小谷野の杉江

May 11 [Wed], 2016, 14:43
屋外で紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3種類。1.日焼けした場所を冷却する2.多めにスキンケアローションをパッティングしてしっかり保湿3.シミを防ぐために捲れてきた皮をむいては絶対に駄目
コラーゲンというものは、空から降り注ぐ紫外線を受けたり様々なダメージを与えられたり、心身のストレスが澱のように積もったりすることで、損なわれ、最後には生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。
全身に張り巡らされているリンパ管に並んで流れる血液の循環が悪くなってしまうと、様々な栄養や酸素(O2)が隅々まで配られにくくなり、最終的には脂肪を多く溜めさせる大きな因子のひとつになります。
アトピーの原因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)のうち一種類、または2種類以上)、IgE 抗体を生産しやすい因子、など。
細胞が分裂する働きを活性化し、皮ふを再生する成長ホルモンは昼の活動している時にはほとんど分泌されなくて、夜になってからゆっくりと体を休め寛いでいる状態で分泌され始めます。
顔などのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が集まることにより徐々に悪化します。リンパ液の移動が鈍くなると様々な老廃物が溜まり、浮腫が出たり、脂肪が溜まり、たるみの素になります。
アイラインなどのアイメイクを落とすときにメイクをよく落とさなければとゴシゴシこすって洗い続けていると目の周りの肌が荒れたり酷い場合は炎症を起こしたりして色素沈着が発生してしまい、目の下の隈の原因になります。
今を生きる私たちは、常時体の中に蓄積されていくという恐ろしい毒素を、多くのデトックス法を利用して追い出し、ワラにもすがる想いで健康な体を手に入れたいと皆必死だ。
乾燥肌によるかゆみの誘因の殆どは、加齢に伴うセラミドと皮脂の量の下落や、固形石鹸などの過度の使用による皮ふのブロック機能の衰えによって発生します。
「デトックス」術にはリスクやトラブルは無いのだろうか。第一、体の中に蓄積される毒素というのは一体どんなもので、その毒物とやらは「デトックス」の効果で体外へ排出されるのか?
下半身は心臓から離れているため、重力の関係によってリンパの循環が悪くなることが一般的だろう。むしろ下半身が浮腫むのは、リンパ液がやや滞留しているというサインの一種程度のものだと受け取ったほうがよい。
唇の両端がへの字型に下がっていると、肌のたるみはじわじわと悪化します。キュキュッと口角を持ち上げて笑顔でいるように努めれば、弛みの予防にもなるし、何より見た目が良いと思います。
化粧の短所:うっかり泣いてしまうとまさに阿修羅のような怖い顔になる。ほんのちょっと多くなると下品になったり地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすのにも限界を感じること。
整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康体に医師が外科的処置をおこなうという美意識に基づいた行為であることを鑑みても、やはり安全性の確立が疎かだったことが大きな元凶なのだろう。
皮膚の乾燥の要因の一つであるセラミドと皮脂の低落は、アトピー患者のように遺伝的要素に縁るものと、逃れようのないエイジングやコスメや洗浄料による後天的な要素に縁るものに分けられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/smeadrbdsagubr/index1_0.rdf