そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大聞くする可能性があるため、避けたいところです。信頼している人を連れて行けば、頭に血が上って事態を悪化指せることがないでしょう。




あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことをオススメします。


スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこでポロリと不倫が発覚したケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたびチェックするそぶりがあれば、日常的に浮気相手と接触を持っていることも考えられます。




相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。ペットの迷子捜しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。



しかし、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあることにお気づきでしょうか。


便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業を始める際は、探偵業法に定められている通り公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業の認可をうけてこそ開業できるのです。法規制がない便利屋と違い、依頼者の個人情報(以前は第三者でも住民基本台帳の閲覧が可能でしたが、近年では制限されています)と権益を守る義務があるのが探偵業者です。



例え、パートナーが浮気している場合でも離婚を避けたいのなら密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。



浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手の言動を否定しないこと。



私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。男性の自尊心を優先し、身仕舞いに気をつけ、女としてみてもらえるよう行動にも気をつけると、恋人気分が長つづきして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうように思います。浮気の裏付けがSNSで見つかることもあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特質がありますのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が多発しているように思われます。





時には、言い逃れのできない様な浮気の事実を書き込んでいる可能性もあるためす。ユーザーIDを見つけたなら調べてみて下さい。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはおとおしの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。




探偵を使い慣れている人っていませんよね。


配偶者の浮気で、探偵に調べて貰う際は、価格の安さが気になりますよね。


ただ、誹謗するワケではありませんが、極端に安いときは、注意が必要でしょう。





やはり安かろう悪かろうという例もあるワケですし、契約する前に、信頼に値する業者なのかもチェックしておかなければいけません。



不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、それを基に慰謝料請求するというのが一番です。


不倫の相手のほうではあまり深く考えていないケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、事態の深刻さを自覚指せることができるでしょう。



http://bluraychange.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れいな
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/smghfoi017319/index1_0.rdf